« 素敵なお兄さんは好きですか? | Main | 一日、フリーでした。 »

September 19, 2007

未熟(by 里中ゆいか)

あっという間に三連休は過ぎて行った。
無駄に日々を過ごしている自分。
楽しい観劇ライフは珍しく眠っており、母とゴロゴロ〜ンと自宅で寝ていた。
休日に寝ていちゃ、お腹まわりが逞しくなって当然なのである。

土曜日は、朝から旅行番組をザッピング。
日曜日は、気付くと昼寝をしていた。『笑点』の時刻には起き出す。この笑点、やはり小学生に人気だそうだ。大喜利ではお決まりのパターンがあるんだけど、それを予想しながら見るのも、これまた楽しい。この回が「キクゾウ」最後の放送でした。来週は「キクオウ」なのね。
月曜日。今年はこの日が敬老の日でしたね。前日に母に頼んで敬老の日限定のお菓子を購入してもらい、それを食べていた。
外出したのは月曜日。

先ず、区間快速電車に乗込み上京。
一路、新宿を目指す。
某カルチャーセンターで秋の体験フェアがありまして、そこに足を運んだのです。新宿コマの北側。なんとワンコインでOKって事で、8/29に申込んでいたのでした。
私が申込んだのは「手作りキャンドル」。ネットでキャンドルの写真を見て、興味を持ったのでした。
しかし、実際に出来上がったキャンドルは⋯⋯つくづく、私って才能ないのね。センスが無い。
おまけに、殆ど講師にやっていただいちゃったりしまして(苦笑)。
いや、時間に遅れた自分が悪いのです。
カルチャーセンターに500円を支払い、教材費が1000円。合計1500円で1時間楽しめました。キャンドルも3種類作る。
10分くらい遅れたものだから、私は材料を型に流し込む作業のみ。ハハハ。駄目じゃん。
まぁ、自己満足も出来ない出来栄えですので写真のアップはしません。惜しみも無く使っちゃいます。使ってこそのキャンドルだし。
そういえば、カルチャーセンターに500円を支払ったわけですが、引換にタオルを渡されたので、行って得している感じはします。そもそもキャンドルの教材費だって、自分であれだけ揃えようとしたら1000円じゃ無理だし。
講師は同郷のはずなんだけど、関西に長く住まわれていたからなのか、その片鱗は垣間見られず。
思ったのは、キャンドル作りはマイペースで作れる環境が必要。時間を決められて作るモノではないって事。
通常は2時間の講座みたいなのだけど、じっくりと冷やし固めるのを考えると、そのくらいの時間は必要なのよね。焦ると穴が空いてしまうし。
容器にギリギリまで流し込んでも固まると沈んでしまうから、数回に分けて流し込む必要もある。
当り前の事だけれど、いざ実際にやってみるとそういうモノなのよね。
市販のキャンドルを見る時は、そんな事も考えながら眺めてしまいそうです。

講師から小田急の紙袋を頂いて、向かった先は松屋。
恥ずかしかった。
松屋のお買物券があったので、ウォーキングシューズを買いに行く。
銀座の松屋って地下のパン屋さんに行くくらいだけなので、初めて上の階へ上がる。
面白い作りになっているのねぇ。
スポーツ用品売場に行くと、ウォーキングのコーナーがあり、様々なタイプの靴が並んでいた。
テレ朝の『ちぃさんぽ』を楽しんでいる私はヨネックスのウォーキングシューズを購入しようかなって思っていたんだけど、松屋はアシックスonlyだったのね。
量りがおいてあり、靴の重量を量ると(実際に手にするだけでも軽いのは判るのだけど)かっる〜い。
片方で200グラム前後なのね。革製だと250グラムくらい、軽いやつだと175グラムくらい。
トレッキングにも使えるタイプだとソールが堅く厚く作られているから重みはあるので、街を歩くのなら軽くて、そして足に衝撃の少ないモノが良さそう。
靴売場なんて久々だから、あ〜んな事や、こ〜んな事までしてくれるスタッフさんには脱帽。汚い足なのに申訳ないです。
仕事に行く時にも履ける革靴を選んだのだけど、革は柔らかいし、軽いし、歩くの楽しめるかなぁ。劇場に行くのが多い私は、靴音がしない靴をなるべく選ぶようにしてます。

買物を済ませ、再び新宿へ。
カルチャーセンターから銀座に行く時は、劇場の下見を兼ねて新宿御苑前まで歩いた私。銀座から新宿御苑前まで戻る。
銀座と新宿って近いんだなぁって実感しました。
友達が四谷から銀座まで歩いた話をした事があって、それを聞いた時は「うへ〜」と驚いたんだけど、可能な距離だよね。
当日受付が始まるまで時間があるので、夕食にする。劇場近くのジョナサンへ向かう。
根菜のカルボナーラを注文するが、私よりも後から注文した人が食べ終って店を出た頃に来る。おいおい。
カルボナーラはカルボナーラとは別の物体で、クリーミーさは失せていた。固い卵が麺に絡まっていて、滑らかさはどこに行ってしまったのだろうか。
17:20頃にジョナサンを出て、劇場に行く。
まぁ、観た芝居が面白かったから良しとするか。
収穫はあったわけだし。

そんなこんなで、自分の未熟さを感じた月曜日だったのでした。

あ⋯⋯キャンドル。
恵比須でも同じ講師で教室が開かれています。1日体験があったりします。申込んでみようと思ったんだけど、お洒落な街・恵比須で浮いてしまわないかどうか心配です。
あぁ、どうしよう。

« 素敵なお兄さんは好きですか? | Main | 一日、フリーでした。 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52491/16499408

Listed below are links to weblogs that reference 未熟(by 里中ゆいか):

« 素敵なお兄さんは好きですか? | Main | 一日、フリーでした。 »

October 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

  • お気に入り♪
  • 戯曲 シナリオ
  • 戯曲