« 叔父のオスカーに似ているわ! | Main | スピリチュアルな日々。 »

April 29, 2009

女が一人で生きていく決意をする時。


昨夜、仕事の帰りが遅くなった。
通勤で行きと帰りのルートを変えていて、昨夜も半蔵門線から東武線に乗入れる電車を使った。
曳舟駅で、暫し停車する。この日は、休日の前日のわりに座れなく扉の前にぼんやりと立っていた。
文庫本を片手にしていたのだが、ふと外を見ると知った顔の男が目の前を横切るところだった。
大学の後輩で、実に十五年ぶりくらい。
無論、向こうは気付いていない。
自分は立っていたのだから追いかけても良かったのだが、なんとなく、声を掛けられなかった。

『苺をつぶしながら』は、乃里子を主人公とする三部作の一番最後の話になる。
乃里子35歳の日々だ。
私の今の年齢よりも若い。
結局、この話では乃里子は独身生活を謳歌する道を選択する。
三十年前の女性の場合、その決意は一般的に理解はされないだろう。なのに、現在では理解される。
……そんな事を言っても、私は独身でいる事を決意しているという訳ではない。

後輩を見掛けた後、携帯電話から「ゆびとま」がアクセスできないだろうかと弄ってみた。ちゃんとアクセスでき、その後輩も登録していた。
ついでに同級生の動向も見てみた。
学生時代に一緒に遊んでいた女友達は尽く苗字が変わり、子持ちも増えた。以前にゆびとまを見た時よりも子どもの人数が増えている友達もいたりする。
今の時代に三児の母ですか。
田舎の企業だけど社長の娘だったしな。学生時代から結婚願望が強かったし。家族構成を見て納得してみたり。
彼女らには、きっと私の生き方を理解してもらえないだろうと思う。そう思うと、ゆびとま通してメッセージを送る気力も生じない。
かつては彼女らからメッセージが届いた時もあったのだが、あの頃の私は男性に依存している彼女らの生き方を理解できなかったのだった。
が、しかし、旦那さんの転勤で埼玉に来てるんだったら連絡ぐらいよこしても良さそうなのに。

人の生き方は様々で、親孝行の為に結婚を決意したような母親に育てられた子どもは、やはり結婚願望には疎いようだ。
都会に片足を突っ込んでいる日々を送る私には、独り身の同世代が多いからか焦る気配もなく、顔に出さぬがやきもきしているだろう親を感じたりもしたりしなかったり。
そう言えば「離婚しても良いから一回くらい結婚したら」と言われもしたな。その言葉には矛盾があって、「結婚したら離婚しないものなのだ」とすりこまれて育てられたのだが(苦笑)
それはさておき、良い御縁があれば、苗字が変わるのも吝かではないのですが。
『苺をつぶしながら 』田辺聖子(著) ISBN-13: 978-4062141284

« 叔父のオスカーに似ているわ! | Main | スピリチュアルな日々。 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52491/44834198

Listed below are links to weblogs that reference 女が一人で生きていく決意をする時。:

« 叔父のオスカーに似ているわ! | Main | スピリチュアルな日々。 »

October 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

  • お気に入り♪
  • 戯曲 シナリオ
  • 戯曲