« 絶対に錆び付かせないこの気持ち | Main | 夜間とヤカン。 »

October 30, 2007

一覧になると思わず良く見える。

過日の句会での入選・特選句集がメールで届く。
文明の利器は立派だ。

「坂」は入選17、特選1。「月」は入選14、特選1。
いずれ、K先生のサイトで発表されるんじゃないかな。
選者が一番好きなのは、特選の一つ前、つまり留め句と呼ばれる場所に来るらしい。
いつか留め句に私が書いたものがある日が来ると良いな。そう思う。

一覧を眺めていると、だんだん、先生が好む句が見え始める。
「月」の入選句では、投句した二句とも入選した人が私も含め四名もいる。
ただ、面白いと思ったのは、二句の内容は誰も重複していない。全く違う雰囲気を醸し出した句を二句作り、それを投句している。それは私も含めてね。
そして眺めていると、私は奇を衒うものを作り過ぎている気がしてきた。
「血に乱れ」とか「月のナイフ」とか抽象的な言葉を使い過ぎる。
そして「坂」で私は、敢えて「坂」の入らない句を作った。「転がる」って言葉で「坂」を想像させるようにした。

26日に浮かれウサギの私は、母から「手書きに騙されたのよ」と言われる。
クセ字だけど、ほどほど上手く見えるらしい私の文字。それが選者の目を曇らせたと言う。
そうかもね。

先週、広辞苑が新しくなるって話題があった。
「ラブラブ」という単語が含まれるそうだ。
昭和一ケタ生まれの母に、私は意地悪をして「『ラブラブ』ってどういう意味か説明してよ」と言ってみた。
母は、私が莫迦げた質問をした事に戸惑っていた。そして返ってきた言葉は「『私はあなたに首ったけ』って事でしょ」。
その返事で、私は母に首ったけになってしまった。こういう言葉のセンスを持つ母の子どもに生まれて良かったと思った。そんな一瞬でした。
昔の単語って、なんか⋯⋯良い言葉が多いよね。

毎月、週末に行われる句会。これに参加すると午前様だったりする。でも、母は「出たいなら出たら」と言ってくれる。
明日、数週間前にやった精密検査の結果が出る。
その結果次第で出る出ないを決める予定。
何も見つからなければ良いのだけど。

川柳って、ホントに取っ付きやすいモノです。
17音字で世界を作る醍醐味がある。
そして、披講で自分の句が読上げられた時の驚き。何とも言えません。
時事川柳は世相を知らないと作れないけれど、現代川柳はフィクションで構わないから個人の感情を表現すれば良い。
脚本家が現代川柳を始める背景が見えてきませんか?

« 絶対に錆び付かせないこの気持ち | Main | 夜間とヤカン。 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52491/16924745

Listed below are links to weblogs that reference 一覧になると思わず良く見える。:

« 絶対に錆び付かせないこの気持ち | Main | 夜間とヤカン。 »

October 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

  • お気に入り♪
  • 戯曲 シナリオ
  • 戯曲