« February 2002 | Main | April 2002 »

March 28, 2002

今日もメールが来ない。

今日も、待っても待ってもメールが来ません。
もう、待ちくたびれました。
いいです。
世の中って、そういうものなんです。
勉強になりました。
でも、悲しい。

職場に出て、身辺整理をする。
思い切って捨ててしまうと、随分とさっぱりとするものである。
人間関係も、思い切って捨ててしまえば、さっぱり、すっきりするのであろうか。

あまり気にしたことのない占いにも気にし始め、
「今日はラッキー」「今日は駄目」と一喜一憂する。
まるで子供だ。

待つのは辛い。
そもそも、私は昔から人を待たせる方の人間だったのだもの。待つことに慣れていません。
慣れていって大人になっていくのでしょうか?(職場にて16:31:51)

March 27, 2002

メールの返事が来ない…。

26日にメールを出した。
いつもならその日のうちに返事が来るのに、今回は届かない。
会社のアドレスに送っているから、見ていない訳ないのですが…。
もしかして体調を崩して会社を休んでいるのでしょうか?
年度末だから、有給休暇を消化しているのでしょうか?
それとも…、もしや結婚でお休みしているとか?
相手のプライベートの事について何も知らない自分が悲しいです。

今日はWOWOWで『彦馬がゆく』生中継でした。
劇場では素直に笑えたのですが、ブラウン管を通すと、あら不思議、全然笑えませんでした。
どうしてかなぁ〜。
そう言えば、『東京原子核クラブ』も劇場だと泣きまくったけどBS2で見た時は泣けなかった。
冷めた笑いしか出来なかったなぁ。
やはり、生は生を楽しむべきものなのよね。
テレビドラマはテレビ用に作られているから見られるのであって、生用に作られているものは薄っぺらくなってしまうものなのです。

テレビでの『彦馬』、内輪ネタで盛り上がっているだけだった。
サイン入りポスタープレゼントは応募しようかどうしようか悩んでます。
ビデオを巻き戻して見ないとならないしね。
そもそも八嶋さんが瓦版売りの格好をして前説とかやっていたが、意味ないじゃん。
それなら、舞台中だけど、今回のアナウンスを担当していた戸田恵子さんが出てきた方が嬉しかったな。
でも、戸田さんよりも八嶋さんが良いと思った三谷さんもいる訳で…。
難しいね。

さて、メールで思い出した事があります。
講座の後輩になりそうな人にメールを出して、月曜日に返事がきました。
どうやら、本当に私が講座を受講しているのかどうか疑っていたようです。
そりゃねぇ、悪戯と思われてもやむを得ないけど。
彼女の面接は金曜日。
多分、合格するでしょう。
だって、劇場でアルバイト経験あるし、その劇場にお知り合いが山程いらっしゃるし。
落ちない訳がないと思われます。
おまけに、今回は定員割れをしているようです。
これで落ちちゃったら、劇場経験があってもダメってことになるし…。
そもそも、私だって合格したのだもの、大丈夫よね。
ただ、あまりにもキャリアウーマンだったりして講座に出席するのが難しそうな忙しさが面接で出しちゃったら×でしょう。
去年の面接試験で、私の前の人が、職場で忙しい立場にあったようで、話が弾んでいたのですが落ちてますしね。(自宅にて24:13:18)

March 26, 2002

あ…。遅刻だ。

文京区(4月からの新しい職場)でイベントがあるので様子を見に行こうと準備をしていたが…。
自分の中では14:40〜のつもりで準備していたら、14:00〜だった。遅刻じゃん。
帰りに有楽町のbic cameraでビデオテープを買おうと思ったのにね。
予定が崩れてしまった。
何やってるんだろう、私。

23日に『バタフライはフリー』を観に行った。
開演時間前に、PARCO劇場近くのピエトロで食事をし、お腹の方も準備万端で行きました。
友達と勢いでスパークリングワインを飲んでしまったので、開演してすぐ、ほんの一瞬だが記憶を無くしてしまいました。
ほんの一瞬だから大丈夫。
『バタフリ』の配役は小池さんとプロデューサーの一存で決まったようです。
今回のプロデューサーと『モーツァルト!』のプロデューサーは同一人物だったらそうなのよね。
そもそも演出家の小池さんの意見は覆せないみたいです。
だから、『エリザ』の時のキャスティングも小池色が濃厚だった訳で。
そう言う事で『モーツァルト!』の意外なキャスティングも小池さんの趣味な訳です。
とは言うものの、高橋嬢の演技が思いのほか良かった。
独り元気良すぎて浮いている感は否めなかったけど、これなら帝劇の大きな舞台でも大丈夫そう。
高橋嬢宛に堤真一さんからお花が届いていて、「どうして?何で共演した?」などと悩んだが、『野獣郎』で共演していたのだよね。年をとると記憶力が低下してしまい、どういう共通点があったのかを忘れがちです。
さて、井上君ですが、どうしても『ハロルド』の色が消せていません。つまり、キャラクターが一緒なのです。
大丈夫かなぁ?
これから日数を重ねていけば、演技力に磨きがかかると思うけど、違いが見えないのは…ねぇ。
ただ、体当たりって感じで頑張ってるのは褒めたい。
内野さんの『ブルールーム』を一瞬、思い出したりもした下着シーン。
ぎこちないけど、沢山のキスシーン。
ホント、頑張ってるよね。
これから大阪もあるけど、頑張れ!井上君。(自宅にて12:50:34)

『モーツァルト!』団体観劇で
☆10月6日(日)マチネ S席20、A席30
☆10月22日(火)ソワレ S席30
☆10月27日(日)マチネ A席50
確保しているHP発見。
いつから募集を始めるのだろう。チェックしなくっちゃ。(自宅にて16:24)

March 25, 2002

ファム・ファタル。

ふと思う。
春が来ると人恋しくなる。
私のファム・ファタルは何処にいるのでしょうか?
もしかして、もう出会っていて、そして、もう2度と逢わない人だったのだろうか?
自分で気が付かずに、ファム・ファタルと擦れ違っているのだとしたら悲しい。

さて、今日は試験の日です。
私に後輩が出来るのは、今日の筆記試験と、数日後の面接が終了してから。
どんな人が後輩になるのだろう…。
申込受付開始してすぐにスタッフさんに聞いた時は申込者数が2名。締切の日に聞いたら12名。
私達の時と比べて少なめです。
で、締切過ぎても受付けるって言ってました。
確かに、その会社の広告にも小さく戯曲科の募集が書かれてました。
新聞広告に載っていたのだけど、3月19日の朝刊。
せめて、20名くらいの応募者数になったら良いですね、Kさん。

金曜日に、職場でネット・サーフィンしていたら、とあるサイトに辿り着いた。
mimi's日記
つまり、今日の試験を受験しようとしている女性のHPだったのです。
早速、メールを送ったものの、返事が来なかった…。
怪しい人だと思って、返事をしてくれないのでしょうかね。
で、今日も、試験前の時間にメールを入れた。
ただ「頑張って」という励ましのメール。
彼女にとって、そんなメールは必要無いんだね。きっと。
もしも彼女が後輩になったとしても、多分、そんなに逢う事はないでしょう。ただ、私が一方的に見る事はあると思います。
私達の代って、月に1回、講座以外で逢う約束をしていて、その時、後輩達の講座の日だったりするのです。
同期と逢う場所は、講座会場のすぐ近くの喫茶店。
つまり、喫茶店の中から、後輩達の様子を見る事は可能なのです。
将来はライバルになるであろう後輩。
…、私には才能がないから、ライバルなんて言ったら嫌がるかもね(苦笑)。
彼女の日記を読むと、戯曲の勉強をする人のイメージが偏っているのが気になりました。
演劇オタクよりも、その辺にいる、ごく普通の人ばかりなんだけどね。
(他の講座生に言わせると「クリエイティブな事をする人は、変わり者」だったりするけど)
ごく普通に会社に勤めていて、そして、週2回講座を受ける。そういうのって普通だと思っているのが間違いなのかな?(自宅にて20:21:56)

March 22, 2002

どうやら、進級できるらしい。

脱力した日々も嘘のような爽やかな今日です。
数日前に知らせが届き、なんとか進級しても良いらしいです。何だかなぁ。
十中八九、残念でしたという知らせが届くのだとばかり思っていたので肩透かしですね。
殆どの人が進級できるかなぁ。
母に言わせると、「15人程度じゃないの?」だそうだが、あの中から落とすのはスタッフさんも胃が痛くなると思われます。
これで毎月何度も会えるのかと思うと嬉しいわ。
スタッフのKさん、Hさんありがとうございました。そして、これからも宜しくお願いします。(職場にて09:20:30)

ふと思い立って、去年の5月の日記を読み返してみた。
家族の事、HPを作っていた事が書いてあった。
今じゃあ、HPには全然手を付けてないし、母は元気だし(ここ数日、調子悪いらしいが)、ほんの数ヶ月で周辺は変わるものです。

昨日は国立劇場で新作歌舞伎を観てきました。
新作と言っても、20年前の戯曲を上演したりしている。(セリフの中ではイチローとか出たけど)
古いような新しいような…。
河童のホログラムが可愛かったです。感想はそのくらいかな。
お楽しみは、観劇の後の講座生とのお茶会でした。15:10に観劇終了して、1時間ほどお花見して、20:00過ぎまでお茶。なんて、ゆったりした休日だったのでしょうか。楽しかったぁ。
これからもこんな風に仲間とお茶会出来るのかと思うと嬉しいです。(10:31)

昨夜、KさんHさん宛にメールを出した。
「研究科も宜しくお願いします。」
と出した。早速、Kさんからお返事が来ました。パスも今までと同じ物。あのパスをあと2年間使用できるのも嬉しいです。
「モーツァルト!」「レ・ミゼラブル」「ミー&マイ・ガール」「エリザベート」とっても楽しみです。「ミス・サイゴン」は上演するの?あぁ、楽しみ〜。
モーツァルト!は、講座生で団体観劇をしてくれる筈。期待してますよ、Kさん、Hさん♪
そして、これからも大好きな仲間に会えるのが幸せだと思います。私って、やっぱり運が良い星の下に生まれているのよ。(13:10)

March 20, 2002

1600アクセス(^^)

今、職場でアクセスしてみたら1600でした。細々と書いていて、やっとですね。
劇作家の勉強を始めて、勉強の事は殆ど書かずに、自分の愚痴ばかりを徒然となく書いていたのですが、う〜ん、よくまぁ続いたものです。

講座の募集は、丁度今頃でしたね。
2期生の募集も今やっているようです。(締切は今月15日だったのですが、まだまだ募集中?)
昨日の新聞広告にも小さく出てましたしね。
1期生の私たちの時よりも講座の開始が早まってます。多分、私たちは叩き台で要領を得てという感じなのでしょうか。
私たちが1期生ということは入所式の時に言われ、そして修了式で改めて言われました。そうなのです、1期生だったのです。
スタッフも講座生達も考えずに1年間過ごしてきました。
先生なども感慨深かったようです。(因みに、私は泣いちゃいました)
修了証書は、まだ枕元に筒に入ったまま置かれてます。
どうにか、寂しさから立ち直れました。
講座の中で1回しかない1期生。こんな私が1期生で良かったのかな…。
今日あたり、研究会へ進めるかどうかの連絡があるはずです。ドキドキ。

身辺整理をしましょうかね。連絡は郵送で来るので、お昼に母へ電話して確認することになるから、時間まで待つわ。
でもね、研究会へ進めなくても毎月、講座生とは会う約束が出来ているの〜〜(T_T)(職場にて10:50:36)

お昼休みを終え、自宅に電話したところ、封筒が届いているそうな。
母曰く、「受かってたら葉書で来るわよぉ」との事。まぁ、そうとも言えないことも無いな。
薄い紙が一枚入っているらしい。「開けて見てみようか?」と優しく言われるものの、母に見てもらう度胸も無し。帰宅してから自分で開封することにした。
今日は、友人と『彦馬』を観に行く。
時間がかかるので1幕だけで帰宅予定である。あ〜あ。
やっぱり開封してもらえば良かったのかな?
「透かして見てみてよぉ」と言っても、「見えないよぉ!」と言われちゃったしね。
他の講座生はどうだったのでしょうか?あ〜気になるぅ。

昼休みには業者が営業に来ていて、休み時間にならなかった。(--メ
職場の人に「お昼休み、自分の部屋で食べます」と言ったのに聞いてもらえなかった…。ちょっと根に持つよ。あ〜いうことになるのは判りきってるんだからさぁ。公務員って、そういうところで世間知らずなのよ。
私の休み時間を返せ!!(13:21)

March 19, 2002

卯月からの職場が決定しました。

なんとか昨日、契約までこぎ着けました。良かった。これでプータローにならずに済みました。このまま観劇人生も続けられそうです。

15日に修了式がありました。ラフな格好で行ってしまった私でしたが、まさか修了証書を頂戴できるなどと思っておらず、感動の時間を過ごしました。
この1年間を考えると感慨深いです。講座を受講したから即劇作家になれる訳じゃないのだけど、今迄の自分を誉めてあげたい気分です。よくも通ったものだ。
残念ながら、ずる休みを2回ほどしてしまった為に皆勤賞にはなりませんでしたけど…。這ってでも行けば良かった。
修了式を終えて、懇親会?がありました。良い会社なのに、飲み会は居酒屋なのよね。不思議だ。
今回は初の座敷だったのでくつろげました。
カメラを持ってきた人が多かったので、ジャンジャン撮影してもらえた筈。
先生までも、ケータイで撮影してくれました。ありがと〜。
その後、翌日私は仕事なのに、オールナイトで騒いで、話して、裏情報をゲットして充実した時間を過ごしました。
女30にして崖っぷちに得た友達は貴重よぉ〜。社会人になって、こんな風に騒げる、楽しめる友人が出来ると思いもしませんでした。そして、きっと、これで時々にだけ会う友達になっていくのでしょう。寂しいけど、しょうがないよね。

で、気になる人の隣には、すこ〜〜〜しだけ座ることが出来ました(^^)。良かった良かった。そして、すこ〜〜〜〜しだけお話しすることも出来ました。も〜、良かったのぉ、自分。良い思い出が出来たよね。
冗談を言わない生真面目な人だったので、もしかするとつまらない人かも…。冗談を言う上司とは全然タイプの異なる人です。(15:38)
ちょっと、職場のPCの調子がおかしいので、一旦、保存しました。
研究会に残れるかどうかの会議は昨日行われた筈で、金曜日迄には郵送で知らされる事になっています。
果たして、私は残留できるのでしょうか?残留できたら、気になる彼とは月一のペースで会うことは出来るんだけどねぇ。でも、私の他にも狙っている人はいる模様。ガーン。
昼頃に、家に電話して、何か届いていないかを母に尋ねたが、DMが届いている程度でした。あ〜あ。待ち遠しいよ。
先生宛にメールを送ったら「これからもよろしく。良い本を書いてください。」なんて返事だったし。あ〜〜〜ん。禿げそう。(職場にて15:42)

March 14, 2002

嬉しい 楽しい 大好き。

自宅のPCが故障中で、修理に出しています。
ほんの半年前にも修理に出したばかり…。アナログボードがいかれているらしい。
ネット落ちの数日、職場へ出てくるのが嬉しくてしょうがない。

いよいよ明日、講座の終了式。研究会へ残れるかどうかは、後日知らせが来るとのこと。無理だよなぁ。
それと、去年の今頃に帝劇で公演のあった作品の初演台本を拝見しました。
急いで読んだので1時間だけだったのですが、…感動だよぉ〜!
また読みに行きたい。
再演の台本を読みたいなと思う。(職場にて13:56)

「フォーティンブラス」。

画像1
画像2
画像3
画像4
画像5
画像6

内緒なのですが、初演の「フォーティンブラス」の写真です。
ご内密に宜しくお願いします。
昔、このスタッフさんとメル友だったので、送っていただいたのです。
多分、ずっと出しておくとまずいので土曜日には消しますね。(職場にて11:27)

March 06, 2002

ここのところ、観劇してないな。

転職活動の事もあって、観劇してません。
本当は1月下旬頃に墨田区方面の仕事が内々定していたのだけれども、白紙になってしまい、精神的に疲れてしまい、観劇する気力も無かったのです。
で、そんな自分でも3月上旬に(まだ今も上旬だけどね)東宝の名作を観ました。
東宝の名作?帝劇でやってるのは『パナマ・ハッティー』だよ!
なんて思われる方も多いですよね。でも、今、芸術座では東宝の財産である作品を上演しているのです。それは『放浪記』。
『放浪記』の戯曲を読んだ時は、あまりピンと来なかったのですが、舞台をこの目で観てみると違うんですよね。言葉が連なった戯曲に命を吹き込まれると、何と言うか、…何とも言えない(自分の語彙の無さが辛い)。…こんなに素晴らしい作品だったのかと感動してしまいました。
主人公の林芙美子も森光子さん以外は考えられません。ただ、林芙美子の生き方には私は賛成できかねますがね。
森さんがお元気なウチに、『放浪記』を観劇する事ができて良かったです。
やっぱ、伝説に残るような作品なんです。

で、この後の観劇スケジュールですが
14日『パナマ・ハッティー』
20日『彦真がゆく』
21日『国立劇場で歌舞伎』
23日『バタフライはフリー』
31日『今宵の君』
です。
今月下旬までには転職先が決定していれば良いのですが。
そして、下旬には、研究会に残れるかどうかも判明する訳です。
研究会の定員は発表されていないので、相応しい人がいたら残すと言う方法ですよね。
今、来年度の講座生を募集しているようです。2月上旬に伺った時は2名の申込だったようですが、締切近くの今は、もっともっと増えた事でしょう。
私の時も40人近くは受験したはずだから。
今度の講座生は私よりも良いんだろうな。昨年受験して落ちた人も、再度受験するかも知れないし。
そうそう、昨年落ちた人には、どんな解答を望んでいたかという事を解答用紙と同封したそうです。だから、今年は受かる筈。
大きな会社なので、親切です。
そういう大きな会社でバイトとして雇ってもらえると最高なのだけどね。私の場合、遠距離と交通費がかかるのがネックになりそうだけど。

この年齢になって転職活動は辛いです。もしかして、手許にあるチケットを全部、手放すかも知れない。頼むから、決まってくれ〜〜。
プータローよりも、小額でも良いから月給が欲しい。(01:04:35)

今日も、人生に悩んでみる。

今の職場は江東区内にあるのですが、転職活動で、文京区方面へ行くか、葛飾区方面へ行くかで悩んでいて、 やっと5日に決心して、文京区方面へ明日挨拶へ行くのです。
挨拶に行って、相性が悪そうだったら却下なんだけどね。
いつもはラフな格好で仕事に行ってるから、スーツで出歩くのは面倒だなぁ。

えっと、今月で戯曲の勉強も一段落です。
研究会に残れるかどうかは不明。
多分、残れそうにないのだけど、楽しい一年間でした。
仕事と講座の両立なんて簡単に考えていたけど、思いのほか体力を使いました。
体力を一番消耗してしまった理由は、講座の後に友達とお茶をして、そして最終電車で帰宅するからなのだけどね。
去年までは週末だけお茶会だったけど、残り少なくなってからは、週末じゃなくてもお茶会してました。
お茶会友達とも疎遠になるのかと思うと寂しいです。
はぁ〜、4月からも何か勉強しようかな。

転職候補先ですが、今現在のお給料よりも1万円〜2万円のダウンです。
つまりは、慎ましく生活をしないとなりません。
非常勤でボーナス無し。
文京区方面へ就職するのであれば、地下鉄の定期券もゲットできるのが嬉しいです。

現在の職場では、なんと年末調整をしてくれません。してくれないから自分で確定申告へ行かないとならない訳ですが、やっと今日、税務署へ行って参りました。
なんと、30分程度で自宅と税務署を往復できちゃいました(16:30~17:00で事が済んだのです)。
思いのほか税務署に来客が少なかったし、書類の書き方が新しくなったとは言え、2度目の自分の確定申告記入だったからでしょうかね。
(因に、学生の頃に兄の確定申告の書類に記入して還付金を私のお小遣いにした経験があります。)
理系だったので数字に強かったのが何よりだったかも。
で、今回の還付金ですが、かなりの金額になりました。ボーナスって感じです。
還付金で3ヶ月分の定期券が買っても、お釣が出るくらいです。
ちょっと裕福な観劇ライフが迎えられそうだったりする。

今夜は、友達とある会社へ遊びに行きます。
遊びに行くって言うと語弊があるかも知れないけど、でも、他人から見ると遊びに行く感じだよね。
前々から見たいと思っていた戯曲を見せて貰えるのです。こんな事書くと、HさんとかKさんに見つかったら何か言われそうだけど…。
でも、講座の最後だもの、そのくらいのサービスはしてくださいね。(00:46:36)

March 01, 2002

自分って、ずるい人なのかも。

今日も、ずるずるしているうちに、勤務時間を終えようとしています。
ず〜っと、ぽけぇ〜〜〜っとして、そして時間ばかりが経過していきます。
今日で金曜日も終わる。今日中に何らかの行動を起こそうと思ったけど、もしもの事を考えると実行に移せません。
もしも葛飾が落ちた場合の滑り止め。そんなずるい考えを拭いきれない。まずいな。どうしようか。(16:50:45)

今日から3月ですね。

2月は28日しかなかった為に、もう、今日から3月ですね。ホントに、あっと言う間でした。
今月中に、いろんな事が決まってくる私の将来です。私の将来と言っても、ただ数年間の過ごし方が決まるってだけですけど。
えっと、笑い話ですが、スタジオライフは駄目でした。履歴書を送ったのが遅かったのか、私の学歴がたいしたこと無かったのか…。しょうがないなぁ〜。
でね、興味がある人もいると思うので、お断りの手紙の文面なんかを載せちゃいます。

« February 2002 | Main | April 2002 »

October 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

  • お気に入り♪
  • 戯曲 シナリオ
  • 戯曲