« June 2009 | Main | August 2009 »

July 20, 2009

豊洲でパーティ。

暑い夏を乗り切ろうって事で、Iさん宅でパーティがありました。
業界人もいれば、銀座のママさんもいる。不思議な空間ではあります。

美味しいものを戴いて、幸せな気持ちになりました。
易者さんもいらして、折角なので視て戴きました。
どうも頑固な人らしいです、私。なるたけファジーな人でいようと心掛けていたのですが、それも無駄な抵抗だったみたいです。易者さんが「頑固」って言葉を出したら、Iさんも「そうなのよー」と。あぁ。
あとは、今年の誕生日から一年間はハッピーだそうです。
来年の誕生日から一年間は大厄。何もしない方が良い一年。
再来年の誕生日から一年は結婚の年だとか。
家に帰って母に言うと、「40でなの?」と。冷静になって計算してみるとそうなんですね。今でも充分アラフォー世代だったんだ、私。

自分のこれまでの目線よりも上のものを見るようにってアドバイスもありました。卑下するタイプなのも見透かされてしまったみたいです。あ~あ。
病気関係は、易者さんはプロなので、占ってくれませんでした。それって正しいよね。

July 17, 2009

検査貧乏。

検査検査で明け暮れた数カ月。
クレジットカード払いをしたのだけど、払わなければならない時期となり、預金通帳が空っぽな日々を過ごしております。
数ヵ月後には手術が控えてるし、まだまだ出費は止みません。
食費は削れないし、お付合いの食事だってストップできるわけない。
必然的に娯楽費を削りまくる。
観劇が生甲斐の私ですが、自粛です。暑い夏なのに……三年ぶりにクロロック伯爵が劇場にいるというのに。
泣けてくる。
観られないけれど、劇場へ日参している私。「しつこいな」と思いつつ、劇場前に行っては溜息を吐く。
「観られて良いな~」と羨ましがるしかありません。

どうしても我慢が出来なくなって、母に「明日、観て帰る」と言ったところ、「借金が残るよ」と脅かされました。
小市民な私は、母の言い成りになるしか道はありません。
残念。

どこかに招待券が落ちていないものか(号泣)

July 13, 2009

全て順調~、万事快調~。

次の診察日9/9迄、私の身体放りっぱなしです。
ダイエットの為にハーブティをガンガン飲んでいます。利尿作用で身体の老廃物を出せたらいいなってところでしょうか。
体重計には乗っていないけれど、何とかしなくっちゃ。
日曜日に血圧を測ってみたら、上が80代を示した。「やばっ」と思って再び図ってみると90代に。「まあ、善しとするか」ってなところですね。
職場での健康診断の結果はまだ出ないけれど、その健診で血圧を測っていたら不整脈が出ていたみたいです。自宅で測定した際も、脈が跳んでいるのが判りました。ただ、大学病院での術前検査で心電図を採ったけれど何も言われませんでした。手術には関係ないくらいの不整脈だったのかなぁ。

病院から入院に関係する書類を受取っていて、それには保証人のサインが必要。
同居している家族では、母にするか兄にするか暫し考えたのだけど、兄に「保証人の事なんだけどぉ」と切出すと、「なるよ」と返事が。どうやら世帯主としての自覚が育っているようです。
家族外での保証人も必要で、それは叔父(母の弟)に電話で連絡がついている。ただ、叔父が来ないんだよねぇ、家に。入院の時に来るつもりなのだろうか?
保証人は身内でも知人でも構わないのだそうな。払うもの払ってくれる人なら誰でもOKなんだろうね。

今の仕事は、22日の日蝕関係。
観察会を開くので、そのスケジュールを考えたり、説明を考えたりとイロイロあります。
全部非常勤の私に任せるっていうのが納得いかないのだけど、これをやれば心置きなく休んでも問題ないだろうから、頑張るしかないのでした。
日蝕中の気温や照度を記録する予定なのだけど、まだ照度計が届きません。梅雨の晴れ間に測定のリハーサルをしたいんだけど。
気温の変化は、曇りや晴天での変化は記録済みだから、あとはデータをグラフ化するだけ。それを大きめにプリントアウトして、日蝕当日の気温の変化を書き加えられたら面白いんじゃないかと考えている。
あとは飽きた人用にペーパークラフト。
「こういうのが欲しい」って言えば、事務方さんでPC(パソコン)好きな人が作ってくださるから、気は楽。
定員30名で設定したところ、締切日の今日迄の応募者が146名とな。
私個人の考えだと、わざわざココまで来る必要ないし、TVでも生中継する筈だし、TVとか写真のイメージで来られると実はガッカリサイズだったりする訳で、家で見られるのにというのが先に出る。
5円玉を腕を伸ばして持った時の、穴のサイズ=太陽の見かけの大きさだから、かなり小さいのよ。
だから……ねぇ。
特に望遠鏡は用意するつもり無いですし。望遠鏡があったとしても、投影板がないのですよ。遮光板で見るだけ。
ああ、ごめんなさいね。

応募者数を見ると、こんなに興味がある人がいるのかと感心する。
2012年5月21日に金環日蝕があるから、今回は予行練習のつもりで部分日蝕を観察すると良いと思われます。

ちょっとヤサグレ気味の文章になってしまった。
上の考えではプラネタリウムを作るつもりは無く、天文の事業は無くなっても構わないみたいだってのが明らかになってきたから、ちょっとムカッときている部分がある。
向こうから私を辞めさせる訳にはいかないらしく、だから、天文担当の人間を雇わないって形で消滅を願っているようです。
そうなると俄然張り切りまして、なるべく参加者が減らないように、寧ろ増えるようにしようと思うわけです。
だって、どう考えたって、科学教室よりも科学的な事をやっているのだから。科学らしいことをやっていると言った方が良いか。
魅力ある企画が必要になり、その企画は私一人で決める必要がある。好きな事が出来ると言うメリットはあるけれど、一人で考えて決めちゃうから方向が間違っていないかどうか確認できない。メリットだけで進めると独り善がりになる危険性があるのでした。とは言え、昨年と比べると参加者数は増加傾向にあると思われるので、私の感性がまだ錆びていないのかなと安心したりする。
ちょっと自慢話。
最初の職場では、季節ごとにコンサートを開いていた。大体がCDコンサート。年に一回は生コンサートでした。
チケットは300枚という少ないものだったのだけど、或る時私が企画したCDコンサートで発売日当日に完売出来たのでした。即日完売はその時迄無かったので、この件で、それまで私の事を甘く見ていた上司を見返してやったのでした。
上司の言いなりの企画じゃなくて、利用者のニーズに応えられる企画も必要だって判って貰えたのかどうかは不明ですが、その時はスカッとしたなぁ。
ここ数年の私には何かを作る事に関してプレッシャーがあって、感性が錆びている気になっていたので、ココ最近の仕事でのプチ好評から自信回復している最中なのでした。
モノは何でも考えようではあるけれどね。

July 10, 2009

ネット、恐るべし。

mixiのコミュで腹腔鏡が上手なお医者さんの名前が書かれていたので、そのまま検索する。
大阪にある病院の医師で、ついでに病院の詳細も読む。

私の担当医の名前が書いてありました。

それなりに実績を遺されているようです。

この前の診察で先生が関西訛で説明とかし始め、「あぁ、関西出身か」と思った。
だが、試しにmixiで名前を検索してみたら千葉市出身でした。

いやぁ、ネットは何でも調べられるよ。

July 06, 2009

限度額適用認定を受けましょう。

Omote Ura 手術の本予約を入れ、いつ医師から電話連絡が入るか判らない身。
入院前の準備として『限度額適用認定証』を手に入れておく必要があります。
昔は、兎に角掛かった費用を支払い、規定の金額を超えて支払った場合に後日健保から超過分を貰えました。
現在は、限度額適用認定証を入院の際に病院に提出すれば、規定の金額だけを支払えば良いのです。
先払いして戻りを待つのから、最初から決まった金額を病院側へ支払えば良いので、随分と患者側が楽になりました。
限度額は、月ごとの計算です。だから、月を跨いでしまうと恩恵にあずかれないのが問題。
また、差額ベッド代は出ません。
今回、私が入院する時は医師から個室利用と指定されています。
4人部屋が2100円、個室は16800円の負担額です。
腹腔鏡手術を予定しているので、一週間入院。
あとは自宅療養という形になると思われる。
この自宅療養をどのくらいに設定したらよいのか思案中である。
入院含め、一ヶ月お休みをしようか。それとも、入院含め二週間休み、あとは時短で勤務するか。
こればっかりは、実際に手術をしてみないと判らない部分でもある。

ネットで入院した人の書込みを読むと、入院中にクビになっているケースもあるらしい。
不景気だし、怖いなぁ。

July 05, 2009

診療料金【平成21年5月12日-7月1日】はこんなものです。

診察日

診療科

保険(点)

その他の負担金

診察・検査内容

保険点数

請求金額

平成21年513

二外科

初診料

270点

選定療養

2100

触診

腹部超音波

270

2910

カルテには卵巣腫瘍と記載

CT,血液検査、MRIの予約を入れる

平成21521

二外科

再診料

70

24

4903

14710

検査

1013

血液検査(小さな試験管4本)

画像診断

3820

造影CT

血液検査、造影CTの検査のみ

診察無

平成21527

二外科

再診料

70

CTの診断結果で卵巣腫瘍(仮)

70

210

カルテには奇形腫と記載

外科から産婦人科へ転科

平成2163

産婦人

初診料

135

触診

超音波

2254

6760

検査

1925

術前検査として

・尿

・血液(小さな試験管5本)

・心電図

画像診断

194

術前検査として

・胸部レントゲン

医師から皮様嚢腫(奇形腫のこと)だが腫瘍マーカーの数値が高いので卵巣癌と診断される

手術の仮予約

術前検査で尿、血液、心電図、胸部レントゲンをやる

PET/CTの予約を入れる

二外科

初診料

70

3502

10510

画像診断

3432

造影MRI

造影MRI検査のみ

診察無

平成21618

産婦人

再診料

70

9374

28120

画像診断

9304

PET/CT

PET/CTのみ

診察無

平成2171

産婦人

初診料

70

70

210

悪性では無いと診断される

手術の本予約

入院窓口で入院受付を済ませる

後は産婦人科からの連絡待ち

保証人、入院に持参するものの要準備

July 01, 2009

浮いて沈んで、更に沈んで浮いて。

CT検査の結果「奇形腫」と判明して浮いて、腫瘍マーカーの数値から「卵巣癌」と言われ、PET/CT検査の検査内容はたいしたことないけれど「PET検査」=「がん」でブルーになり、今日の結果で心の靄が晴れました。
ブドウ糖の集積が見られませんでした。
医師が言うには「PETにかかる癌が見つかりませんでした」。
も~、先生ったら素直じゃないんだからぁ。

ただ、手術は免れません。
ネットで見て、「良性腫瘍とは転移しないもの」という表記をされているものもあります。
変な話、大腸ポリープだって悪化すれば大腸癌になります。だから100%安心してはいけないのでした。
術前検査でやった血液検査の結果、SCCの値は3.2と前回の結果を下回りました。それでも1.5より上回っているのは事実です。
「半年待ちですか?」と尋ねたら、医師から「そんなに待ちたくない」と返事がありました。そんな訳で、今年中に手術を受けます。 9月に再度受診をして、大きくなっていたら手術日が早まるようですが、科の先生たちが集まって会議をし、それから順番が決められるそうです。私の場合、今の状況であれば軽い方と思われるので、ちょっと先ですね。
問題は、いつ手術になるか判らない点。仕事のスケジュールはどうしたものか。
9月以降の事業を白紙にして戴けるのだろうか。

これから、いつ手術が行われるって電話が入っても良いように準備をするようになります。
荷造りやら、保証人のサインやら。髪も切らないとならないよね。
お金の準備もしなくっちゃ。
8月中は入院はないと思うので、思い切り夏を満喫しなくては。

PET検査の状況や会計収支については、後日書きます。

« June 2009 | Main | August 2009 »

October 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

  • お気に入り♪
  • 戯曲 シナリオ
  • 戯曲