« February 2004 | Main | April 2004 »

March 28, 2004

盆が廻らない理由が判明。

ちょっと小耳に挟んだ話。
盆を使うよりも手で運んだ方が場転が早く済むんだそうな。
そして、振付けさんが変わってしまったのは、某氏が怒らせてしまったから…。大島さん、カムバ〜ック!!!

コマデンの広告は、値切っていただいた為に無料掲載らしい。

ふむ、昔のエリザは戻ってこないか。

March 18, 2004

盆が廻らないから…。

今回のエリザは、まだ2回しか観ていません。
内野さんの初日と山口さんの初日(まるで初日キラーですね)。
内野さんの時は1階席から、山口さんは2階席から。かなり見え方が異なります。
では、内野トートを観た時の感想から。
ズバリ、観終えてからの一言は「金返せ」でした。ごめんなさい。
でも、それが私の率直な感想でした。
私が好きだったエリザを返して!!
そういう思いが強かったです。
舞台から平行な視線で観ている為に見えていない部分が多すぎたのです。
一族の者達が出て来るのが何の箱なのか判らず、シシィの落下シーンには唖然。鹿の映像、エリザベートが自分で扉を開けるというシーンのカット。不満がいっぱいでした。
そして美しいけれど、鳩時計の様に人が出入りする霊廟3基。
あの大きな霊廟の為に盆が廻らないのかと思うと残念です。
盆が廻る事によってスピーディな場転があったのに、馬車をトートダンサーズが押して来たり、カフェのシーンでテーブルを運んだり、なんて観たくも無い作業の様子を見せつけられてしまっている訳です。
トートが消防署の署員のごとくスルスルと棒から下りるのも、少しお間抜け。
皇帝陛下であるフランツよりも家臣達が高い位置に立つのも不自然でした(これは昨今の時代劇でも言える事。例えば水戸黄門で、印籠を見せられて高い位置で頭を下げるだけが多い。黄門様よりも低い位置に下がらないといけない筈。また、舞台でも上座に身分の低い人が控える事が多い)。
今回のエリザで私が良かったと思うのは、マックスでした。村井さんが好きという訳で無かったのですが、今回で気に入ってしまったかも。
村井さんは実際にお嬢さんをお持ちだから、娘を嫁に出す父親の気持ちというのが自然に表現されていたと感じました。
結婚式後に、篭の中の鳥になってしまった娘のシシィを悲しげに見送るシーンなんて、胸にジンと来てしまいました。
ルドヴィカは、前回の印象が強くて…。今回は大人しいママという感じでした。ちょっと図々しさもあって良いんじゃないかなぁ。

細かい変更が多く、これが回を重ねる事なんだと言い聞かせて帰路につきました。
まぁ、大好きな内野さんの歌がかなり上達していた事にも感動しましたよ。初演のトートは涙が出て来る程でしたから、それと比べてかなり成長されたと。
これからもミュージカルに出演されるのであれば、今後も歌のレッスンを重ねて戴けるのかな。期待します。

March 14, 2004

霊廟が3基

エリザの感想を、後で記したいと思っています。

お仕事の悩み。

知人が某ミュージカル劇団に勤めていた事があった(らしい)。
彼女がそこを辞めてしまったのは「ここにいても作家になれないよ」と言われたから(らしい)。
本人から聞いた話だけど、片方からの言い分では、それが真実とは他言できない。私自身としては、彼女の言い分は真実だと信じている。

今、演劇関係で求人がある。
演劇とは程遠い職場に勤める私は、とても羨ましく感じる。
休日は少ないが、充実した毎日を送れるんじゃないだろうかと思う。

先日、現在勤める所の契約更新をしてしまった。
契約を結んでしまってから、それらの求人を発見し、ちょっとブルーが入っていたりもする。
とは言え、今の職場だっていつ迄続くか判らない。
私が入る時に「3年もてば良い方」って直感した。私の直感は当る(所謂、野生の勘)。今年で2年が経過した。つまり、あと1年の寿命。
アンテナは高く延ばしておこうと思う。

March 13, 2004

池袋コミュニティカレッジ

今期最後のコミカレでした。
飲んで最終で帰宅です。
なんと、ボックス席に揺られています。隣のボックスに女性が二人いるんだけど、レミコン関係(チラシや出演スケジュール)をじっくりと見ていた。ミューファンらしいです。
この電車で随分と北上したにも関わらず、ミューファンがいたなんて意外でした。
今日は仕事なのでレミコン一般前売に並べませんでした。はぁ〜人生考えちゃうよぉ(苦笑)
サイゴンも、仕事なので無料。辛い。

今回のレミコンは大変な状況だった模様。そりゃ、芸劇でやるのが悪いんだよね。売れるのは明らかなんだから、フォーラムとか考えても良かったのでは?

March 12, 2004

マリアージュ・フレール銀座本店。

初めて入店したんだけど、紅茶の薫りに癒されてしまいました。
そこに着くまで池袋に行ったりして、かなり歩いたのだけど疲れが吹っ飛ぶくらいです。
自分の野生の勘でアイスティを発見し、値段をチェック。
私がヴァレンタインで渡した分をそのままお返ししてくだすって…、申訳ない。
半返しで良いのにぃ。つーか、世話になっているから気持ちで渡しただけだったんですよ。だから負担にならない値段でチョコを選んだのでありました(半返しするにも、マリアージュには、そんな値段の品物は有りませんが)。

アイスティは6種類くらいあり、社員さんから戴いたものだけが2包みばかり少なかった。
つまり、講座関係では私を含め二人しか渡さなかったらしい(そんなに高額チョコを渡す人はいないと思うから、いろんな種類をセレクトする事は無いと思われる)。
社員さんが、そのフレーバーを選ばれたのは、ちょこっと理由が有るんだと思うんだけど…。私が感じた理由は、もう少し後で書きます。

銀座本店でお茶したかったけど、お財布もピンチだったので、ついでだから三越に行く。
B1に出店している筈なのに見つからない。ハロッズはある。でも、マリアージュが…。何度も何度もB1を彷徨ったが無い!!!
諦めて銀座線に乗り帰宅の途についたのであります。

帰宅してネットや、マリアージュのリーフレットを見返したんだけど、ちゃんと三越にも出店してあるんですよね。おかしいなぁ。

さて、社員さんが選んでくれたアイスティですが、『テ ア オペラ』でした。
箱に解説のカードが挟まっていて、どんな事が書かれているのかなぁ〜と見てみたら、辛い言葉が書かれていました。
では、テアオペラの解説を…
感覚を潤す飲み物は、やがて歌をつづる秘薬を生む情熱に。
申訳有りません!!!!!という感情でいっぱいです。
 3年間の作家修行、全部パァなの〜♪
3年間、お話作りに面と向って挑戦して、自分の才能の無さを痛感しただけでありました。
何も身についてません。情熱も薄れ始めてますし。
それにしても、いろいろと考えてこのリーフを選んでくれたんだと思うと、非常に嬉しいです。
このお茶を飲んで感覚を潤したい衝動にも駆られますが、飲んでも感性を呼び覚ませなかったらと思うと作る事が出来ません。
とても良い薫りで、箱を開ける度に部屋に薫りが充満するだけで充分癒されてます。

作家には、なれませんね(本文とは関係無い内容です)。

先週、講座の某さんから剣客商売のチケットを戴いた。
なので、そのお礼で(招待券だったから無料だったので)水曜日に入浴剤を購入した。お仕事で疲れた身体を癒していただけたらなって思ったから。ご本人が使わなくても奥様が使われたら良いなって思ったし。
水曜日が講座の日なので、某社に伺う前に購入したんですが、その日は欠席されてしまった。某社社員さんから渡してもらおうと思ってお話をしたら、
 近くに寄られた時に受付を通して渡せますよ。
と冷たくあしらわれてしまった。
その話をする前に、マリアージュの包みを手渡されたのでした。

翌日、つまり昨日、紅茶の値段をチェックに放浪の旅に出たのです。
マリアージュ、自分の職場から一番近いのは池西。B1のほんの一角にあるだけなので、品揃えはイマイチかなと思いつつ行く。
社員さんから戴いた紅茶はアイスティでありました。季節外れですね。彼のお気に入りなのかしら?
まだまだ肌寒い早春ですから、置いてありませんでした。スタッフに聞けないヘタレな私めであります。
ホワイトディのお返しを求めるべく、スーツ姿の若手サラリーマンが覗いている。が、予算よりもお高めらしくスゴスゴと別の店鋪へと移ってました。
池西に無いのにショックを軽く受け(やっぱり、デパートには何でも揃えないよね。スペースの関係も有る?)有楽町へと向った。

有楽町を降り、最初に向ったのは某劇場。
受付に某さんへのお礼を手渡してくれるようにお願いすると
 直接、どうぞ〜
と通される。丁度、舞台が始まった時だったのでロビーにはお客さんは皆無。モギリのお兄さんに不審がられるがズンズンと奥に入る。某さんは忙しいらしく、その場を離れていらしたので、社員さんに渡してくれるように頼んでその場を去りました。

次に阪急へ。
+YUクラブの入会申込をして少しぶらぶらする。
春物が揃っていて気分が明るくなる。
そしてプランタン。
B1へそそくさと出向く。
アイスティのディスプレイを発見!!が、しかし、値段が無い。箱の中身は空。
肩を落とすしかなかった。

人で溢れた銀座を歩き、銀座本店に行く。初めての本店。ドキドキしながら入る。
1Fを軽く一周するが、アイスティの箱が見当たらなかった。一旦、外に出て、火照った顔を冷やし、再び入店。
ふと閃いて、店の奥へズンズンと進む。ある場所でしゃがむ。
ビンゴ。
見えてなかったけど、有りました。紅茶に呼ばれた感じです。

March 11, 2004

マリアージュ・フレール巡り

昨夜、バレンタインのお返しにマリアージュ・フレールの紅茶を頂いた。
最近、てんで紅茶の価値に疎くなってしまっているので、マリアージュに行った。
私が頂戴したのはアイスティー用の包みが6個入ったテアオペラ
暖かいとは言え、早春。池袋B1のマリアージュには置いて無かった。次はプランタン銀座B1に行く。
アイスティーの箱は見付かる。が、値段は不明。
ここで私は、もう疲れた。銀座にはマリアージュが3件も揃っている。自分を奮起させ、銀座本店に向かう。

..

« February 2004 | Main | April 2004 »

October 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

  • お気に入り♪
  • 戯曲 シナリオ
  • 戯曲