« January 2008 | Main | March 2008 »

February 29, 2008

一人、発見。

「脚本家養成講座」で検索をかけると、私と同じ講座を受講される方のブログがヒットした。
早速、足跡を残す。
個人サイトも運営されていて、既に書籍も発売されていたり。そして、創作歴も長い。
お住まいは、私よりも遠そう。

講座を受講する旨の返事は、23日に投函した。
あとは、詳細の連絡を待つのみ。

某講座の同期も、少なくとも三名は応募しているのを知っている。
彼女たちは、受講するのだろうか?

February 21, 2008

どういう基準?ただ、通える人に通知?

脚本家養成講座の案内が届いた。
過去の講座では入選者向けに開講していたのだが、今回は応募者の中から通える人を選んでの通知のようです。
金額は廉価。
演劇協会の教室の2割5分くらいの受講料です(演劇教室の研修科は半年で5万円、簡単に言えば1回8400円くらい)。いまだに、研修科を全部休んだ事を母にチクチク言われる私。自分の蓄えだから文句言われる筋は無いんだけど、はいはいと聞いている。
案内によると10回の講座である。問題は土曜日。仕事と重ならなければ良いんだけど。
なんなら、午後半休でもしようか。

取り敢えず、通える範囲内に居住していると判断していただいて嬉しいのでした。

February 18, 2008

疲れがたまっているみたいです。

ここ最近、耳の聞こえが著しく低下。
昨日、母との意志疎通が上手くいかなくて母から指摘されました。
薄々感じてはいたのですが、認めたくない部分もあって気にしないようにしていたのです。
例えば、音楽がかかっている状況で話し掛けられても、内容が聞こえないのです。
金曜日だったか、三軒茶屋のマックに行った時、お姉さんが言うナゲットのソースが全然聞こえなくて何度も聞き返してしまいました。
自分の集中力が低下したのか、勘が働かないのか、まずいな……とは思っています。
そういえば、ここ数週間、目覚まし時計の音を聞いていません。そこからして気付くべきでした。

人とは聞こえるチャンネルが違うと思い込んでいただけみたいですね。
目覚まし時計の電子音さえも聞こえないなんて。
最悪。

February 16, 2008

人間関係の和を乱す人。

何かしらイチャモンをつけて掻き回す人が職場にいる。
わざわざ何かを見つけ出して意見を出す。
それが良いと勘違いしているから手に負えない。
いつもの喧嘩相手がお休みをしていたからなのか、珍しく、私が標的にされた。

事業のやり方について意見を受け、それを真面目な面持ちで聞いていただけなのだが、「威嚇した目で見る」と吼えてきた。
きっと、ヘラヘラしながら聞いていたとしても「態度がなってない」と言われたと思う。
訳わかんない事を言うから「真摯な態度で聞いているのは悪いのですか」と反論すると、「喧嘩腰だ」と言い返してくる。
しかも「議論にならない」のだそうだ。

正直、議論にならないのはあっちの方で、いつも言いたい事を言い残して場を去るだけの人なのだ。以前に言われた事で私が納得いかなかった事と同じ事を言うから、それに対しても私は反論をした。
「先生」と呼ばれる仕事をしていたからなのか、他人が莫迦にしか見えないらしく、自分の意見が正しいと思い込んでいる人。結局、管理職にも就かずに退職しているから、自分中心でしか仕事をされていなかった。それが問題だと思うのだけど、その人の言動が正しいと思っている洗脳されている今の上司。仕事がやり難いったらありゃしない。

目つき云々の話は、正直、中学生の口喧嘩レベルの話で、そういう攻撃の方法はいかがなものかと思う。
3月いっぱいで職場を去るのは決まっているんだけど、今の職場を去った後は、彼女はどうするつもりなのでしょうかね。
認知症の親を世話されているのは自慢するような話ではなく、その鬱憤を職場で発散されるのも迷惑。最初は我慢したけれど、本人は<職場に来ているのがストレス解消になる>って事実に気付いてなくて、迷惑にしかならない。
親を世話しているのが免罪符になる訳じゃないのだ。

個人の素性を知らないままに、自分の思いつきのままに言われるのには腹が立つので、自分は、そんな事をしないようにしよう。

さて、目つきについて意見をした某先生。
「目が悪いのもある」って話を私がしたら、「私も悪くて、手術をした後に更に老眼がすすんで、○○(私の名前)の顔も見えない」と言い放った。
都合が悪くなると、話の道筋をすぐに変えちゃうのよね。口が先に出ちゃう人らしく、結局つじつまの合わないことを言う。
そこを突っ込むと更に面倒になるなと思って何も言わなかったけれど、表情が判らないっていう人が目つきについて何か言うってありえないよ。
ぶっちゃけ、「都会の中学校の先生で良かったですね」と思った。もしも私の出身中にいたとしたら生徒は黙っていなかった。暴力沙汰で新聞に載っちゃうような学校(苦笑)だったので、いい加減な教師は苦労した筈。

それにしても、洗脳されている上司は、どうすれば良いのだろうか。
小学校出身の先生を目の敵にしている。小学校出身の先生がたは、管理職経験者だったりする。実際、広い視野を持たれている。が、上司は莫迦にしている節がある。それも洗脳の影響なのだ。仕事よりも人間関係で頭を悩まされるのは真っ平ご免。

February 04, 2008

ちょっとした気の迷いで……。

とんでもない事を書いている私がいます。
まぁ、削除するのもワザとらしいので、そのままにしておこう。
判る人にしか判らないことだしぃ。

さてさて、我が家のプリンタ問題。
兄はプリンタを使いたいと言う。
だ~か~ら~、無駄なんだよ無駄。
でも私の話を聞かない。
一時、プリンタを2台買うかという話まで出た。
結局、私が折れる事となる。
コストの高い、低機能のプリンタですよ。おいおい。どうにかしてよぉ。マジで兄をリコールっすよ。
冗談抜きでアホなのである。
これは、ひとえに甘やかして育てた親が悪いのである。そりゃね、赤ちゃんの時に死にかけた話は耳タコなくらい聞かされましたよ。その所為で、ナイーブだって事も理解できる。だからって、私を犠牲にするのはこれ以上やめて欲しいのである。
そろそろ私の心が折れる頃だと思うんだけど。
「お前は大丈夫だから」って言われ続けたけど、ぜんぜん大丈夫じゃないって。自分が死ぬまで頼るつもりだったら、もう少し考えて行動してよ。

そんな事が続いたもので、どうしようもない失言をしてしまいました(苦笑)。

February 03, 2008

風邪を振り返した。

昨日、寒い所に座っていたからか風邪をひいてしまいました。
そんなわけで風邪薬を服用。
眠くてしゃあない。

February 02, 2008

ヽ(*`Д´)ノ

昨夜は目の前に現・お気にがいたのにO(><;)(;><)O
挨拶さえ出来なかった。

世の中、そんなもんだよね。

チケ引取に行き、姿が見えたのにあっちは向こう向いてるし。
二重の硝子戸が恨めしい。

February 01, 2008

うぉ~、悩み中だよ。

新しくプリンタを購入する事となり、カタログを眺めている。
canon、EPSON、brotherの三冊。
家で兄が使用しているiMac君は、古いOS。なんとMac OS8.6なのだ。これに対応しているプリンタは、EPSONのPM-3700Cのみ。おいおい。
価格.comで調べてみると、\22,871~\32,980の間。カタログを見ると、インク・用紙合計コストが約\19.4。用紙はL判だから、写真プリントを考えているんだね。
因みに、今まで使用していたプリンタはPM-770Cです。ネットで昔の価格を調べてみると\49,800もしていました。
嘘みたいなのである。
私が目を付けた売れ筋はcanonのPIXUS MP610です。価格帯は\18,700~\27,980也。L判インク・用紙合計コストは約\14.5、プロフェッショナルフォトペーパーなる高級品使用だと約\22.5なのでした。これって、売れ筋商品の方がお得って事だよね?
MP610はMac OS X以降でなければ使えないので、iMacは閲覧専用になってしまいます。でもさ、コストを考えれば、いつかは新しいPC購入できちゃうんだし。
今日、家に帰って兄に相談しようと思ったんだけど、相談前に購入しちゃっても大丈夫だよね?兄は私に任せるって言ってたんだし。
実は、今日、仕事帰りに有楽町へ行く予定があるのです。そのままビックカメラに寄って、購入しちゃっても良いじゃない。

EPSONに恨みは無いけれど、可愛がっていたPM-770Cは動かなくなったし。そもそも部品さえあればまだ使用可能なのに。その部品の取扱いが無いからただのオブジェと化したわけでしょ。
最初の職場ではcanonのプリンタを使っていたから、原点復帰という感じなのでした。
ホント、PM-770Cにはお世話になりました。
EPSONさん、ありがとうございました。

« January 2008 | Main | March 2008 »

October 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

  • お気に入り♪
  • 戯曲 シナリオ
  • 戯曲