« June 2001 | Main | August 2001 »

July 31, 2001

前期の講座が終了しました。

あっという間の数ヶ月でした。先日、前期の講義が終了しました。
4月中旬に試験を受け、5月から本格的な講座が始まり、そして7月末で前期が終了。
前期は3ヶ月しかなかったのね。でも、とっても濃い日々でした。
そして、1ヶ月の休日。
「講座の日に、課題を書くようにしましょう。」
と念を押されてしまいました。確かに、そうしないと課題が終わりません。
「締め切りは守りましょう」
とも・・・・・・・。
1ヶ月。
この1ヶ月で何が出来るのだろうか。
取材旅行、梗概、下書き、清書。
人で混雑しているだろうが、今週末に取材旅行へ出かけよう。
幸いなことに、日曜日に仕事が休める。良い機会だ。
智恵子が生まれ育った福島へ行こう。
安達太良山を見に行こう。
智恵子の足跡を辿ろう。
やりたいことがいっぱいある。
やってみて、何も得る事が無いかも知れない。でも、行くだけ行ってみよう。

July 29, 2001

楽屋口前

自分自身が出待ちしていた時は気にしていなかったものの、出待ちの人の存在は、楽屋口から出てくる者にとっては怖いものです。講座が終了してから出るのですが、出た途端に注目を浴び、そして落胆される。期待していた俳優さんと違って私のような訳の判らない人間が出てきてしまっては、落胆されるのも当然なのですけどね。注目されるのが、はっきり言って怖い。決して、一人では楽屋口を出ることが出来ません。
きっと私も、そういう目で見ていたんだろうな。今更ながら反省しています。

講座に来てすれ違った俳優さんは、山口祐一郎さんと大地真央さんの二人だけです。少ないなぁ。友達は、先日、今さんとすれ違ったって言ってましたけど。なかなか会えません。
風と共に去りぬの公演が既に終了していても楽屋口に待っている人がいるんですが、待っている人の年齢から考えると、井上芳雄君待ちなのかなって思っています。実は、井上君ファンのオフ会に出たことが有るものだから、知っている人がいるんじゃないだろうかなんて思ってます。実際、見かけていたりするのだけど・・・・・・。見ても、声をかけないでくださいね。だって、照れくさいですもの。

July 26, 2001

ここのところ調子が悪すぎ(泣)

久しぶりに日記を記入します。

昨日、愛機の引き取りに来てもらいました。
来週には見積もりが届くことでしょう。直らないと何も出来なくて悲しい。

昨日から体調を崩してます。
腹痛が辛く、冷房のあたりすぎが原因だろうと思われます。
山のように残っているレポートを少しでも提出したいと思うものの、体が言うことを聞いてくれない。
一応、昨日、少しは手をつけたが完成していない。
どうしよう・・・・・。

日記の更新が滞っているものの、毎日アクセスしていただきありがとうございます。
私の日記の何に魅力を感じられたのでしょうかね。
出待ち情報?
それとも、遭遇情報?
ここのところ、自分自身に余裕がないので出待ちの話も遭遇の話もありません。
ごめんなさい。
−−−−−
今のところ、ナーバスになっている私です。
「風と共に去りぬ」を見て、そのパンフレットを眺め、劇作家講座の募集を眺めると、
つくづく、1期生になれて良かったなって感じずには、いられません。
だって、2期生の受験となったら、私は合格しなかっただろうから。
今の講座でさえ、優等生でない私。
東宝の担当者さんも、合格にさせて後悔されていることでしょう。
おまけに、こんな訳の判らない日記まで書かれて。(講座生のくせに内容の薄い事柄しか書けないし)
来年、残れないんだろうな。
一体全体、どういう人が残ることが出来るのでしょうか。
文才に恵まれなかった自分が悲しい。

取材旅行に出ようと思うものの、まだ、8月のスケジュールが決まっていません。
8月から職場に新人さんが入るのですが、その人が来てから、勤務表を作成することになるらしい。大変だぁ。
私の希望が叶うかどうかも未知数。
おまけに、母の再検査の話も出ていて、自分自身の精神自体、辛い。
検査の日は、仕事を休んで自宅に待機したいし。だって、また病院から電話があったとしたら対応できないでしょ?
・・・・・母の病気について病院から連絡が入った話をシナリオにしたら面白いのだろうか。こんなことを考える私は親不孝者だね。

暑い日が続き、体調も不調で悪いことばかり考えてしまいます。
こんな変なことばかり考えていると、精神方面の病気になりそうだよね。
自分は強いと思っている人が本当は弱くて、精神的に参るものだって話を耳にしてから、少し心配だったりする。でもまあ、明るく日々を過ごしましょう。

July 21, 2001

日記の更新をしていなかったのに、アクセスが・・

16日に、講座を終えて帰宅したところ、愛機のPCの電源が入らなくなっていた。
あまりの暑さで壊れてしまったようです。
パソコンのない生活。
辛い。
メールできないし、仕事で行けなくなったお芝居のチケットをさばけない。
悲しすぎる。

July 16, 2001

暑さ負けする〜

ここの日記の更新も、以前と比べて遅いです。これもひとえに、暑さゆえ。
暑いの苦手です。

先日、『風と共に去りぬ』を観に行きました。
A席です。
観て思ったのは、B席でも良かったなって。
駄目だ、ありゃぁ。
アトランタ陥落で終わりにして、後日、続きを上演する方が良いと思う。
プログラムを読んだら、昔は、そうだったらしい。
あの時間で、あれだけの話を詰め込むには辛すぎる。

July 14, 2001

観劇レポート

講座の課題として、「観劇レポート」「必読戯曲レポート」等があります。
6月下旬にシナリオを提出したから、時間にも、自分の気持ちにも余裕が出てきたので、それらのレポートに着手しようと思ってます。
早速、昨夜、5月に観劇したもののレポートを提出しました。
「観劇レポート」はA4サイズ2枚分です。「戯曲レポート」はA4サイズ1枚分。
書き始めると、時間を忘れて書き進みます。多いなって思った枚数も足らなくなる事も。ただし、良い文章を書いているとは限りませんけどね。
観劇レポート、1回の講議に1作品提出したいと思っているものの、なかなか難しいですね。暑いと寝てしまう私だったりするから。

今朝も、9:30まで寝ていました。(父から、「暑いのによく寝てられるな」なんて言われちゃいましたけど。)
私の部屋にはエアコンはないし、扇風機も面倒だったので回さなかったんだけど、熟睡してました。精神的に不安定な人って寝ていられないって言われてるけど、私には、そういう心配は無用のようです。

観劇レポート、東宝でのお芝居で提出していないものだから、最近は観劇の御招待が無いのかなって思ったりもします。8月は夏休みなのだもの、今のうちに、7月8月分の御招待をお願いしたかったりします。
性根を入れ替えて、東宝の作品でのレポートを提出しようと思ったりも・・・。
昨夜、出席簿が広げられていたので覗いてみたら、2名が辞められたようです。1名は、入所式だけ出席して。もう1名は、欠席が続いて。
自分自身の気持ちも引き締めないとならないとつくづく感じました。
なんとか、前半は過ごせました。講座って、結構充実してるんです。楽しいし。来年も残れたら良いなって感じる。残りたい。

取材旅行の件、母に言ったところ、付き合ってくれる事になったとは昨日の日記で書いた事ですけど、取材旅行が待ち遠しい。
本音を言えば、今月中に書き上げ、暫く自分の書いたシナリオから離れ、時間が経過してから推敲したい。6月の課題は、自分でも空中分解してしまったから、今度こそ、納得した作品を書きたい。
そうそう、「テアトロ」に載っていた広告でシナリオを募集しているものがあった。前回提出したものに手を加えて30枚程度にして応募してみたい。
無茶なチャレンジだが、挑戦するのはただだし。見つける事からして、運だし。9月に加筆してみよう。

July 13, 2001

e+

久しぶりにe+にアクセスしてみた。
忘れていたが、第三舞台『ファントム・ペイン』のプレオーダー受付中だった。アクセスして良かったとつくづく思う。
e+は、第2希望まで聞いてくれるようになっていたのね。ただ、私が申込んだ日の場合、第1希望までしか聞けないようになっているらしい。
まあ、いいけどね。

歌舞伎の勉強もしようと思い、9月大歌舞伎の優待申込もする。1日通し券。
1日中、新橋演舞場にいることになるのだが、こういう経験も良いと思う。
そうそう、8月大歌舞伎の申込をJCBでやろうと思う。
なんせ、演出は野田秀樹。
これは観なくちゃね。

暑い日が続く。
数日前に梅雨明け宣言もされた。
もう少し、夏向けの洋服を買いたいな。
最近、Tシャツばかりで過ごしている。もうちょっとお洒落しろよ自分。
汗をかくだけ健康なんだろうけど、クーラーの効いた部屋が好き。
冷房病に罹ると汗腺が莫迦になり、汗をかきにくくなるらしい。体温調節が出来ない体へとなるのだとか。
その点、汗をかくのは良い事なのだ。
でも、今、汗でびっしょりだったりする。

そろそろ、課題に手を出そうと思う。
夕べ、母と福島へ取材旅行に行くからつきあうようにお願いした。
新幹線で行けばすぐだもの、「ついてくよ」って返事された。持つべき物は母親だね。
交通費は私持ちなんだけどさ。
それよりも、母の再検査の日程が気になる。
再来週あたりに病院へ行くという話を聞いているのだが、そうなると再検査は8月中か?
暑いが体力は大丈夫なのだろうか?
手術となると、傷口が膿んでしまわないか心配。
いくら高齢の親だと言っても、心配。
ここ数年の医療事故を見たりすると、麻酔から目が醒めないのではないかとか、
お腹の中にメスを忘れないだろうかとか、
心配。
ぶっちゃけた話、私が産まれる前、母はとある手術して、術後が良くなくて何年も病院へ通っていた。
私を産んだ後も、私を連れながら県内の病院をいろいろ通っていたのだ。
医師と看護婦が無駄話をしながら手術していてのミス。
母も、辛かったんだよね。
それを思い返すと、これからだって、どんなミスをされるか知れたものではないのだ。
医者を信用していないわけじゃない。ただ、人間はミスをするモノなのだ。
ミスをしない神のように完璧な人物って存在しないのだ。
 と言うものの、こんな私の気持ちを母に伝える事は出来ない。

July 10, 2001

夏風邪から、復活(^^)

なんとか咳は止まるようになりました。
昨日までは、頭がボ〜〜〜〜ッとしていたんですが、なんとか治まり、
講座の復習もできるようになりそうです。
毎日暑い日が続いたために、体が悲鳴をあげたんですね。

地人会の会員にもなりました。
チケットとろうかどうか思案中です。
今回のリリオホールのチケットが少しお安く手に入るみたいなので嬉しい。
風間杜夫と三田和代が出るのだが、風間さんは今現在、話題の人ですね。

週末に『風と共に去りぬ』を観に行きます。
帝劇。
一日中、帝劇。
それまでに体力を復活させなくっちゃ。

先日、講座で私の提出したものについての講評会がありました。
あんな空中分解した作品を講座生に読んでもらって申し訳なかったりします。
頭の中で考えていたように筆が進まないのが悲しい。

July 06, 2001

風邪をひいてます。

毎年の事ながら、風邪をひいてます。夏風邪ですね。
喉が腫れていて、咳がゴホゴホ出てます。
昨日と今日、仕事を休んでしまいました。辛すぎ。
講座にも出られるかどうか・・・。体調が悪いのは本当に辛いですよ。

今日、自宅で、ワイドスクランブルを見ていました。
『風と共に去りぬ』のゲネプロの様子が写ってました。
山口さんの歌も流れて・・・、山口さんの名前も出、もしかしたら東宝は山口さんを売り出すつもりなのかもって感じました。
これからも、東宝の舞台には山口さんを使うのでしょうかね。
歌は素晴らしかったです。
ビデオに撮れば良かったかも。

夏の盛り、明日は七夕です。
職場で、七夕のイベントが有るんですけど、一応、私が中心なんですけど・・・、昨日と今日で作り上げる予定だったんですけど・・・、仕事を休んじゃったしねぇ〜〜。
家で、プランを建てないとならないよね。
ヤバいよネ〜〜〜。
も〜〜〜、暑いのでシャワーを浴びて来ます。

July 03, 2001

風邪は辛い。喉が痛い。仕事探さなくっちゃ。

6月下旬から、ずっと喉の調子がおかしかった。風邪の兆候が現れていたのだ。まずいな。職員が少ない状況で休んでしまったら、仕事に穴を空けてしまう事になる。それは、ダメダメなのだ。
毎朝うがいして、それでもイガラっぽい。扁桃腺が腫れそう。それに喘息気味。心臓も弱ってきてるし、精神的苦痛が有ったかなぁ。
頭痛はガンガン。食欲もない。少しフラフラしてる。
やっぱ、精神的苦痛も体調不良の原因だと思われる。

7月に入り、講座では講評会が行なわれている。先日、2度目の講評会だった訳なのだが、他人の作品を読めば読むほど自分の作品に対して落ち込んでしまう。オリジナルの話を書いた自分が情けない。原作があって、それを脚色する方が気楽だったであろう。・・・・・脚色も良いなんて知らなかったよ。それに、1場完結なんでしょ?なんか、関係無かったみたい。長編の中の1場を提出してる人多いしさぁ。自分が情けなくなってくるよ。
まじで辛いから、一応、ココで日記は終了。帰宅してから続きは書くわ。

July 02, 2001

ぷーたろーになる事を・・・

29日に、4月から私がぷーになる事を母に告白しました。
私が帰宅した時には、もうお布団の中に入っていた母を起こしての告白。
私が明るく言ったので、「それほど深刻じゃないんだな」って感じてもらえたようです。そりゃねぇ、失業保険が貰えるんだもの、明るく言えるわ。おまけに、誕生日が来れば私も30歳。30歳を過ぎると、貰える期間が少しだけ延びるのよ。そういう部分でも、「私ってラッキーだよね」なんて事を言うから、母も安心してくれて、こっちもホッとしました。
バイトだって、何だってして生きていけるんだもの。深刻になる必要は無いわ。
29日には兄にも告白。30日に父に告白。これで家族は全員、知る事となりました。

29日と言えば、自分の戯曲が講座生に配られました。恥ずかしいなぁ〜〜。駄文だもので。
つくづく、自分の書く文字の汚さにも落ち込んでしまいます。
帰りの電車で読み返したのだけど、ダメだね。戯曲になっていない。私の1作目だけど、これからが心配だわ。

« June 2001 | Main | August 2001 »

October 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

  • お気に入り♪
  • 戯曲 シナリオ
  • 戯曲