« 肺炎を起こしてしまいました。 | Main | 続・地下鉄文学館。 »

July 14, 2005

とりあえず、落着いたみたいです。

かなり更新できずにいました。
気がつくと、もう14日。七夕強化週間も終わり、一週間経過していたんですね。あっと言う間の一週間でした。
慌ただしい日々の所為で、日にち及び曜日の感覚が失せてました。
「治りました」と言われた肺炎が、実は全然完治しておらず、敗血症まで引き起しちゃったらしくてえらい事になってたのです。
もう記憶も曖昧になっているんですが、確か七夕の晩、仕事から帰って一息ついていた時に病院から電話がかかり「至急来てください」と言われる。いやぁ⋯『至急』という言葉はドキドキものです。
急いで母と病院へ向かう。
医師から伝えられた言葉によると「心不全(後に誤診と判明)を引き起しており、非常に危ない状態です」とのこと。病気の影響で尿崩症とかという名称の、人よりも尿が出てしまう症状がずっとあって、尿を抑える薬をずっと使用しているのですが、薬の効きが悪くなり、ここ数日、尿が多めだったらしいのです。
身体の水分がどんどん出ているので血液が濃くなり、心臓に負担がかかり心不全⋯という診断だったわけです。

ここまで書いて読み直すと、かなり混乱した文章になってますね。反省。

とにかく、7/7の夜中に突然電話をするよりも、事前に覚悟をしておいた方が良いだろうという判断での家族呼出しがあったのでした。
且つ、もしもの時の延命措置は如何様にするかという決定もその場でさせられました。

その週は土曜日までびっしりと仕事が入っていて、たいした仕事じゃないのにそうそう休めそうもなく、「やっぱり3月いっぱいで辞めときゃ良かった」と後悔しつつ帰路についたのでありました。
翌日の精密検査の結果、肺炎が完治していなかったと判明。心不全でないと知り、ホッとしたのでありました。
心臓がそのままストップしてしまったら、それで最期ですしね。

肺炎から敗血症を起こし、どんな容態になったのかというと、
・意識の低下⋯⋯もう、目も開けてられない感じ。
・血圧の低下⋯⋯昇圧剤を使っても上が80いくかどうか。
・呼吸が苦しい⋯そりゃぁ、肺炎だから。
他に、白血球の数の減少もありました。レントゲンを撮影すると、最初は右肺だけだったのが左の肺も白く写るようになったとか。
チューブからの栄養も入れられず、点滴で栄養補給しているところです。

一昨日、7/12に見舞いに行ったのだけど、人の声とかが判るのか、血圧も上が100行くようになったし、自力でちょっとだけど目を開けたりするし、起き上がろうとしたりもするようになりました。
身辺整理をしつつ、落着いた父を前に一安心したのでありました。

とりあえず、つぶやき終。

« 肺炎を起こしてしまいました。 | Main | 続・地下鉄文学館。 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52491/4966399

Listed below are links to weblogs that reference とりあえず、落着いたみたいです。:

« 肺炎を起こしてしまいました。 | Main | 続・地下鉄文学館。 »

October 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

  • お気に入り♪
  • 戯曲 シナリオ
  • 戯曲