« 日記なのに、毎日書けていないとはどういう事? | Main | メールの返事が来ないのは大嫌い。 »

October 07, 2004

『ミス・サイゴン』の話を少しばかり。

帝劇には、今回の公演はまだ3回しか行ってません。レミと比べると雲泥の差でございます。

サイゴンのイベントには結構、足を運んでいます。
最初のトークショーでは、運良く当選し、シャンテに行きました。
誰でも行ける山野楽器のパネル展は、時間潰しも兼ねて、長時間いました。
薄暗い空間なので、いやすかったのです。
で、今日は、パネル展での話(たいした話ではないですが)。

薄暗くて、別のお客さんの顔も気にならないので、ずっと座っていました。
椅子の数を数えたのに忘れてしまったのだけれど、100脚は置かれていました。
パラパラと人が来るので、座席は詰めずにゆったりと座っていられました。
部屋の奥にモニタが置かれていて、サイゴンの舞台の様子が延々と流されていました。
それを椅子に座って見る事になるのです。
4人のキムが全て流されたのですが、順番は間違っているかも知れませんが、クリス、ジョン、エンジニアの組合せは以下の通りです。

松・石井・今井・市村
笹本・井上・坂元・橋本
新妻・石井・今井・筧
知念・井上・坂元・別所

あれ?違うかも。折角覚えていたのに、数週間経過すると忘れてしまうものですね。自分でもショックです。恥ずかしいけれどメモを執っておけば良かったよ。
あの空間で、出演者をメモっていた女性がいて、ちょっとアレかなと思って自分は書き留めませんでした。後悔先にたたずです。

衣装も展示されていましたが、パネル展終了後には帝劇で展示されていましたね。
明るい帝劇の方が、衣装の細かいディテールまでチェックできるました。
エンジニアのベルトのバックルがお手製なのがスタッフさんのご苦労を窺える一面です。
写真は、説明文は無く、ただ飾ってあるだけでした。
セットの図面も額に入れられて展示されていたのですが、なにぶん、部屋が暗くて。おまけに写真撮影不可だし。あ〜って感じです。

今月は毎週、帝劇で何らかのイベントがあり、チケットを買い増ししたい気分に駆られるのですが、ミュージカル以外の芝居も観て勉強する必要があったりするので我慢の子です。
コメディの手法を何とか自分の中で見い出し、そして劇作をする際に、自分の中から溢れて来るようにならなくては。結構、重い課題です。そんな枷、とっぱらっちまおうか。

« 日記なのに、毎日書けていないとはどういう事? | Main | メールの返事が来ないのは大嫌い。 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52491/1618343

Listed below are links to weblogs that reference 『ミス・サイゴン』の話を少しばかり。:

« 日記なのに、毎日書けていないとはどういう事? | Main | メールの返事が来ないのは大嫌い。 »

October 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

  • お気に入り♪
  • 戯曲 シナリオ
  • 戯曲