« February 2008 | Main | April 2008 »

March 28, 2008

いーかげんにしてください!!!

昨日、来月19日までの勤務表を渡された。
第三土曜日の19日が出勤日となっていた。
あ……マジ?

その日は講座の初日である。
まだ受講料は振込んでいない。
でも、ラストチャンスだったりするから、絶対に受講したい。
ここでラストチャンスなんて書いたのは、来年度いっぱいで職を辞するつもりだから。

転職活動をするとなったら、地元か、それとも同業種か。地元就職だと、当然ながら上京は億劫になる。同業種に転職だと、土日も仕事となる。
どちみち土曜日に講座を開かれたとしても出られない。

一昨年の年の瀬に応募した作品。これがどこまで進んだのかは不明。
最終選考を担当したのは、最初に通った講座の恩師である。この件に関しては、協会のサイトで名前が明記されているので隠す必要は無い。

来年度、たったの10回だけなんだよ。
せめて皆勤賞を狙わせてくれよぉ。
そもそも、数日前の話では19日は勤務しなくても良いって話になっていたのに。
がっかり。
結局、その上司は異動せず。
科学は5人中3人が辞めるみたいだから、手伝いに借り出されるのは必至。科学実験は苦手なフリは今更遅いし。
蓄えがあれば、プラネを作らないって聞いた時点で辞めちゃえたんだけどね。なんせチケット貧乏な身ゆえ、無理。
無職になる準備として、同じ作品をリピートしないようにしているところです。
この際、森三中じゃないけど嫁に行くって手もあるよね。

March 27, 2008

あ……。

自分の不細工加減に泣けてくる。
先日行われた『ミス・サイゴン』第二次製作発表へ行って来た。
最後にみんなで記念撮影があった。
今日見て……唖然。あまりの細工の悪さに。あれじゃアンパンマンだよ。

みんなで歌おうレ・ミゼラブルの時にも記念撮影があった。あの時は、前列の女性の手にすっぽりと隠れてしまい、いない事になってました。
あの時はR列くらいだったから、仮に写ったとしても記念になったと思う。
今回は、ばっちり。
職場の休暇をきちんととって行ったから、別に問題はないんだけど、もうちょっと……。
今はこんな顔しているけど、子どもの頃は可愛かったのになぁ。

母にも、「子どもの時に可愛いと、大人になってたいしたことなくなるものよ」と言われてしまうくらいの変貌。悲しすぎ。

March 21, 2008

1/1624。でも分子はもっと多い。

来週の月曜日は「ミス・サイゴン」第2次製作発表がある。
TOHOのサイトによると1624通の応募があったらしい。
届いた招待状には、通し番号が振られている。
私は600番代前半。
帝劇で2階まで使用するならば、1897人は入る。オーケストラピットで数席は潰されているから1700人以上は入るって計算だろうか。
1階フロアのみだとしても1200人は収容できる筈。
マスコミ、プレスの方々もいらっしゃるから、招待者は1000人くらいだろうと見積もっている。

そういえば、みんなで歌おうレ・ミゼラブルは1000人という触れ込みだったな。
今回の倍率は、1.5倍くらいだろうか。
そう思うと、今回の抽選は神頼みしなくても余裕だった?

新作歌舞伎って書けないもんだねぇ。

今月末日締切の公募があります。
精神的余裕が無くて、全然取組めてません。
そもそも、歌舞伎じゃぁ。私が歌舞伎を見始めたのは劇作の勉強を始めてからなので浅いのです。
そして、先日、新作歌舞伎の入選作を拝読する機会に恵まれまして……。あまりの面白さに、驚く私。
無理無理、絶対無理。

前回の募集の時も応募を思案したけど、準備期間が短くて脱落。
今回は、歌舞伎について勉強不足な自分に反省。

きっと、私には歌舞伎の世界は無理。
時代劇は好きだけど、時代劇と歌舞伎は別物なのでした。

拝読した歌舞伎の脚本は、結構、ご高齢な方がお書きになられています。でも、現代性も入っていて、共感の持てる内容です。
どこかで拝見した記憶があって、お名前で検索をかけてみると、○立劇場開場40周年記念歌舞伎脚本募集でも入選されていました。
定年を期に脚本を書かれたそうです。

「才能と嘆くのではなく、技術だと思って」とは言われるものの、生まれ持っての世界観や、後天的に備わってくるものではあるが言葉の力、これって簡単には得られないもので、小劇場を観ても、大劇場を観ても、自分が書きたいジャンルが判らなくなってきて、ただの趣味で終わっていきそうなのでした。
ただの趣味か。
一生楽しめそうだとは思いますが。
一本くらいは上演できるようには成りたいものであります。

今夜は帝劇。

帝劇に『DREAM BOYS』を観に行きます。
仕事帰りで荷物が多い予定です。
手荷物チェックが無ければ良いなぁ~。

荷物多めなので、チェックに時間掛かると思うんですよぉ。
雨だし。
仕事を早退するのも考えたんだけど、無駄に休みを使いたくないというか……、だって、来週のサイゴンのイベントの為に午後半休を戴いてしまったのでした。だからぁ、(以下略)。

昨日は川崎市アートセンター・アルテリオ小劇場でreset-Nの夏井さん演出のリーディング公演に行ってきました。
こういうリーディングは良いよ。
地元の駅で駅員さんと話をしていた為に電車に乗り遅れてしまい開演後に劇場へ入ったのだけど、最初から観られなかった事が悔やまれて。
だって、面白かったんだもの。
下ネタの台詞には困っちゃったけど、でも、すごくワクワクしながら話を聞いていた。スピード感が良かったし。
稽古は4日間だったそうです。
ただ、フランス語だとお洒落だけど日本語に言い換えるとダメダメ(笑)な台詞、言い回しがありました。
フランス語で「ノン、ノン、ノン、ノン、ノン」を「ダメ、ダメ、ダメ、ダメ、ダメ」と。そのままノンノンで良いやん。
「ジュテーム」を繰り返して言う台詞も「愛してる」を繰り返す。それもそのままで良いやん。無理に日本語に置き換える必要無いと思う。
罵倒して、言葉で攻撃をしている最中に「ダメダメダメダメ、ダメ」というフレーズを何度も繰り返されると失笑するしかない。
今回観た"Occident"は、罵倒しあいながら自分の立場への苛立ち、他民族への差別、妻への愛を訴えている夫が主人公でした。現状を変えたいのに変えられないジレンマ。妻が浮気しているだろうと想像してジェラシーを感じる夫。
妻が夫のどの部分に惹かれているから離婚しないのかが描かれていないのだけど、それがフランス的なのだろうか?
遅れて劇場へ入ったのだが、最初に目に入ったのが舞台上の床の上に落ちた無数の紙。それらは、リーディング原稿だということは直に判明。
お互いの感情表現の一つとして、読み終えた原稿をどのように床へ落とすかで表していたのでした。
一枚の紙に書かれた台詞たち。ちょうど切れ目の良いときに読み終わるようになっていて、そして床へ落とす。
感情が昂ぶっている時は床に投げつけ、そして宥める時には床に滑らせるように落とす。単純な私には判り易くて良かった。途中入場だった為に、余計にストーリーに入りやすかったです。

観劇後、新百合ヶ丘のタリーズへ行き携帯マグにラテを入れてもらって帰路へ。
日比谷シャンテで買い物をしたかったので、途中下車して買い物を済ませ、そして帝劇の前を回る。
雨。
劇場ロビーで荷物チェックしているのかどうかを確認したかったのだけど、人の山で覗く勇気もなく、おずおずと後にする。
いよいよ今夜か。
で、荷物チェックは今夜もあるの?

March 15, 2008

散歩日和。

店舗調査の仕事があり、お散歩しまくりの一日でした。
先ず北千住、次に五反野。五反野の案件は、調査後一時間以内に報告する必要があったので、北千住のスタバで携帯電話でちまちま報告。結局、調査終了後1時間10分ばかり過ぎてしまった。時間が掛かってしまう原因は、一旦下書きをするから。しなきゃもっと早いのかも。
本日残りの案件は夕食時なので、それまで時間をつぶす必要がありました。
時間をどうやってつぶすのかは、全く考えていなかったのだけど、丁度、三越で粗品を配るイベントがあったので、行く事にする。
案内状やらDMが手許に無いと粗品も戴けないのだけど、鞄に入れっぱなしにしている私は、こういう時に好都合なのでした。

最初に銀座三越。8階催物会場でアンダーウェアの安売りがあり、DMが届いていた。
買うつもりは無く、粗品目当てで銀座へ。
地下で父に虎屋の最中を購入し、それからエスカレーターで上へ。階毎に社員さんがカウントやらメモやらしている。伊勢丹と合併する関係から、顧客調査なのでしょうか。
「お疲れ様です」と心の中で呟いて、あっち向いたりこっち向いたりを繰返して8階に到着。
今まで行った経験で、粗品配布所は、催事場の奥。そのつもりでずんずんと奥に行くが無し。トボトボもと来た通路を歩くと、催事場の入口で配布所を発見。……判り易くなったのね。
今回の粗品は付箋紙でした。ボールペン付きだから便利ね。
これまで8階催物会場では、ミニミラーと油とり紙、携帯電話入れだったから、今回は仕事に使えるものでした。
で、今回はワコールだったので、適当に購入決定。
適当に選んだところ、1万8000円也。……なんでこんなに高額なのでしょうか。まぁ、バーゲンじゃないと倍くらいはしちゃうのでしょうがないんだけど。
無印で購入してもさほど変わりなかったりもするのだけど、お金が高いとその分、使える期間が長いように感じる。バーゲンだとデザインがイマイチなんだけどね。
流石、銀座という土地柄、いろ~んなモノあります。
しかし、男性は買いに来ない方が良いと思うよ。プレゼントするもんじゃないだろ。いや、プレゼントするならバーゲンじゃない時を選んでください。

次に行ったのは帝国ホテル。
帝国ホテルの2階で日本橋三越のバーゲン(笑)。
今回の粗品はミニタオル。
これまで戴いたのは小さな石鹸、制汗スプレー。身だしなみを整える事を主に考えているようですね。
既に買物を済ませちゃっていたので、ここでは粗品だけをゲット。
予定では和菓子を購入するつもりだったのだけど、荷物が多くてさ。ごめんなさい。

その足で日生劇場へ向かう。
狙いは『ベガーズ・オペラ』のプログラム。
公開舞台稽古の時には、発売していなかったのでした。
最初にロビーの東宝受付に行くと中の売店を薦められ、劇場受付へ行くとチケット売場を案内される。……中に入る必要なかったのね。
プログラムは2000円。あ~、高いかも。

次に帝劇へ。
ベガーズの残席状況チェック。B席狙いの私。いつでもOKなのね。で、ふと考える。
プログラムで予想外の出費。いえね、1500円かと思っていたのでした。1000円代と2000円代では、気分的に財布の紐を締めたくなって、購入するのはヤメマシタ。
そんなもんです。
『RENT』と『青猫物語』のチラシを手に入れ劇場を後にする。
私は『DREAM BOYS』を観る様に見えなかったのでしょうね。私の横に立っていた女性が、スーツ姿のおじさんから「チケット余ってますけど」と声を掛けられていました。2階G列とかって言ってたな。おじさんは女性を連れてどこかに行っちゃいました。……買物袋を提げていたし、お金を持ってなさそうに見えたのかなぁ(苦笑)。実際、お金なかったけど。

そして、西新井に調査。
調査後、同じ店舗内にあるペットショップでワンコとニャンコを暫し眺めて癒されたのでした。

ちょっとばかり歩いた一日でした。
今夜はぐっすりと眠れそうです。

あ~、ベガーズのプログラムを購入しちゃったって事は、もう観ません。
以上。


帰宅すると、脚本家養成講座の通知が届いてました。
入選作品集も同封されてまして、入選者の素性が……現住所やら年齢が書かれていました。いやぁ、これはもしかすると入選しなくて良かったのかしら。
いろんな所に配布されるのは恐ろしい。
それにしても、親世代の方々ばかりでして、劇作を志す人々の年齢層が如何に高いのか。
底辺を広げようと、様々なところで努力はされているのだろうけど。世田谷で学ばれている方々は応募されなかったのでしょうか?
初日までの宿題は、脚本集を読んでくる事。
仕事の本を抱えているけど、面白そうだし読もう。

そして、『サイゴン』イベントの招待状も手に入れました。
家を出る前にポストに入っていて、そのまま鞄の中に入れた。久々のイベント。2時間だそうな。充実した内容なのでしょうかね。
今回は楽譜は送られず、葉書一枚のみ。譜面が読めないから良いけど。著作権絡みで送れなかったのかな?

March 12, 2008

iPodの電池のもちが良すぎ。

えっと、朝からiPodで音楽を聴きまくりです。なぜなら、しょっちゅう充電しまくると電池がすぐにダメになるような気がして。最近の充電池は、充電しながら使用しても大丈夫な種類のモノに変わってきてはいるみたいですけどね。
現在、ハードリピートしているのはマッキーとフライング・キッズ。うむ、古いワン。
フライング・キッズのボーカルさんは私と同郷なのでイカ天に出ていた頃から好きだったのよねぇ。
電池残量が赤色に変わっているから、もうすぐ空っぽになると思うんだけど、マジ長い。ボリュームをあまり大きくしないからかなぁ。

皆さんのiPodなどのデジタルオーディオには、どのような曲が入っていますか?

March 07, 2008

体力落ちまくり。

体力というよりも、体内の鉄分不足で疲労困憊なのでした。
12月で鉄剤及びビタミン剤を断った私。
蓄積されていた鉄分は消費されてしまったらしく、徐々に身体が縮み始めた。
嬉しいのだけど、一寸の事で息切れ。
無茶すると不整脈出る。
う~ん、体格ががっちりするのは勘弁してほしいのだけど、疲れやすくなるのは困る。
洋服のサイズが元に戻るのは嬉しいけれど、立ってられないのは社会人としてまずい。
一人の大人として考えると、栄養剤に頼ったほうが他人に迷惑をかけなくて良いんだろうな。
しかし、母が「締まったね♪」と喜んでいる姿に笑ってしまう。冗談抜きで、陰ながら心配していたのだそうな。
そりゃね、服がキツキツになっていく様子を日々観察していた訳だから、それが元通りになってホッとしているのは理解できる。
食べ物で栄養を摂らせると意欲満々の母。
取り敢えず、栄養剤に頼らずにどこまでいけるか試してみよう。
6月には職場で健康診断があるから、その結果が楽しみでもある。

« February 2008 | Main | April 2008 »

October 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

  • お気に入り♪
  • 戯曲 シナリオ
  • 戯曲