« March 2003 | Main | May 2003 »

April 30, 2003

CHICAGO

六本木に行って来ました。そう、六本木ヒルズですよ。
今日、職場で窓の外を眺めていたら、六本木ヒルズが見えてました。ちょっと嬉しい。

今日は水曜日でレディースディで1000円での鑑賞。指定席って楽だね。今度から、映画はヴァージンシネマズにするよ。
明日はCUBE2を見たいと思ってます。
ただ、シネマイレージの登録はGW明けてからなので、今月は何度か通いそう。そりゃ、マトリックスの前売を買うつもりでいますから構わないですが。
23:15:45

April 29, 2003

か・だ・い…。

う〜ん。現実逃避をしております。
来月早々、課題の締切があるのだけどぉ、2ch演劇部に登録しちゃったり、試写会行ったりしてます。
今週の私の予定。
4/28 JCB LINDA試写会『トゥ−・ウィークス・ノーティス(TWO WEEKS NOTICE)』…途中迄、楽しく見ていたけれど、だんだんつまらなくなる。試写会でお土産。化粧水とかだけど嬉しぃ�。
4/29 帝国劇場『春は爛漫』…初日に行ったくせに、また行った。細かいセリフが変わっていて、「へぇ〜」と思う。
4/30 ヴァージンシネマズ六本木ヒルズ『シカゴ』…指定席での映画なんて初体験。お洒落しないと浮いてしまいそうだけど、まぁ、行くさ。
5/1 紀伊國屋サザンシアター『扉を開けて、ミスター・グリーン』…某演劇雑誌の御招待。
5/2 仕事?
5/3 コクーン『オイル』…楽しみかも。

どうせ、私の作品なんて誰にも期待なんかされてないさ。

帝劇で観終えて、お茶して、シャンテに行く。
今、シャンテカードにボーナスとして300ポイントが付くんです。
キャトルレーブでシアターガイド6月号を購入し、ファーストキッチンでアイスコーヒーを購入して帰路につく。
数週間前、溜まったポイントを交換したから、カードに登録されているポイントは少ないんだけど、交換したくせに商品券を使っていないので、300ポイントが加算されたらまた引換えて(なんか、頭の悪そうな文章になってる気がする)、で、期限迄に友達と食事等をして使いたいと思ってます。
あ、因みに、5/11はJCB貸切の宙組公演を観に行くので、その時に消費するつもり。
うわ〜い。
いろんな人に協力して頂いて溜めたポイントですもの、有効に使わせて頂くわ。
21:58:56

April 27, 2003

どんな人なんだろう…。

今、試しに『さるさる日記』の自分の日記の下の方にある「INFO」と書いてあるお猿さんをクリックしてみた。
この日記が更新されたらメールでお知らせします。に「現在 1人 の登録者がいます。」だそうな。そんなぁ。こんな日記を登録されても…。
細々と書いているつれづれ日記だしぃ。
毎日のアクセス数もかなり決まってきていて、平均10人の方からアクセスされています。
その中のお一人が登録?無駄な…。

今の所、仕事でもやる事がいっぱい、課題も山積み。
何ごとにもお気楽に対処する私なので、神経使って禿げたり、胃に穴が開くなんて心配は無用なんだけど、ここ数週間前に気付いた事に、足の膝下に赤い斑点が出ているのです。
火傷?
昨夜、オロナインを塗って寝たので、随分と白くなってきたんですが、まだまだ赤い。
悪い病気か?などと不安になってきたりもする。
もともと皮膚が弱い私は化粧なんかもしません。小さな頃から皮膚科には通っていて、高校生くらいになって病院に行くのが嫌でずっと行っていないんだけど、ちょっと苦労している。アトピーでは無いのだけど、卵をちょっと多く食べ過ぎるだけでもダメだったりする。
だから、もしかしたらアトピーになったのか?なんて事も考えた。しかし、アトピーなら痒くなるんですよね?自分がなったことないので判らないのですけど。
もう少し様子を見て、仕事が一段落したら病院へ行くつもり。
最近、変わった事と言えば、ファンケルのカルシウムを飲んだり、オルビスのビタミンを飲み始めた事なのだけど、ビタミンとカルシウムの組合せが悪い?

さて、課題ですが、まだ原作を拾い出している状況。
ありゃぁ〜。
間に合うのかなぁ(苦笑)。
課題の締切、一日の猶予があるって話を耳にしたけど、私に渡されたプリントにはそんなこと一言も書かれていません。
どう言う事?
さ、差別?
まさかねぇ。
でも、H氏ならやりかねないかも。
良いけどさ。
とにかく、仕上げなくっちゃ。
K氏が言うには、「どんなつまらない事しか書かない人でも、筆の早い人には仕事が回る。」だそうな。作家さん、大概、締切守らないって…。そうだよね。スランプとかに陥っていたら、筆は進まないですものね。
あぁ〜。頑張るしか無いぞっと。
07:59:46

April 26, 2003

携帯電話のリストラしたいなり。

私、遠距離通勤なので、携帯電話を使用してネットにアクセスしています。
なので、なんと月2万円くらいかかってます(^_^;)
今月は自粛をしています。目指すは基本料金内で済ます事なのだけど、ここ数日、使い過ぎてしまい
目下の目標は1万円以内で済ませる!頑張るぞっと(-.-)
19:59:29

昨日から、イマイチついていない。いや、そもそも水曜日からついていないのだ。
水曜日、講座の日。講評シートというモノの記入が今年度から始まり、ナンダカンダ忙しいので、仕事を終えて真直ぐに東京国際フォーラムに向かう。
国際交流コーナーで記入しようと考えていたのだ。
で、行ってみると真っ暗。
扉の前に貼ってある貼紙を見てみると、3月中に閉鎖されていたらし。
…、B1のロビーで人の目に晒されたまま記入。遅刻をする。
木曜日。金曜日。まぁ、大した事無いか。
今日は今朝、大雨降りでした。でも、家を出る時刻になるとピタッとやんだんです。自転車で駅迄向かう事にしました。
自転車のカゴに荷物を入れると、自転車が倒れて来た。
私の指は負傷してしまった。悲しい。左手だったのが幸いでした。
お昼、今日は噂の美味しいお弁当を食べてみようと、坂を下りる。
坂を下り切った所にお弁当屋さんが存在するのだが…、お休みだった。別のお弁当屋さんを探すが、めぼしい店が無い。坂を上り、インド料理屋さんのセットを購入して職場に持ち帰って食事。美味しいから良いけど、辛い。
帰りの電車。向側に変な客。化粧するし、エイトフォーするし…。
で、自宅の最寄り駅に到着すると、突然の大雨。
お祓いして貰うべきかも。
20:45:01

April 21, 2003

明治座アカデミー。

明治座で俳優養成をするらしい。
www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-030421-0005.html
国立劇場などすでに役者養成を行っている劇場もあるが、商業劇場では初の試みとなる。
なんて書いてあるのだが、商業演劇で初じゃないよ。大手でも昔はやっていた。なのに?????
日刊スポーツが勉強不足なのか、明治座に知識が無いのか…堂々と書くと恥ずかしいぞっと。
でもって、一応、資料請求なぞしてみた。
興味が有るからね。
週1回の月4回。少ないよ。1年半位の勉強。
学費などはどういう風になっているのだろう。月に1回、明治座公演の見学。…舞台の見学をするのは至極当然の事なのに自慢げに書かれても萎えてしまう。

でね、思ったんだけど、最近は「○○アカデミー」って流行してるの?
私、ひろが通っている所も「○○演劇アカデミー」という名前が付いている。
いやぁ、2年前から付いた名称だから、明治座がパクったとも言えなくも無いな(苦笑)。

さて、ともさかりえが婚約したそうな。
十歳年上の演出家なんて書き方だったから、「え…河原さんじゃないの?」なんて思ったんだけど、河原さんも演出家なわけで(笑)
幸せになっておくれ。
『トランス』の共演で付き合いが始まり、そしてゴール。とてもおめでたい事であります。
22:27:00

April 20, 2003

読み合せ。

研究科での新しい試みとして読み合せ、シノプシスの発表etc…がある。
その中でも読み合せは恥ずかしい。
・ハッキリと読む。
・演じて読む。
この2通りがあるのだが、研究科では演じて読むに重点を置かれている。
やはり、誰もまだ弾けていない。恥ずかしいもんなぁ。
演劇経験のあるO合さんは、とても上手かった。
そんけ〜。

作品全部を読むには時間が足りないので、講座のスタッフさんが場面を指定する。
大体がクライマックス部分である。感情がさらけ出された部分なのだから、読む側も弾けないとサラッとしたものに変わってしまう。
一応、自分の持って行ったMDに内緒で録音してあるのだけど、聞いてみても面白みがない。
おいおい、Kさん、確か、プロを呼ぶって言ってませんでしたか?男の役は男性に演じてもらうって。なのに、今回、男女分け隔てなく役振りするんだもの。困るよ。

てなわけで、1期生は実験的な事ばかりやらされるのであった。

1期生の人数、研究科2年目で何名になったのか不明です。
2期生は9名。
3期生は11名だそうな。
因みに、1期生〜3期生で私と同じ苗字の人が揃っているそうな。
そんなに多い苗字じゃないぞ?
鈴木、田中、佐藤が揃ったりするなら理解できるんだけどさ。

鈴木で思い出しましたが『港町十三番地』を芸術座で観て来ました。
『奥様の冒険』よりも良い作りになってます。
『奥様…』も歌の入ったお芝居だけど、取って付けたような作りで「歌う必要ないじゃん」と思っていたのだけど『港町…』はジャズが主体となっていて、ちょっと音のボリュームが大き過ぎると感じたが、全体的に良くまとまってました。
ただ、残念なのが、オープニングの散漫さ。
前の方の座席だったから全体が観られなかった為かも知れないけど、いつ、何処から誰が舞台に登場したのか分からない。
登場するところと逆を観てしまっているから。
知らぬ間に誰かが出て喋り始めてるって感じでした。それは1場だけだったんだけどね。
人が多過ぎるのも問題だったのかも。
そりゃぁ、1場で登場人物を全員出さないとならないけど、あれはゴチャゴチャです。
それと、俳優さんの使い方が勿体無かったりもする。
近藤正臣がちょっとしか出ないのよね。重要な役回りなのはそうだけど、もう少し、出して欲しい。
12:11:47

April 17, 2003

共同執筆の顛末。

夕べ、共同執筆の戯曲と議事録をメール送信した。
今朝、受取のメールが届く。
講座後に戯曲が完成したと報告をしたのはかっちぃで、かっちぃ宛に送るって事になっていたのだけど、一応ハナリンにも送信。
講座担当者の主はハナリンになったそうです。理由は、かっちぃが中間管理職に昇進したから。おめでとう、かっちぃ。

共同執筆した仲間。講座に参加していたのが3月迄は5人だったのに、4月からは4人。一人は、祝・御卒業してしまいました。
プロになっちゃったからね。
ホントは「講座の時に顔出すよ!」という話だったのだけど、やはり激務なんだろうね、お茶にも顔を出しませんでした。
少し寂しい。
実は、かっちぃに報告後にお茶になったんだけど、4人で報告して、M田さん、H田さんはお茶に参加せずにそのまま帰ってしまった。
誰かと待合せしていたのだろうか?
珍しくかっちぃはお茶に参加していたんだけどねぇ。
無事に作品が完成し、ホッとしたのも束の間、私の個人の課題提出日が刻一刻と迫って来ます。

提出した戯曲。
かっちぃとハナリンは読む時間があるのだろうか?
是非とも読んで、意見などをお聞きしたい。
そのうちに他の講座生にも配られるであろう原稿。
ちょっと怖いねぇ。
共同執筆参加者の一覧表を添付してなかったことに気が付いたが、議事録が添付してあるから、議事録の表紙をご覧いただければお判り頂けるだろうと思う。

一応、ハナリンからの受取りメール
=====
Subject: ワオ!

おはようございます。

作品をお送りいただきありがとうございます。
地下活動は継続して続けられていたのですね?
作品に結実したとは素晴らしい!
共同執筆はどのようなやり方に落ち着いたのか、ぜひ経緯をいろいろとお伺いしたい
ところです。
脚本を書くという行為は、本来は個人的な作業のはずですが、 案外コンビで活躍し
ている人たちが海外の映画などでも見られるので、やり方によっては有効であるはず
なんですよね。

楽しみにしております。
=====
返事が欲しかったかっちぃからは、何も来ない。
上司として、部下のハナリンを一人立ちさせる為にハナリンにメールを出させたんだなって思った。
実は、駅迄の道すがら、「Hさん、メールの返事を寄越さない」と言ったんです。私。
Outlookで送信メールを見てみると、2ヶ月ばかりメールしてなかったし。
17:25:24

研究科、2年目スタート♪

待ちに待った講座の日がありました。
1ヶ月、まるまる友人たちに逢わなかったのよね。逢わなくてもメールでのやり取りはマメだったので、久し振りに逢ったという様な感じは無く、いつも通りって感じでした。
2期生と混合での講座がこれから始まります。かなりの大所帯。多過ぎ。
これからは、今回出席者の半分の人数でのグループ分けによる講座。いつものメンバーと逢えなくなる寂しさがあるのだけど、でも、聴講生制度もあったりするから、名簿に名前が載っていない時でも、時間があれば行っても良いらしい。
つーことは、私は全部行くしかないでしょ。行っちゃいますよぉ〜。

今年度、第1回目の講座。
先ずはオリエンテーションからスタート。
2期生は9名が研究科に進級したという話だけど、最初は5名しか…。つまりは半分が遅刻して来る。
講座の時間が半分を過ぎた頃に、2期生が全員揃う。ちょっと不思議な感じ。
自己紹介の時間では、2期生の言葉には「締切過ぎていたけど、今年は…」というモノが多かった。
何やってるんでしょうねぇ。私と同じじゃないですかぁ(苦笑)。
仕事をしているから、やむを得ないよね。でも、私の今年の目標は、締切を過ぎない事。頑張るぞっと。
講座後半では、既に提出されている3作品の読み合わせ。
役を演じるんだそうだ。
判り易く読むという読み合わせもあるんだけど、講座では演じる。
つまりは、作者から作品が離れた時、役者・演出家に本を委ねた時、どんな風に変化するか。作者の意図とどれだけ離れるのか…。その確認を兼ねて。
また、他人の言い難いセリフの確認。
音にする事によっての雰囲気の変化を知る。
…、去年1年間の研究科は何だったのでしょうねぇ。座学で、一方通行だった講座が変化しました。

さて、私が演じたのは、芸術家とチンピラ。
演じ分けられてないっすよ。
事前に役が振り分けられていないので、その場での役作り。戸惑いました。
5分くらい、役作りの時間が欲しかったけど、容赦なく読み合わせのスタート。
生きている時間でした。
多分、これがあることによって、随分と作品を書く姿勢が変化すると思う。

そろそろ、自分の課題に手を付けましょう。
共同執筆した戯曲は提出したのだから。
17:10:26

April 08, 2003

春は爛漫。

4/3に初日を迎えた『春は爛漫』。母を連れて初日に行って参りました。
森光子、いつまで舞台に立てるのか判らないから、観られるウチに観ておこうって事で、母を連れての観劇。
美味しいものを食べようとも思ったんだけど、帝劇地下で済ませる。初めてしなの路に入る。うどんだから、直ぐに出て良いわぁ。流石、日本のファーストフードよ。
4月になって「帝劇の綜馬さん」は異動したかと思っていたら、まだいました。もしかして6月になってから異動なのかな?
何度も目が合って、きっと「また来てるよ」と思われているに違い有りません。だって『ミーマイ』の千穐楽にも私は行っていたから(苦笑)。

率直な感想ですが、かなり地味なお話でした。
瞼の母をベースにした話。
下世話な私は、違う話を想像しておりました。
離れ離れに暮らしていた兄妹が恋に落ちてしまい、実の話をして…という悲恋的な話を考えてしまいました。だって、妹役が藤谷美紀だよぉ。なんか勿体無いよぉ。
昼のメロドラマ的な話には、なりませんよねぇ。やっぱり。
でも、なんか、役者の使い方が勿体無く感じちゃいました。
母は、『ミーマイ』の様な賑やかで楽しく、ハッピーエンドな話が大好きらしく、がっかりしておりました。
「我慢してくれ、らっかさん」(苦笑)。

プログラムを購入して、中を捲ると『放浪記』の広告が出ていました。
これも母を連れて行く予定。
多分、『放浪記』の方が母には受け入れやすいんじゃなかろうか。

いやぁ、実は、課題で育ての親と産みの親との間に挟まれて心揺れる主人公の話を書こうと4月になって決心したばかりだったのに
そんな内容の舞台を観てしまい、「しまったぁ〜、重なったぁ〜」とがっかりしたばかりです。
なんかねぇ、そういう作品が実際に存在したりなんかしたら書けませんよぉ。
産みの親と育ての親は姉妹で、育ての親が子どもを産めない身体になってしまったので妹に代理出産を頼み、その子どもを育てていたが、産みの親である妹がひとりぼっちになっていて、「産んだ子どもを返して」なんて話を考えていたんだな、これが…。
だめだぁ〜、締切は来月なのに…。
あ〜。
22:21:16

April 05, 2003

ペリクリーズ。

内野さん、ロンドンでも評判が良いという話を耳にする。
前々から書こうと思っていたんだけど、蜷川さんの演出って、一体、何なのだろう。
蜷川さんの弟子が演出した『恐怖時代』(於・日生劇場)を観た。アールデコな装置は凄いとは思ったのだが、細かい部分は納得いかなかった。
刀で切られて流血するのだが、それが布なのよ。
後ろの方の席だったから、スター錦野やエルビス・プレスリーの衣裳にビラビラついてるあれの真っ赤版が着物からヒラリと出てくるように見える。
内臓なんて、ウィンナーが出てくる。喜劇としか思えない。否、あれは喜劇だったのよ。
『オイディプス王』(於・シアターコクーン)は、あまりの迫力に声を失いました。前から2列目なのに寝ちゃいましたけど。

『ペリクリーズ』ですが、あれはあれで良かった作品ですよね。数日前に職場近くの図書館に戯曲が有ったので借りて来て、帰りの電車の中で読んだのだけど途中で寝ちゃいました。
(最近、寝てばかり…)
蜷川演出で着物などを使って、ロンドンでは目新しかったのだろうなぁ。
さて、とある劇団が演じるっていう設定ですが、違う舞台で観た事有ります。というか、ありがちだね。
『セツアンの善人』(於・新国立劇場中劇場)も、そういう設定でした。セツアンの場合、劇が始まる前にロビーで楽団が演奏したり出し物を見せていたり、昔の芝居小屋の雰囲気を出していました。
そして、芝員の歳中の文楽もどき。
あれは『堤防の上の鼓手』(於・新国立劇場中劇場)と同じ。

別に、蜷川さんのオリジナルって訳じゃないのよ。
まぁねぇ、オリジナルじゃないから駄目って事じゃないんだけど、「join」という冊子で、新国立劇場の批判をしていたからさ。蜷川さん…。
なのに、新国立劇場での試みを良いとこ取りしているって風に見えるのさ。これは、私だけの雑感だから、そんな事を感じた人は少ないだろうなぁ。

『ペリクリーズ』、原作もあ〜んなに面白みが無いのに、あれだけの作品に仕上げるのって凄いと思います、やはり。
それだけ力がある人なんですよね、蜷川さんって。
あの作品の主役は、どうしても市村さんにしか観えませんが。まぁ、そんなもんでしょう。

仕事の選び方、'98から数年は良かったんだけど、『エリザ』にタッチしてから道がやっぱり変わっちゃいましたね。
軌道修正して欲しいけど、諦めるしかありませんか…。
11:30:57

« March 2003 | Main | May 2003 »

October 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

  • お気に入り♪
  • 戯曲 シナリオ
  • 戯曲