« November 2001 | Main | January 2002 »

December 27, 2001

壁紙を変えてみた。

読書に耽り、何もする気になりませんでした。
気分を入れ替えるつもりで、壁紙の画像を変更しました。
クリスマスも終わったしね。

今年は「安楽椅子探偵」まだだね。
もう、やらないのかな?(22:37)

December 25, 2001

岩井志麻子『夜啼きの森』

先日の忘年会でゲットした本の中に、この本がありました。
岩井さんは山本周五郎賞を受賞したり、直木賞候補に挙がったりしている人。
その人の本を頂いたわけだ。

他に頂いたのは同じ岩井さんの『岡山女』。そして、白川道さんの『天国への階段 上・下』。
これらの本は、一通り斜め読みしてある。通勤鞄には『天国への階段 上』を入れてある。電車の中で読み進めている。

これらのゲットした本の中で、私の心を揺さぶったのはタイトルにある『夜啼きの森』だったわけだ。
ネットなどで調べてみると、実際に起きた事件を基に書かれたフィクションだそうな。
昭和13年に津山で起きた事件。
大量殺人。
今から63年前に起きた事件…。犯人が生きていたとしたら80代も半ばくらいだろうか?
実は、そんな事件が起きていたなんて知らなかった。
昭和13年というと、私の父が2歳。父が生まれた年は国会議事堂が建てられたり、2・26事件が起きたり政治的な事が多かった年だ。
そして、近代へ向けて動いていた。
そんな中、日本で起きたとは思えない大量殺戮。

この事実を、これから調べていきたい。
時間がないから難しいかも知れないが、これを脚色していこうと思う。
もう、智恵子も山本有三もいい。与謝野晶子も構わない。
忘年会がきっかけで作品を決めても良いよね?
ホントは、祖母の人生を書こうとも考えていたんだ。でも、身内を切り売りするのは、ネタが切れてから。まだまだ書きたいことが山ほどあるのだから。

『夜啼きの森』
肺病に罹り徴兵検査にも落ちた青年。
彼は子供の頃は頭脳明晰で成績は常に優秀。
しかし、肺病がきっかけで運命の歯車が狂い始める。愛する女からも去られ、そして、精神分裂病へ。
好きで選んだ道じゃない。
両親が結核で死んだために、肺病は遺伝だと思われ、周囲の者からは疎まれる。
自分から病気になったわけじゃない。
どこかで狂った歯車。元に戻すことが出来ず、彼が選んだ道は、報復。
報復?それは逆恨み。そう、逆恨みでしかなかった。逆恨みで30人もの村人を殺めていく。自分の身内にも刃を剥く。
どうしようもなくなった彼には狂うしか道が無かったのだ。悲しいね。(14:20)

昨日の『ブルールーム』

3分           娼婦とタクシードライバー
9分?          タクシードライバーとオーペア
45秒          オーペアとご主人様(笑)
0分           若者と人妻1
15分?         若者と人妻2
32分?         人妻とその夫(政治家)
2時間28分?      政治家とモデル
49分?         モデルと劇作家
?            劇作家と女優1
1時間1分?       劇作家と女優2
?            女優と貴族
             貴族と娼婦

だめだぁ〜。昨日、ちゃんと覚えたのに、今日になると忘れてしまった。
次回、観たときに再び覚えようっと。(11:10:13)

昨日観劇して、前回との違いで気が付いたのは1つ。
ピアノの演奏が違ったの。
前回は和音を弾いていただけなのに、今回は指が動いていたのよ。頑張ってるね、内野さん。
今回、秋山さんに注目してみました。
全裸の件、内野さんだけが話題になったけど、モデルと劇作家の場面では秋山さんも全裸です。わぁお。
上手の端に座ったので判ったのだけどね。
今回、上手の一番端の席だったので、ドアの向こう側の演技が観られるって楽しみにしていたのに、遅れてくる人のために詰めて座ることになりました。が〜〜〜ん。だから、ドア向こうの演技は今回も声のみ。
さて、遅れて入ってきた人ですが、ネットでは有名なご夫婦の旦那さんでした。意外と落ち着きの無い人でして…。観劇慣れしていると思ったけど、そうでもないみたい。
「人の振り見て我が振り直せ」ということで、自分自身の観劇マナーについても考えようって思いました。(自分じゃ気付かないから、今度、友達に聞くつもり)

今回、ちょっと客席ウォッチングしてみました。
2列目センターはお知り合いの人たちが集まっている感じ。何度も足を運んでいる為なのか、皆さん肩からストールを掛けていました。
ベニサンは寒かったから良いアイデアなのですが、集団で同じ格好をされると、一種、異様な雰囲気です。
ストールは良いアイデアだから、次回は私もストールを使おうかしらね。
あとは、HNで呼び合ってご挨拶されてる方も多数。やっぱ怪しかった。
出待ちですが、昨日は、いつもよりも早い出だったみたい。tptで初めて出待ちしたけど、夜は怪しいよね。やっぱり。(11:25)

December 24, 2001

ちょっとした疑問。

ブルールームを今日も観てきました。
内野さん宛にホリプロからお花が入ってますよね。
私の記憶では、今までホリプロの作品には出ていないから
次回作でホリプロの作品に出演されるのでしょうかね。
早く発表にならないかしら。(23:40)

December 22, 2001

年末は読書三昧。

昨夜、分厚いハードカバーの本を4冊頂いた。年末には読破しようか…。
東京で受取り、今夜、自宅まで持ち帰る。少し重い。
実体の質量でなく、気持ちの上で重いのだ。
これを脚色すべき?少しだけ悩む。
明日から、これを読んで脚色に適しているかどうかを考えてみよう。
あ、年賀状も作らなくっちゃ。
忙しいなぁ〜。(13:34:56)

December 18, 2001

劇作家になるための講座、いろいろ。

久々にPCに向かい、お仕事中です。
仕事をしながら、時々、気休めというか、休息のためにネットにも繋げていたりします。
さてさて、劇作家への道。本当に劇作家になれるかどうか怪しい雲行きの私です。
来年の4月からは、どうしたものだろうかと思案中。
そんな中、ネットで出るわ出るわ。劇作家になるための講座が色々出てきます。

日本劇作家協会 戯曲セミナー 生徒募集!
東宝演劇アカデミー 劇作家養成講座 受講生募集!

ちょっと演劇とは違うけれど
松竹シナリオ研究所

劇作家を希望する私としては、上の二つが良いかなと思う。
自宅から通うことを考えると、選択肢は、どんどん絞られてくるのですが…。
まあ、いいか。(10:53:27)

December 14, 2001

DIVA2001。

綜馬さんがツボにはまりまくり(^^) 11:55:06

December 13, 2001

今日はDIVA2001。

今日、仕事を終えたら日生劇場へダッシュです。
嬉しいなぁ〜。15:20:02

December 11, 2001

げげ、自分で1000ゲットしちゃいました。

なんでかなぁ。
自分で1000ゲット。01:08:24

今夜も堂本光一君を見ました。

今夜も帝劇地下へ参りました。
今回はEVで降りるのを諦めて階段で降りる事にしたのですが…。
友達が山のように待っていた。
私の事を迎えてくれた訳じゃなく、私の話で、堂本君待ちです。ありゃりゃぁ。
18:30つまり、開演時間ということは光一君がEVから出てくる訳で、踊り場で出てくる様子を見ようと言う事だったのです。
まずいよぉ〜〜〜。案の定、講座終了後「速やかに出て下さい」なんてKさんから皆さんへ言われてしまいました。ガ〜〜〜ン。
次回からはダメですよぉ〜。
私は2回、間近で見られたから、もう良いです。これ以上見たら、何か悪い事でも起こりそう(笑)。

さて、今夜、忘年会の詳細のプリントを頂きました。
翌日に仕事が有るから、東京へ宿泊する事にしました。
1万円未満で泊まる事が出来たら良いのだけど。大丈夫かしら。

いよいよ今日の昼、宝塚です。
楽しみ〜〜〜〜。00:34:33

そう言えば、昨夜のBShiの番組ですが、友達にダビングをお願いしちゃいました。
他の友達から、前に、BShiで見たい番組があるって言われていて、てっきり「皇后エリザベート」かと思っていたら、実は宝塚だったらしい。
私ひとりで頑張っちゃったって事?
まあ、昨夜のビデオは海外エリザの舞台の様子も有るお宝映像だから良いよね?00:36

ブルールームの感想などの書き込みを見て不思議に思う点が幾つか有る。
観た者によって解釈が変わっていくのは当然の事なのだが…どうしても解せない。
オーペアと人妻のシーン。あれには数日くらいの時間経過は無いのか?
オーペアと関係をもってから、数時間後に人妻に会うのか?
私は1回しか観ていないから記憶に曖昧さが有る。セリフも忘れてきている。
衣装の点も記憶が定かで無い。
が、私の思うに、衣装が違った気がする。
同じシャツ?
どうなんだろう…。
私の考えでは、オーペアとの事があってから数日後に人妻に会っているのだと思う。
そして、オーペアは予行練習じゃ無い。
あの時は、オーペアと遣りたいと思っただけなのじゃないか?
青い色に誘惑されたのではないだろうか。

人によって解釈が変わっていくのだから、演劇って面白い。01:00

December 10, 2001

戯曲を読む事。

戯曲の勉強をするようになり、以前よりは戯曲を読むようになりました。
昔は興味ある物だけだったけど、今は何でも。
乱読している感じかな。
講座の関係で商業演劇の戯曲を手にする事も有ります。
1ヶ月程前、少しだけ『エリザベート』の戯曲を手にする事が有りました。
著作権の関係でコピーすることは出来なかったのですが、パラパラとめくり、何と言うか、泣いちゃいたいくらい感動してしまいました。
「これが、あの台本なんだ!!」そう思うと、自然とね。
ホントにパラパラだけだったので細かい所まで見ませんでした。
時間があれば、もっと沢山見たかったね。もっとじっくり見たかったな。

松竹大谷図書館には様々な戯曲が置かれています。
仕事帰りに寄る事が出来たら良いのだけど、閉館する時間が早かったりするから、なかなか行く事が出来ません。
講座の前に行けば良いんだよねぇ。判っちゃいるんだけど、なかなか出来ません。

さて、明日は初宝塚です。
急遽、決まったんです。
ドキドキ〜〜。
今日もこれから講座。
友達にチケット代を払わなくっちゃ。(13:54:27)

えっとぉ、まだ日記を続けます。
今、自宅で来客中で面倒なので、パソコン部屋に隠居中なのさ。
昨夜23:15~25:15 BShi『皇后エリザベート〜伝説の美女 その光と影〜』を見ました。
なんとか自宅で見る事の出来る環境だったので、親に感謝です。
内容は、ずばり観光案内。
途中、海外の『エリザベート』の舞台中継が流れ、素敵な歌を聴く事が出来たり、日本のエリザベートと海外のトートが「最後のダンス」踊っちゃったり。
笑える作りでした。
NHKだから堅い作り。
もう少し、一路さんにはじけて欲しかったです。
一路さんの歌も流れました。一幕最後のやつで、トートが姿を見せる直前の辺り。
内野さんの歌声とナレーションが重なっていて…。あれは博多の映像との事。内野さん、初演と比べ物にならない程、歌が上手になってましたね。しかし、ミュージカル俳優としてはまだまだ。

あの番組の最後、なんだか、エリザが続いていきそうな雰囲気のコメントをしてました。
あの撮影は9月頃だった様なので(9月10日のエリザベートの命日にお墓参りしてたから)博多が有ったりした訳だから嘘ではないんだろうけど、どうしても期待してしまいます。

一体、いつ頃再演?(14:04)

December 09, 2001

本当に劇作家になれるのかなぁ。

ランキングをみたら80位。146のアクセス数のお陰。でも、今日現在のアクセスは一桁だから、昨日の事は気にしない事にします。

戯曲の勉強をして8ヶ月程経過しました。
本当に自分の力になっているんだろうか…。
つくづく、自分が莫迦な人間だって痛感してしまう。
世の中にはデキル人は山程いる。
そんなデキル人間の多い世界へ紛れ込んでしまい、場違い感を否めない。
3月まで。
この付き合いも3月までなのかなって思うと寂しい。
これから先も続けたい気もする。
しかし、来年の講座に残れなかったら連絡し難いよなぁ。
講座がきっかけとして東京での友人が出来た。
同じ趣味の人間が集まっているから、なんとなく良い感じ。

講座の卒業生が集まって秋頃にみゆき座でお芝居してました。
私達も、あんな感じになるんだろうか?
将来が楽しみのような、不安のような…。変な気分です。(13:42:54)

December 08, 2001

日記って…。

日記って、結局は一方通行の話を綴るだけ。
書いていて、どんな人が読んでくれているのだろうと思ったりするが、向こう側の顔を想像する事が出来ません。
日記は、あくまでも自己満足の物でしかないし、自分の覚え書き。
私自身も、そのように考えていたのだがネットで公開しているって言う事は、自分の覚え書きと考えてはいけないのだろうか…。
ちょっとだけ悩みます。(19:15:22)

ネットで日記を公開しているからには、誰に読まれるか判らない。
そうですよね。
誰かに読まれるのが厭ならネットで日記を書かなければ良いのだから。
この事に関しては、深く考えないようにします。
深く考えたとしたら、日記を今すぐにでも止めるつもりでいなくては…。

カウンタの数字が多かろうと少なかろうと気にする必要なんて無いのだから。(21:44)

堂本光一に遭遇(笑)。

昨夜、毎度の事ながら帝劇地下へ参りました。
時間ギリギリの18:30でした。
2台有るエレベーターで、片方は「休」になっていて、「ゲッ、急いでいるのに1台だけかよ!!(プンプン)」なんて思いながら待っていたら急に動きだし、休止していたエレベーターの扉が開くと指揮者の格好をした光一君が降りてきました。びっくりだよ。
まさか出てくると思わずにいたから、固まってしまいました。
下へ降りる為にエレベーターのボタンを押していたのに、ぼーっと突っ立っていたので上に行く表示になり、渋々、階段で降りる事にしました。

堂本光一、やはりちっちゃいねぇ。
残念ながら、一瞬の事だったのでお肌のコンディションとかまで見ませんでした。
そうか、ギリギリに行くと光一君が出てくるのね(笑)。

講座で『ブルールーム』の話を友達としたけど、人によって意見はまちまち。
前から3列目に座ったという人は「グロテスクだったよ〜」なんて言うし…。
そういう所に注目しちゃうんだァ(泣)。(14:41:48)

数日前、驚く事があった。
職場で「社会人になってからの勉強でどんな事をしているの?」という話題になり…誰にも言っていないのに「Mさん、シナリオの勉強とか合いそう」と言われてしまった。
私としては目が点になってしまい…。
まさか、彼女は私の荷物の中味をチェックしているのか?
他の人に聞いてみると、彼女、誰もいない時にロッカーとか開けて、何が入っているのか見ているらしい。ガ〜〜ン。
何だよそれ!!
戯曲を持ち歩いてるから、鞄の中を見られたらバレバレだわ。

さて、6日のmy初日。
職場から急いでベニサンまで行きました。
ベニサンに到着した時間は17:45頃。早かった。
劇場の入り口では3名程が並んでお待ちになっていた。当日券を求めている方なのでしょうね。
ということで、時間を潰す為に、森下周辺を散歩しました。
あの辺を歩いていると、シアガを片手にベニサン・ピットの場所を探している人を数名お見かけしました。
声を掛けてみようとも思ったけど、怪しい人になるので止めちゃいました。
やっぱり教えれば良かったのかなぁ。
夕食を食べる所を探すのも兼ねてのお散歩だったのだけど、あの辺はラーメン屋さんが数件ある程度なんです。
だから、森下駅近くのモスバーガーへ行きました。
モスにいた女性は殆どが『ブルールーム』を観る人だったようです。
客席で見かけた人ばかりでした。(苦笑)(16:08)

December 07, 2001

「ブルールーム」、私の覚え書き。

昨夜の『ブルールーム』、どうしても内野さんが好きで贔屓目で観てしまうけれども良かったです。私から観て、5役を演じ分けてたし。
私の好みはどれだろう?
 タクシー運転手
 学生
 政治家
 劇作家
 高貴な男
ちょっと考えてしまう。
タクシー運転手は気の向くまま女の相手をする。
学生は女性経験が少ないせいか、なかなかうまくいかない。
政治家は家では良い夫を演じるが外では薬のせいではめをはずす。
劇作家は夢見がち。
高貴な男は一度寝ると変わってしまう。
う〜ん。出来ればどれも嫌だなぁ。強いて言えば劇作家なんかが良いかも。
夢見がちだから現実を見ていない男だけど、まあ、許せるかなぁ。
ただ、女を口説く時に歌は止めて欲しい。

昨夜、ベニサンから駅までの帰り道伯父様3人組がどのような話をしていたのかを、やっぱり書く事にしました。
●トム・クルーズが離婚の原因になった作品なの?
●セリフが入っているから良いけど、これで入ってなかったらねぇ…
●暗転がちょっと…。4人くらいでやるとテンポが良かったんじゃないの
なんて事を話されていました。
アバンティのように聞き耳をたててしまった私です。
この伯父様3人組は演劇関係者さんかなって思います。
伯父様方にとっとは演じ分けられてないと感じられてるようですね。

さてさて、秋山さん。
プログラムとか見ると普通のお姉さんですが、舞台上では素敵なお姉さんでした。
17歳を演じる時ウィッグをかぶるのですが、17歳の雰囲気を醸し出していて凄いなって思った。
もしも寺島しのぶさんが演じたとしたら、しのぶさんだけが際立ってしまいそうです。個性が強いから。
秋山さんに個性がない訳じゃないけど、内野さんの演技を壊す事もなく、内野さんも秋山さんの演技を壊さずに、良いバランスで仕上がっていると思います。
お芝居の上でバランスって大切ですよね。バランスを考えずに演技をすると舞台あらしになってしまう。
内野さん、素敵な共演者さんに恵まれて何よりです。

お洒落な芝居というと、「裸足でさんぽ」が思い浮かぶけれども、それ以上にお洒落な芝居でした。
こんなお洒落なお話を書けたら良いのだけどなぁ。
演じる人の力量が同等でなければお洒落な話も台無しになるんだって痛感してます。
今月、あと2回もこの作品を観るチャンスが与えられ幸せ者です♪(15:18)

『ブルールーム』雑感。

あああ〜〜〜、書いた物が全部消え去ってしまった。最初から書き直しだ。ショック…。

今日、ブルールームを観て来ました。
ネットで騒がれていた全裸ですが、私には気になりませんでした。
だって、男女の関係において裸になる事は自然な事だと思うから。
逆に、関係が終わって下着だけをなおす行為の方がイヤらしく感じた。
本能のおもむくままに関係を結んだ感じがして。やるだけやったって感じがしませんか?

今回の作品、男女のオムニバスドラマです。主人公が成長するという事はなく、大人の関係を赤裸々に綴っている。
私が勉強している戯曲の書き方とは違ってますね。
大人の恋の話。
お洒落でした。

ブルールームという事で青にこだわりがある舞台でした。
ブラウスが青、靴がエメラルド、瞳が青、照明が青。
探せば、もっともっと青にまつわる事柄が出てくるでしょうね。

今回、整理番号は160番でしたが、開演前に座席を詰めるように言われて157番の席に座りました。160番って出入り口から近いから、遅れてきた人を入れるには最適だからですよね。因に、今回の席は168席まであるみたいです。座席表で168までは確認できました。

さて、私のお隣にはスタッフさんが座りました。
ストップウォッチを片手に暗転の度に時間か何かをメモされていて、どうやらこれからも手直しをしていく模様。
ただねぇ、暗転になるとペンライトを点灯させるんですよ。気が散ってしまいました。
気が散ると言えば、最後のクライマックスの時に、素敵な音楽が流れました。
金田一少年の事件簿で事件が起きた時にかかる音楽が聞こえてきたのです。
150番代に座った女性の携帯電話の音です。
私の隣に座ったスタッフさんも「チッ」と舌打ちされていました。
そうですよねぇ、クライマックスなのに力が抜ける音楽。
ベニサン・ピットでは役者さんにも聞こえちゃうのに…。

と、こんな事を最初に書いたんですが、もう忘れちゃったよぉ。
他にも、帰り道で聞こえた伯父様達の感想も書いていたのだけど、書くのは止めておきます。書かない方が良いでしょうから。

食事ですが、森下駅の近くのモスバーガーで済ませました。お安いから良いですものね。
お花は、草笛光子さんから届いてました。良いおつき合いが続いていらっしゃるのでしょう。
もっとちゃんと見れば、共演者さんの名前を捜せたでしょうかね。
そうそう、2階がちゃんこやに変わってました。(1:21)

December 06, 2001

tpt『ブルールーム』

今日、これから私の『ブルールーム』初日。今からドキドキしている。何だかんだ、興奮してるんだろうな。大好きな内野さんのストレートプレイ。夕べ、2:30になっても眠れなかった。今朝も早く目が覚め、ずっと興奮してる。きっと帰宅しても感動で興奮して、なかなか寝付けないだろう。
ミュージカルの内野さんは、あまり好きでないが、ストレートの内野さんは大好きです。でも、今回の舞台でピアノを弾きながら歌うのはちょっとねぇ。
歌わなくていいじゃん。

夕べ「真夜中の王国」で少しだけ舞台の様子が映ってましたね。眼鏡をかけて、白いシャツを着ていて内野さんが好き。でも、生で見たら、もっと違う内野さんが登場するだろうから気が変わるかも。
何もしていない素の内野さんには魅力を感じないけれど、舞台に立った内野さんには、とっても魅力を感じる。昨夜の、ちょっとした映像だって「いい男」って思うけど、出待ちでの様子は普通のお兄ちゃんだものね。

ベニサンピットでは、客席の雰囲気はどうなのだろう。
いつもの常連さん達が揃っているのだろうか?今日は初日じゃないから、会社帰りのOLさんが多いのかな。
秋山さんの演技も興味あるし。舞台の様子から、秋山さんも素敵な演技をする方の様だったから、良い作品になってるって期待してます。

いつも徒然なるままに日記を書いているので、取り留めの無いことばかり。日記を読んでくださってる人は、一体、どのような方なのでしょうか?ちょこっと興味があります。(13:47)

DIVA2001とバンビ。

数日前『DIVA2001』のチケットが届いた。
ちょっと奮発してS席を取ったのですが、座席を見てみると……………悲しいことに上手の端でした。
こんな端っこの席なのにこの値段?!私には衝撃的過ぎた。
もう完売してしまった公演だからやむを得ないのだろうか…。取れただけでもみっけものなのだろうか…。

そして、そのチケットが届いた前日にグランアーツからも封書が届いた。
初グランアーツ。
『ハロルドとモード』のアンケートに記入して出したので届くようになったんですが、世の中って甘くないですね。
年賀状が欲しければバンビに入れと…。
たかだか1500円だから良いと言えば良いけど、でも、サービスしてよ。だって、ファンクラブじゃないんだよ。
記念品欲しさに申込む予定ではあります。
バンビに入ったから必ずチケットがゲット出来る訳で無いというのもイヤかな。
会員には必ず手に入るような座席数を設定するとかして欲しい。
グランアーツとしては、井上君のファンの実数を把握するには最善の方法かも知れませんね。

という事で、今月の観劇予定について(チケットを取ったが、果たして全部観られるのか?)
4(火) SHOCK
6(木) ブルールーム
12(水) 三人吉三郭初買
13(木) DIVA2001
17(月) 文学座 牛蛙
23(日) ブルールーム
24(月) ブルールーム
日にちは未定だが『大阪から来た女』も観る予定。

ブルールームは今月だけで3回。でもねぇ、初日・千秋楽のチケットが無いから、回数観ても無意味だったりします。パーティに出られない訳だしね。
tpt奥が深いわ。
1万円だしてでも会員になっておくべきだったのでしょうかね。

さて、こんな中途半端な時間に書込みしている理由ですが、「真夜中の王国」の放送を待っているのです。まだかしら。(0:38)

今、真夜中の王国のエンターテイメントニュースを見た。
内野さん、歌を歌っていたよ。
お洒落な雰囲気を感じる事が出来ました。
明日の舞台、楽しめそうです。
ただ、歌はやめてほしかったね。個人的な意見だけど、好きになれない。(1:00)

tptは、初日・千秋楽で乾杯があるみたい。
5日の初日、乾杯できた皆さん良かったですね。お話も出来たようで羨ましい。
ファンサイトなどで、じゃんじゃん報告していただけると嬉しいです。
参加出来なかったから、内野さんがどんな事をお話されたのか興味あるんです。(1:03)

December 05, 2001

ブルールーム、初日おめでとうございます。

はぁ〜〜〜。今日は『ブルールーム』の初日でした。
残念ながら、私はチケットゲット出来ず、後髪引かれながら帰宅しました。
通勤で都営新宿線を使用しているので、かなりへこたれました。「今、電車に乗っている人の中で『ブルールーム』を観る人が居るのかも…」なんて思うと、余計に辛かった。
明日はmy初日。堪能したいと思います。
プレビューの報告をネットで読んだりすると、全裸になる事がクローズアップされ、芝居の中味については言及されていません。内容を書込めない程に複雑な内容なのか、それとも全裸で観客の頭の中が真っ白になってしまったのか。明日、自分の目で確かめたい。

BSで映画『輪舞』が放送され、それを見た時は「お洒落だな」って思いました。
はっきりとした性的描写は省かれていて、見ている側の想像力で膨らませるって感じ。
舞台の『ブルールーム』は、はっきりとセクシャリティーな描写を表現するらしい。が、自分の目で観た訳じゃないから、あまり考えないようにして明日の舞台を楽しみたい。
2時間の公演らしい。確か、休憩無しという情報があった。最近、めっきり寒くなってきたから防寒の準備もした方が良いですよね?冷えて、途中でトイレに行くなんて勿体ないから。
明日の夕食は森下で済ませようか。
やはり、今から楽しみだ。
内野さんが選んだ仕事。その仕事に対して、どれだけ内野さんの実力が発揮されているのか。
今夜は「新・真夜中の王国」で『ブルールーム』の映像が流れるらしい。
ビデオに撮らなくては。
今から楽しみ。

帰宅途中、バンビの申込をしようとしたが、古いキャッシュカードだった為かATMが受付けてくれなかった。引出しは出来るのに…。
明日の昼休みに新しいキャッシュカードを持参して振込をしよう。
シアガ、トランタン、レプリーク欲しい雑誌があるが、それは7日に纏めて購入しよう。
さて、もうすぐ日付けが変わる。ビデオのセットしなくては…(23:56)

今さんに惚れてしまいました。

昨夜、帝劇で『SHOCK』を観ました。
18:30〜19:45、20:15〜22:20。かなり遅い時間までの公演です。
そんな風に遅いと、いつも使用している安い私鉄は使えず、JRを使用して、タクシーでの帰宅になります。
因みに、自宅に到着した時刻は24:30。は〜、今日も仕事なんだよ。

さて、当初は21:30で劇場を後にする予定でしたが、最後まで残ってしまったのには訳があります。
あまりジャニに興味のない私。必然的に、眼で追いかけてしまうのは今さん。
ず〜〜〜っと今さんを見つめていたら、どうやら今さんに恋してしまったのです。
ああ、なんて素敵な今さん。
ジャニの子供達と比べると、がたいがでかいけど、でも、かっこいい〜〜〜♪
どうして、エルマーにときめかなかったんだろう、自分。
今さん素敵よぉ。
『エンドレスラブ』聴いて、鳥肌がたってしまいました。
そして、最後の挨拶でのバク転。
スポーツ万能だったのね。
今日、ネットで調べると、柔道とかやってたみたいだし。
理系だっていうのは知っていたけど、結構、タイプかも。

実は、講座の試験の後に(『エリザ』でエルマーをやっていた頃ですね。)帝劇地下に出待ちに行きました。
お目当ては、内野さんでした。
内野さん見たさに帝劇地下へ行くと、今さん、井上君と擦れ違ったのよね。
今さん、パンフとかの写真よりもかっこよくて、パッと見たら誰なのか判らなかったほどです。
その頃は内気な(今も内気ですけど)為に「お疲れさまでした」の一言さえ出ませんでした。
今さんが井上君よりも先に歩いていて、最初はファンの人とかいなかったのだけど、井上君にお手紙を渡しに女の子が来て、その様子を微笑ましく見てたなぁ。今さん。
その時、私は井上君にちょっとだけ注目して…勿体なかった。握手して貰えば良かった。
まさしく、後悔先に立たずです。
ということで、ろっくりばーに入会するぞと堅く心に誓ったのであります。
いくら山口さんを好きでも、入会するには躊躇したもんなぁ。
お茶会で今さんの歌を聴きたい。

唐突に話は変わるが、先日、グランアーツから郵便が来た。
バンビ…。20過ぎた男がバンビかよぉ。ちょっと考えろよ、グランアーツ。
ここ数年しか、バンビは使えないぞ。
早速、仕事帰りに振込に行こうと思う。1500円。勿体ないけど、チケットが手に入りやすいと思えば何とかなるかな。
しか〜〜し、文学座はお金取らないぞ。(14:30)

December 04, 2001

12月の帝劇地下。

12月になり、師走。
坊さんが走っている姿はテレビドラマでしか見たこと無いなぁ。

さてさて、12月の帝劇はジャニーズの『SHOCK』です。
実は、今日、観に行きます。
昨日は帝劇地下に行く予定があったので行きました。
いつもは見かけない金髪女性が山のようにいました。雰囲気がいつもと違〜〜う。
ジェネレーションギャップも感じてしまいます。(10:15)

December 01, 2001

777。

今、アクセス数が777です。今日は何か良いことがあるかなぁ。(13:52)

« November 2001 | Main | January 2002 »

October 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

  • お気に入り♪
  • 戯曲 シナリオ
  • 戯曲