« August 2001 | Main | October 2001 »

September 30, 2001

無題。

講座で講評会というものをやってるのですが、私には、どうしても苦手です。
他人の作品を講評するのも、劇作家として力になるのは納得できますが、的外れな事しか言えない私には地獄だったりします。
講座生の作品を読むと、自分の力の無さに嫌気が。力量の差が一目瞭然。嫌気がさす。
こうなると、試験に通らなかった方が良かったのかも…。

実は、いよいよ明日、私の2回目の作品を講評することになるのです。あんな駄作、人様に出せるような物でないのに。読むという無駄な時間を作ってしまってご免なさい。平謝りするしかありません。

明日から10月。
定期券の更新になります。
銀行へ行って、お金を下ろさないとなりません。
結構、いい値段になるのですが、今回更新すると、もう購入しないのだと思うと感慨深かったりする。
来年の今頃は何をしているのだろうか。(16:36:19)

September 28, 2001

秋。

9月ももうすぐ終わり、来週には10月になる。
衣替えも考えないとならない時期です。
街は秋の装い。
でも、昨日は半袖のTシャツで街を歩いている人も多かった。
中途半端な季節なのかも。

昨日は、池袋のリブロに久しぶりに行きました。
仕事を終えてから2時間ばかりぶらつきました。
あそこは、戯曲が沢山有るから良いですよね。
でも、本が汚れるのが嫌だから、あまり触れません。
表紙を眺め、奥付を見て、パラパラと開いて、恩棚へ戻す。
そんなことをしてました。

今度は、神保町で古本屋さん巡りをしようかしら。(12:05)

September 25, 2001

季節の変わり目。

すっかり秋の気配になりました。
涼しくなると、すぐに喉がやられてしまいます。
声がガラガラになってしまうのです。
人の前でお話する事があるから、ガラガラ声は恥ずかしい。

秋になると、今までの半袖の洋服とさよならになります。
そして長袖の洋服のお世話になるのです。
秋になると、茶色のお洋服が多くなりますね。
夏は、少しでも涼しい気分になれる様にとブルー系のお洋服ばかりでした。
秋にブルー系のお洋服だと、気分までブルーになってしまう。
秋は、もの悲しく、もの寂しくなる季節。人も恋しくなります。

昨夜、講座のお友達から借りたビデオを観ました。
『グリークス』
   と
『レ・ミゼラブル』の宣伝をテレビで放送したもの。
レミゼは、初演を観たくなってしまいました。
斉藤由貴は、決して、歌が上手ではありませんが、演技の深みがありそうで。
ドキュメンタリーになっていたのですが、ジョン・ケアードのお気に入りっぽい雰囲気が良いです。
とても仲の良いカンパニーだったのでしょうね。
また、子役で山本耕史君が出てました。
再演の時の宣伝番組は、テレビで見ていた記憶がありました。この小さな12歳の山本君が、今は立派な大人なんだものね。
時代の流れは、恐ろしいです。

『グリークス』は、1部と2部。
これだけで約5時間。
「頑張って観るぞ!」という風に覚悟が必要です。
平幹二朗の演技は凄いです。
コクーンで生で観たかった。
再演することがあったら、必ず、観に行きます!!

9月の観劇チケット、かなりの数を無駄にしてしまいました。
10月分のチケットは無駄にしないようにするつもり。
でも、体力的に大丈夫かしら。
季節の変わり目は、体の不調が多くなります。
電車で長い時間立っていたりすると、不整脈出るし。
この事は親には言えませんけどね。

9月も間もなく終わり。
来週には、10月。早いね〜。
9月中に夏休みを消化しないともったいないので、取る事にしました。
1日分しか残っていなかったから、半日ずつ。
午前中を休みます。
朝、ゆっくりできるだけで、体に休息を与えられますものね。
そして、10月に入ってすぐに健康診断。
今年も再検査にひっかからなければ良いのですが。
実は、去年はひっかからなかったのです。一昨年は再検査したけど。
再検査の検査費用、バカにならないのよね。いくら保険を使用すると言っても。
そんな費用が有るならば、チケット代にまわしたい。(23:43)

September 22, 2001

tpt

tpt関係の情報です。(22:33)

tptフレンズ入会の御案内

この度はtptフレンズ御入会の御希望をいただき誠にありがとうございます。
tptフレンズは、「観客」としてtptの演劇創造活動に参加いただき、tptの活動を援助し、応援していただく組織です。最初にシーズンのラインナップを発表し、それを元にそのシーズンを私共と共有していただくというものです。(御加入いただいた日からの一年間ではありません)

私どもtptでは、締切を設けておりませんので、途中参加を歓迎いたしますが、現在、2作品目の「ガラスの動物園」が公演中であり、優先予約の時期は終了しておりますので、途中入会御希望のお客様には、次回作、「ブルールーム」と準備中のもう一作品へのご参加とさせていただきます。

フレンズのカテゴリーは以下の通りです。

◎【ディレクターズ/デザイナーズ・サポーター】
シーズン会費
 ディレクターズサポーター/100,000円
 (各公演2回分の御観劇料が含まれています。)
 デザイナーズサポーター/45,000円
 (各公演1回分の御観劇料が含まれています。)
*ディレクターズは法人でも御加入頂けます。
*各作品を御覧いただきます。
*各公演のプログラムを進呈。
*チケットの優先予約。
*チケットの追加購入は5%割引。
*プログラムにお名前を掲載させていただきます。

◎【tptメールメンバー】
シーズン会費 メールメンバ/10,000円
*各公演の御案内をお送りいたします。
*チケットは、一般前売に先立ち優先予約。
(御希望の公演日が売切になり、おとりできないこともございます。)

公演によってはチケット購入に際し、枚数制限があることもございます。
また、初日・千秋楽等、御予約が集中する公演日は、抽選とさせていただいております。
途中加入の場合、終了した公演を振替することはできませんので、ご了承くださいませ。
また、今回途中参加御希望のお客様多数にお問い合わせをいただいております。
シーズン頭からご参加いただいている会員を優先させていただくこともございますので、あしからずご了承くださいませ。

tptの創造活動を御支援いただく組織です。私どもの趣旨を御理解の上ご参加くださいますよう重ねてお願い申し上げます。

最後になりましたが、現在上演中の「ガラスの動物園」御観劇御希望のお客様は、tptまで至急御連絡くださいませ。

出待ち。

昨日、18時頃に帝劇地下へ行きました。
帝劇は今、浅丘ルリ子さん主演の『悪の華』を上演中です。
18時頃は、まだ第一幕を上演中。
でも、楽屋入口には女性が20名ほど集まっていました。
帝劇の客席でお見掛けした方も多く、どなたをお待ちなのかなって思いました。
ダイジョースタジオの話題をされてる人もいらしたので(声が大きくて聞こえたんです)、ミュージカル系の俳優さんをお待ちなのかも知れませんね。
もしかすると、『エリザベート』のお稽古待ちだったのかも・・・・・・。
皆さん、お仕事を終えて、ダッシュで来たのでしょうか。私も仕事を終えて頑張れば18時に着くのですけど。

さて、昨日は出待ちの為に帝劇地下へ行った訳ではありません。
この日記を古くからお読みの方はご存じだと思いますが、あの辺で用事があるものですから。
楽屋口前は用事のために通るので、どうしても出待ちの方々に目がいってしまいます。
私も待ってみたい。
出待ちされてる方って様々な年齢で、「こういう所で沢山のお友達が出来るのだろうな」なんて事も思います。
それはそれで楽しいことですよね。(10:42)

September 20, 2001

『サラ』

18日に400アクセス突破しました。こんな、たわいもない日記に、400アクセス!!本当に、申し訳ないです。

昨日、『サラ』特別優待のお知らせが届いた。
何故に届いたのかと言うと、都営地下鉄に『サラ』ご招待のポスターが掲示されていて、応募していたのです。
ご招待と言ってもゲネプロだったのですけど、面白そうじゃないですか。それで応募していたのです。
残念ながら落選。
残念賞として特別優待のお知らせだったのです。
嬉しいような、時間が作れなくって困っちゃうような。
実際、『サラ』のチケットって余っているのでしょうか?

さて、私に取って初めての歌舞伎鑑賞を体験しました。
一日通し券を購入していたものの、体調が思わしくなくて、ほんの少しだけ観ました。
鏡獅子、感動してしまいました。
舞いも良いね。

そして、今日、都民劇場から『質屋の女房』のチケットが届きました。
少しだけ楽しみです。
2階席だから、照明とか楽しめそうです。
番号を見ると、センターブロック。ギリギリS席。12000円分のチケットです。
都民劇場では、半額くらいの値段で楽しめるのね。
10月も、怒濤の観劇月間になりそうです。
さてスケジュール帳にメモしておかなくては。(13:16)

September 18, 2001

今日の出来事

都民劇場へ10月の観劇希望作品を言う為に電話。
いくつか作品があるのですが、悩んだ挙げ句、帝国劇場での公演を選びました。
日生劇場の作品にしようか悩んだんですけどね。
帝劇は17時から開演なので、職場を早退しないとなりません。
日生だったら、仕事を定時に終わらせて行くことも可能でしたが……。
『細雪』を潤色した堀越真さんが脚本の『質屋の女房』を行くのです。
10月18日(木)17:00を忘れないようにしなくっちゃ。
そして、そろそろ11月の観劇作品を選ばないとならないのです。
少しばかり、忙しい。
11月は新橋演舞場での公演を選ぼうかと考えてます。
それと、有料ですが、歌舞伎も申しこまくては。
ボーっとしてると、締切が来てしまいます。

昨日は、講座をお休みしてしまいました。
遅刻して出席しようかとも考えたのですが、ボーっとしているうちに時間が過ぎてしまったのです。
次回は必ず出席しなくちゃ。
講師のK先生に、チケットのお金を渡さないとならないから。
まさか、次回、私の講評会じゃなかろうな。
かなり心配だったりする。(19:04)

September 17, 2001

『細雪』読んでいる最中です。

谷崎潤一郎の作品って読む機会が無かったけど、『細雪』を手に取ってます。
文庫本なのだけど、かなりの厚さ。
戯曲は、ほどほどの厚さなので読みやすいです。
菊田一夫の戯曲は原作に忠実。堀越真の潤色した戯曲は着物の美しさを出す。
各々、特徴が有り、読んでいて面白い。(15:45)

今後の観劇予定

さて、今月の観劇予定は・・・。終了してしまったものも含めて記録として記します。
9月 5日(水)   tpt         ガラスの動物園
  16日(日)   帝国劇場      悪の華
  19日(水)   新橋演舞場     九月花形歌舞伎
  23日(日)   国立劇場      本朝廿四孝
  24日(月)   サザンシアター   昨日までのベッド
10月 4日(木)   シアターサンモール Sons
   6日(土)   コクーン      三人姉妹
   7日(日)   アートスフィア   三人姉妹
   8日(月)   国立劇場      天下茶屋むら
  17日(木)   サザンシアター   崩れた石垣、のぼる鮭たち
           芸術座       極楽町一丁目
  21日(日)   パブリックシアター ラ・ヴィータ
多いなぁ。
まだ、手許にチケットが届いていない物も有るのだけどね。
9月のヒットは『ガラスの動物園』でした。
観劇レポート、頑張って書かなくっちゃね。(11:44)

内野さんのファンサイトのお休みが続いています。
二大ファンサイトがあって、みーこさんのHPとhonamiさんのHPなのですが、両方ともお休み。
みーこさんのHPはデータが全部削除されているので、閉鎖されるのかも知れません。
honamiさんのHPは、幸い、データが残ってるし、short vacationですぐ再開する旨の事が書かれているので待てば大丈夫でしょう。
それにしても、16日の内野さんのお誕生日を待ってのお休みなのでしょうかね。
ただ、梅コマの座席表(なんとか見られるんですよね)ショックでした。
団体観劇なのに、座席に落差が有って。
梅コマの担当さんが、あまり良くなかったのでしょうか?
honamiさんは御苦労されたかと思うのですが、吃驚。
もしかしたら、これがHPバッシングの原因なのかも知れないなって感じる。
人は感情の有る動物だからやむを得ないよ。
管理人さんとしていろいろと御苦労されるのは理解できます。
でも、もう少しフォローとか出来たら良かったのかも。
ふと、そんな事を思いました。
honamiさんとは少しだけメールで交流させていただいた事が有るのですが今は全くメールしてません。
慰めのメールをした方が良いのか、そのままそっとしておいた方が良いのか…(14:42)

September 15, 2001

加納幸和って・・・。

14日は、講座で花組芝居の加納さんの特別講議でした。抽象的なお話で、難しかったです。理解できない私は阿呆だわ。
花組芝居の舞台は、行った事無いものだから、どれだけ加納さんが凄いのか知らなかったりします。
花組には篠井さんが所属していた事は知っていました。
レポーターの小森谷さんも所属している事も知ってました。
昨日、講座生と話をしたら気性予報士の木原さんも所属していのですね。
木原さん、劇団に所属していたって言うのは聞いた事があったけど、まさか花組だとは思ってませんでした。

さて、加納さんのお話ですが、お芝居は雰囲気、音で作るものっていう感じの事を仰っていました。
なにぶん、私の知能が加納さんの話に追い付いて行けなくて・・・。
ト書は気にしない。
戯曲の第一印象は気にしない。
・・・、あとどんな話をしたかなぁ。
そうそう、翻訳モノは日本語と外国語の文法が違うから難しい。
日本語は言いたい事は文の最後に言うが、外国では文頭に言うから、そのまま翻訳すると訳が判らなくなるとか。
あとはぁ、何言ったかなぁ。
加納さん、カルチャースクールっぽい池袋とか、演ぶとかで講座をやられていたから「慣れてるのかなぁ。」と思いましたがいまいちでした。
お話する時間配分は申し分ないのですが、話している内容が難しすぎる。凡人には理解できない(泣)。

そんな訳で、本日は疲れてしまい、観劇はキャンセルしてしまいました。
なんせ、目が覚めたら9:30。この時間に新国立劇場へ行っても、間に合わん。まあ、ギリギリ間に合うけど、体調すぐれないしさ。
怒濤の観劇月間は明日から始まります。(12:47)

September 13, 2001

テロの目的は何?

昨夜もテレビでは、米国のテロのニュースばかり。心配な私は、ずっとニュースを見ていた。
家族とも話をするが、戦争は避けられないんじゃないかな。
「死ぬときは一緒だよね。」
そんな話を母と交わす。
もしも自分が死ぬことが有ったとしても、母と一緒。そういうつもりで言った。
母は、「私は何年も生きているから良いけど、ひろは・・・・・・」
これが親心なんだろうな。
こちらとしては、昭和一桁に生まれた母が2度も戦争を経験する方が悲しかったりする。
私の場合、高度経済成長の頃に生まれ、バブルを経験し、辛い事が無かった。
しかし、母の場合、何年も戦火の中を生きていたのだ。死ぬのが近いのに・・・・・・。せめて、あと10年くらい、この平和のままでいさせて欲しい。

犯行声明もはっきりと出ていない今。テロの目的は何だったのだろうか?
世界を良くしたいと思っている思想家?
宗教がらみ?
米国に恨みを持つ国?
飛行機を操縦できるだけの技能があるって事は、エリートなわけでしょ?
 自動車の運転とは違うものね。
ほぼ同じ時刻にハイジャックって、かなりの集団だって事でしょ?
原子力発電所を狙わなかったのはどうして?
自由の女神だって米国のシンボルなのに何故?
疑問が山のように有る。
いつになったら、はっきりとするのだろうか。
このままうやむやのままで終結するのだろうか。
しかし、ブッシュは報復するんでしょ。
そして、日本は報復に支援、支持するのでしょう。
核を使わないで欲しいな。

さて、今月は、母の検査があります。
最近は水が溜まったりしていて、あまり芳しくありません。
だから、水の検査をして、それから内視鏡で検査です。
仕事のために付き添いできないから母に申し訳なかったりする。
まあ、検査結果が出る頃に休暇を貰って、自宅で留守番すれば良いでしょう。
その時には、電話がかからなければ良いのだけど。
母の顔色が悪かったりするから、心配です。
本当は親孝行するべきなのだろうけど、普段していないから、突然孝行しだすと、変に勘ぐられそうでできません。
勘が良い母には、普段通りに接するのが1番なのです。(13:45)

September 12, 2001

今日は何の日。

今日は宇宙の日です。
数年前に、宇宙飛行士の毛利さんがスペースシャトルに乗って宇宙へ行った日だったりします。

でも、私が思うのは「もうすぐ内野さんのお誕生日だな」って事。
内野さんも33歳になるのね。
どんどん、適齢期じゃない。
しかし、未だに独身。
独身だから余計にファンに、色々な妄想を考えさせちゃうのよね。
おまけに優しいし。
ファンのみんな、ポーッとしてしまうのは当然の事よ。(14:18)

カミングアウトしてしまったから、内野さんの事を書くようになりました。
詰まらなくなってしまいましたね。(もともと面白い文章を書いている訳じゃ無いけど)
ちゃんと、劇作家関係の事も記しますね。
先週、『風と共に去りぬ』で演出をされた山田和也さんの特別講義がありました。
実は、山田さんの現在の立場とか知りませんでした。
学生時代から三谷幸喜さんと一緒に舞台を作られていたのは知ってました。だから、フリーで演出家さんをやられているんだと思ってました。
でも、T社の社員さんだったのよ。契約社員って感じなのですが。
だから、若い頃は、森繁さんの舞台の演出助手をやられていたそうな。
そういう経歴を知らなかったから、結構、新鮮でした。
商業演劇には長かったんです。
ずっと小劇場なのかと勘違い。ごめんなさい。

今週は、花組芝居の加納幸和さんの特別講義。
この方、HPで調べてみると、数年前に帝劇で演出を担当されていたのね。
浅丘ルリ子さん主演の作品。その頃、加納さんは「あすか」に出演されている頃でお忙しかったことでしょう。

ひとまず、はっきり判る特別講義は、この2名です。
業界の人の話って面白いです。
普通の生活をしていたら聞くことなどできませんものね。
講座料は少しばかり高いけど充実しています。

もしも来年残れなかったらどうしようかな。
シナリオって奥が深くて・・・・・・。
自分で書いた作品、とっても詰まらない話だったりしますが、
没頭して書いているのも好きな時間。
学生以来の課題だけど、でも良いよね。
ただ、頭がおバカになってきているのも事実なので、ちぃとばかし辛かったりする。

今週末から観劇週間です。
観劇レポートだって出してないのに。
大雑把に下書きをしてあるものの、数ヶ月前に観た物は流石にはっきりとは覚えてません。
その時には感動したせりふも、なかなか思い出せなかったりする。(16:40)

September 11, 2001

アメリカでビルに飛行機が突っ込んだんだってさ。

ニュースステーションを見ながらネットをしてます。
トップニュースは、アメリカのビルに、2機の飛行機が突っ込んで炎上中なり。
わざと?
犯行声明は無いの?
テロ?
アメリカって恐いね。
ジェット機のようらしい。
大きな旅客機という話も出ている。
一体どう言う事?

世間では、アメリカのニュースで騒いでいる。
でも、私の心の中を騒がすのはtptの事。
どうも、『The Blue Room』の事でファンが騒いでしまい、どうなるか判らないらしい。
白紙になったら辛いな。
楽しみにしているのに。
調整中なのに騒ぎ立てるとダメじゃんね。

そもそもtptに内野さんが出ると言う話題が出たのは、ファンサイトに記載されていたから。そして、昨夜、ファンサイトを見ると問合せしないようにという書き込み。
今日は、そのファンサイトさえ整理されてしまっていた。
HPの管理人さんの日記にはtptから送られたというメールの全文が記入されている。
管理人さんが可哀想です。
別のサイトに書いてあった事を記入しただけなのに。
別のサイトの管理人さんは、赤字で問合せの注意を記入してあるだけ。
同じメールが送られていると思うのだけど、この温度差は何?
ちょっと判らないなぁ。(22:33)

September 10, 2001

カミングアウトします。私、内野さんのファンです♪

あ、因に私、内野さんのファンだったりします。演劇にのめり込んだのも内野さんのお陰。商業演劇にも興味を持ったのも内野さんのお陰。

今、久しぶりに地人会のHPを見ました。
地人会ニュースによると、友の会交流パーティの詳細が決まった模様。

私の人生。

自分の人生を振り返ってみる。つまらない、人並みの人生だったかも。もう少し刺激のある学生生活だったり、心がワクワクするような事があったり、そんな生活が良かったかも。社会人になったら、目まぐるしく毎日の生活が変わっていくのかと思っていたものの、現実はそうでなくて、単純な、同じ事の繰り返し。
つまらん
つまらない毎日。
唯一、心を和ませてくれたり、癒してくれるのは観劇。
観劇で観劇!!
なんてシャレも考えてみたりする。
そう言えば、懸賞に応募するのもストレス解消になったりする。当選の品物が届き、開封するのがドキドキするわねぇ。

さて、今月の観劇予定は・・・。終了してしまったものも含めて記録として記します。
9月 5日(水)   tpt     ガラスの動物園
  15日(土)   新国立劇場  堤防の上の鼓手
  16日(日)   青山劇場   大江戸ロケット
           帝国劇場   悪の華
  19日(水)   新橋演舞場  九月花形歌舞伎
  23日(日)   国立劇場   本朝廿四孝
  24日(月)   サザンシアター 昨日までのベッド
10月も数が多かったりします。
10月 4日(木)   シアターサンモール Sons
   6日(土)   コクーン   三人姉妹
   7日(日)   アートスフィア 三人姉妹
   8日(月)   国立劇場   天下茶屋むら
  21日(日)   パブリックシアター ラ・ヴィータ
  未定       紀伊国屋   文学座公演
多いなぁ。
観劇レポートをちゃんと出せるだろうか。不安だ。(3:58)

やっと、文学座通信が届いた。
台風の所為で湿度が高く、濡れてふやけている。悲しい。
さて、『The Blue Room』。内野聖陽さんのファンサイトを覗いてみると、フライングでの好評だったみたい。どうやらtptに問合せの電話が多かったり、文学座にも問合せの嵐だったらしく、まだ騒がないでというような事を書かれていた。
確かに、公表前に騒いだら白紙になるわな。
私も興味あったが、直接問合せはする気はなかった。しないのが普通じゃないのかな?だって、変に騒いだら、2度と使ってもらえなくなる可能性だって高いんだよ。
私は、tptのHPが更新されないかな〜なんて眺めているだけでも幸せなんだけど。(14:14)

September 09, 2001

公務員試験。

今日は、都庁の試験でした。
受からないよ。
時間配分が出来て無いよ、自分。
作文も書けて無いよ。あ、作文じゃ無くて「論文」だ。
ダメダメ尽くし。
来年度はぷーちゃん決定かしらね。
派遣社員にでもなるか。
課題は出来ないわ、就職試験はだめだで、私の人生どうなっちゃうんだぁ!!

ひとまず、明日は台風の中を講座に行きます。
お金をさっさと振込んでおいて良かったわ。
振込まなかったら、落ち込みの余りに、講座を辞めちゃったかも知れない。(21:43)

September 08, 2001

課題提出しました。

月曜日が締め切りなのに、金曜日に課題を提出した私。何やってるんだか。おまけに、出来上がった物はつまらないときちゃぁ、遅れた意味無いじゃん。アホやなぁ。
月曜日には、講座に行っても気がそぞろ。課題の半分までしかできていませんでした。そして、気が付くと金曜日になっていた。金曜日、仕事が終わっても職場で話があって、なかなか課題に手を加えられなかった。月曜日にはKさんから「金曜日ですね」と念を押されたのに・・・・・・。職場から急いで帝劇地下へ行き、神戸屋に入った。何故か。そりゃあ、課題を終わらせる為よ。結局、18:25で時間切れ。稽古場へ駆け込む。まだ、講師がいらしていないのを幸いに、場割、登場人物を書く。そこに後ろからKさん。「まだ途中ですね。」とても優しい声で囁かれるものだから、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいだった。で、参考文献、あらすじを書くぞと思ったら、特別講師の入場。もう、原稿用紙に向かう気力も失せてしまった。
講義終了後、Hさんへ課題を渡してなんとか終了しました。今度は、これを講評されてしまうのよ。ごめんね、みんな。こんなつまらない物を書いてさ。
後期の講座料も支払ってしまったので、辞めるわけにはいかないさぁ。やはり、さっさとお金を入金して自分に枷を課さないと、ズルズル過ぎていく私。あと半年。どうなることやら。来年も続けたいよなぁ。

先日、tpt『ガラスの動物園』をベニサン・ピットで見てきました。地人会での公演を観たことあるんだけど、今回の方が面白かったかも。最前列だったのもポイントなのだけど。
156人しかいない客席。
俳優の息がかかるほど近い舞台。
匂い、風、声、光、舞台って良いなって思う。
私の夢は、舞台に関係した仕事に就くこと。三十路が目前に迫る今でも、そんな夢を持っている。
ここを読んでいる、あなたの夢は何ですか?

そうそうtptと言えば、12月に内野さんが出演されるらしい。デヴィッド・ヘア作『The Blue Room』を日本初演。内野さんらしい、仕事の選び方だと思う。同じような役は2度と演じない。そんな感じを受ける。気になるのはお相手。まだ公表されていないようです。ベニサンスタジオと私の職場、結構、近かったりします。仕事帰りに行ってしまったりして。
新しい事にチャレンジする内野さんを応援しています。(15:00)

September 04, 2001

memo

博多座エリザベート 10月21日 山口楽 1階 3列目←このチケットは、高騰しそう。

September 02, 2001

月末の銀行。

8月31日に午後半休を取り、芸術座『極楽町1丁目』のゲネプロを観に行った。お昼を食べ終えて、13:30頃に勤め先から出ました。ゲネの時間まで余裕が有ったので、途中、神田にある銀行へ寄ったんです。通帳がATMで記帳できなくなっていたので、磁気を直してもらうのが目的。
私の勤めている所では銀行へ行く用事も無いので、月末の銀行の凄まじさなど知る由もなかったの。14:10に銀行へ行き、ひとまず、別の通帳をATMで記帳すべく、長い列に並びました。10分程度待って、なんとか記帳は済み、今度は窓口の整理券を取った。
ATMの列が長いなって思いながらソファに座り、今日の日付を考えると、月末だったのだ。初めての月末の銀行を経験してしまいました。
窓口も、かなり待たされ、終わったのが14:50頃。
芸術座の集合時間は15:00だから、遅刻するのは自明。
銀行から地下鉄の駅まで走ったわ。しかし、日比谷の駅に着いたのは、15:10頃。(10:30)
兎に角、遅刻をしてしまったのさ。情けない。銀行に寄らずに直接行けば余裕だったのにね。
結局、ゲネは16:30からだったというオチがついていたりする。

今、仕事の合間に課題に手をつけていますが、ネットとパソコンが繋がっているので、オークションを眺めながらだったりします。
今回の注目の品は
激レア!! 山口祐一郎 写真付サイン色紙です。
これって、カード会社の貸切で抽選会があったはずだから、その賞品なんだろうな。500円開始で30500円の値段になってます。
私も、カード会社を変更しようかしら。(13:25)
さて、まだまだヤフオクウォッチングしています。
これから高騰しそうなチケットを発見!!博多座「エリザベート」山口トート千秋楽 博多座「エリザベート」千秋楽
今はまだ、私にも手が伸ばせそうですが、これから化けると思われます。
入札してみようかしらね。(13:38)

« August 2001 | Main | October 2001 »

October 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

  • お気に入り♪
  • 戯曲 シナリオ
  • 戯曲