« 女性の生き方は普遍なのかな。 | Main | 遺されし者共。 »

February 22, 2009

一発屋の極み?


嘗て我が家のテレビのチャンネル権は父にあった。
だから『北の国から』も『熱中時代』も『池中玄太80キロ』も見ていなかった。
この本のドラマも、飛び飛びでしか見ていない。
見る環境に無かったので、それらテレビドラマの存在も知らず、たまたまテレビのチャンネルがあっただけなのだが。
小学生の頃は(今もそうだったりするのだけれど)、私はテレビドラマの話題で盛上ったりしない。他人が話しているのを聞き手に回ってしまうから、自分から情報を発信するってことはしない人だった。

話題に乏しいって言ったら乏しいな。

連続ドラマよりも単発ドラマや2時間サスペンス、映画なんてものを見ていた。
だから『家族ゲーム』もテレビドラマでなく松田優作が出演していた映画の方が印象深い。

「そういえば、原作読んでないな」と思い、図書館から借りた。
単行本の表紙は、テレビドラマのワンシーンが使われていた。テレビドラマの力が強かったんだな……なんて事を感じた。
でも私には、お母さんは白川由美よりも由紀さおりの方が記憶にある。お父さんも伊東四郎より映画監督の伊丹さんの方が。
なんか、また映画を見たくなってしまった。

小説は、すばる文学賞を受賞していたのね。でも作者の本間さんのお名前は私の記憶には無く、小説のタイトル『家族ゲーム』しか知らない。この『家族ゲーム』の後に出されていたであろう本についても知らない。ネットで調べると出されている事は出されているのだけど、『家族ゲーム』程のインパクトも無かったのでしょうね。

自分が書いたものが文学賞に入選し、そしてドラマ化、映画化されていく。
もうそれだけで書き手は充分幸せな筈。例え、それ一本のみしか無かったとしても。
小説は非常に読み易く、ラストは映像化されたモノたちとは異なっていた。
正直、救い様のない内容。
ただ、あの頃の世相・親子関係がきっちり描かれているのは感じ取れる。
一人の男として本業を持ちながらも、これだけの作品を書いているのは凄いの一言です。
きっと現在はリタイアされているお年頃でしょうから、文筆業に集中されているのではないでしょうか。
作者さんが現代をどんな切り口で描いてくださるのか楽しみだったりします。

自分が書いたものが一つでも良いから陽の目を見る事を願いながら……。
『家族ゲーム』本間洋平 ISBN-13: 978-4087507287

« 女性の生き方は普遍なのかな。 | Main | 遺されし者共。 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52491/44147504

Listed below are links to weblogs that reference 一発屋の極み?:

« 女性の生き方は普遍なのかな。 | Main | 遺されし者共。 »

October 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

  • お気に入り♪
  • 戯曲 シナリオ
  • 戯曲