« November 2010 | Main | May 2011 »

March 29, 2011

献血は計画的に。

大地震が起こり、募金の他に盛んなのは献血。
さり気無くボランティアに参加できるのが献血の魅力だと思う。
献血できる人は、献血できる幸せがある。肝炎やら、輸血経験者、その他病気を抱えている人は献血することはできないのです。

そんな訳で先週は、献血しようと献血ルームへ足を運んだのだった。
どうやら私は体調が芳しくなかったらしく「昼間来てみて下さい」と言われてしまいました。
体質なのだと信じたいのですが、私の血管が細くて「途中で止まっちゃいそうね」とも言われました。
ネットなんかで調べてみると、身体を温めると血管が出やすくなるみたいです。つまりは、もう少し暖かい季節になってから行くと良いらしい。
それじゃ狙い目はGW頃ですね。

それに加えて、時期をずらすのは良いことだったりするのです。
つまり現在、私と考える事を同じくする方が結構いらしてます。

地方ですが栃木のデータを取上げてみると
★2011年3月29日 14:30現在 血液型別赤血球の在庫量です。(100%とは栃木県内で使用する3日分の量です)
A型:128% O型:187% B型:224% AB型:170%
ということなのです。
血液型によっては、一週間分くらいの量の在庫があるのです。
400mlを献血した場合、その日から8週間は献血ができません。
そう、次回は2ヵ月後なのです。今回だけって人も少なくないと思います。また、女性の場合、全血献血は年間で800mlまでという決まりがあります。
一時期に偏らず、コンスタントに献血してくれる人が必要なのです。

もしも、「献血に早く行かなくっちゃ」なんて思われた方。日本赤十字社のサイトにアクセスしてください。
そして、献血しようとした地域の在庫量を確認してみてください。在庫量を見て判断してください。
在庫量が多いのは良いけれど、あまりにも量が多そうだなって思われたら、献血する日にちをずらしてください。
それが最善だと思います。

March 25, 2011

今年の夏はグリーンカーテン。

自宅は計画停電の第3グループに分類されていて、既に5回は停電になっています。
職場では挨拶代わりに「計画停電」が話題にあがる。中には一度も計画停電で実施されていない人もいたりする。
御近所にVIPがお住まいなのかなと思ったり。
病院や老人福祉施設があったりすると免除されたりしてるんでしょうね。
TVではあまり報道されていないけれど、茨城での被害も大きい様で、地震速報がテロップで流される度に被害拡大しない事を祈るばかりです。

今の我が家の経済状況ではボランティアにも行ける感じでなく、多額の寄付も出来なくて、せめて節電を心掛けています。
ボラに関しては、父が家長として君臨していた頃に阪神大震災が起き、家庭内で余力だった兄が阪神地区へ手伝いに行けたのですが。現在の家長は兄で、兄が仕事を投げてボラに行ってしまったら我が家が飢えてしまう悲しい事実があります。

今年の夏は都心も計画停電が実施されるようです。サマータイムの実施も考えられたりしているようです。
夏は暑さのための冷房が電力消費を引起してしまうので、少しでもエアコンを使わない生活を目指したいと考えています。

ここ数日考えているのは、陽が当たる東の窓にグリーンカーテンを施すこと。
気分的に「収穫して食べる」という風にはなれず、見て心が穏やかになるものをと考え、朝顔で。
父は生前、自宅の東側に朝顔を咲かせ近所の人の眼を楽しませていました。残念ながら、園芸は父任せ。今思うと後悔ばかりなのですが、父が出来たのだから、私だって出来る筈。

あまり深刻にならず、ダメモトの精神で来月下旬に種を蒔こうと画策中なのです。

本当にダメだった時は、よしずで少しでも暑さを回避します。
しかし、よしずに熱が籠ってしまって、期待する程の効果は得られなそう。

なんとなく悔しがる。

七年ばかり前、東海村関連の書籍を読み漁った。
そのニワカ知識で、被曝したオーウチさんが輸血をする日々を過ごしていたのを知っていて、昨日、献血ルームへ行きました。
都のハイパーレスキュー隊が危険もかえりみずに活動されている姿をTVを通して拝見し、「もしも」の本来なら考えてはならない悪いケースが起きてしまっていたら……という想定の下、都内の献血ルームを選びました。
仕事帰りにも寄りやすい利点もありましたけど。
幸い薬も3月6日迄しか飲んでなかったし、女性特有の生理期間から外れていたし、中々のタイミング。

しかし、粛々と事務手続きを終え、いざ事前検査という段階なって問題発生。
いくらキツく縛っても、腕を擦っても血管が駄目でした。
「この状態で採っても、途中で止まってしまう」そうでした。
家でカレーやら焼肉やら食べまくって栄養は万端にしてきた筈なのに。
ロビーには私よりもスリムな女性が献血出来ているのに。

「昼間だと大丈夫な事があるので」と言われ、前検の採血さえせずに検査ブースから離れました。
週末にリベンジする予定。

仕事帰りの献血ルームは、程好い混み具合でした。

March 22, 2011

身体の節々が痛む。

11日に大地震が発生し、その日は職場に泊まる。

12日に予定されていた行事が中止となり、取敢えず、自分の仕事をする。
11日に、病院などであるような来客用のソファで眠った為に、身体全体が凝っている感じだった。
その日は職場の人に「早退しないの?」なんて言われつつ、最後まで勤務する。ネットで見ると電車の復旧が夕方になりそうだったので、早退するにも路頭に迷う事となった。

13、14日は休み。

15日。
ネットで確認済みだったけれど、職場へ向かうべく、自宅最寄駅へ。
案の定、運休。小山までどうにかして行けば、東北線で上京できそうだった。自転車なら小一時間で小山に出られる……。その旨、母へ伝えるが「無理するな」の一言で自宅待機の道を選ぶ。

16日も休み。

17日。無事に通勤。
問題は、南栗橋より北方へは22:31まで電車が動かない点。
ひたすら待つ。
23:30になる前には自宅に到着。

18日も朝の通勤電車は動いている。
南栗橋から以北へは21:14まで待つ。ひたすら待つ。17日の時は待ちながら余震を感じたけれど、18日にはたいした余震は感じず。
17、18日と食べ物やら飲み物をごっそり鞄に入れていた所為で、18日はずっと左肩が痛んだ。
茶の間に寝ているのも問題なのかもしれないと思ったりもする。

19、20、21日。嬉しい三連休。
左肩が痛くない様に寝転がる。
21日には痛みからサヨナラできた。
しかし、卵巣の辺りがジワジワと傷む。我慢できる痛みなのだが……ここのところ薬を飲んでいたので排卵痛がどんなものだったのか記憶が曖昧だ。
ただの排卵痛だと良いのだけれど。
実は14日が通院日。電車が運休してしまったために病院へ行けなかった。つまり、14日から飲む筈だった薬が飲めていません。普通の女性のサイクルを送っています。薬で管理していると、いつ何が起こるのかって判るんだけど、自然に任せている現状では何が何やら。
来週には病院へ行けるので、投薬が再び始まります。
この痛みが、腫瘍の成長じゃなきゃ良いんですけど。

« November 2010 | Main | May 2011 »

October 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

  • お気に入り♪
  • 戯曲 シナリオ
  • 戯曲