« May 2001 | Main | July 2001 »

June 29, 2001

ひまだな

掲示板の書き込みの27番を参照
へ〜、こういうかきこみあるんだ。Lycosで「さるさる 山口 祐一郎」を検索したらヒットしました。面白いね。

チケットを手放すのは辛いです。

6月になり、職場で辞めた人が出てきたために、無駄にしたチケット数知れず。悲しい思いをして参りました。私自身の体が弱いのも原因ですね。今朝も、バスに乗るために走ったら不整脈が酷いったらありません。弁膜症なので、「弁が開きっぱなし」を感じて自分で自分が気持ち悪かったりします。加齢するごとに、心臓も弱ってきています。母に言うと心配をかけてしまうので、言わないでおきましょうか。ここのところ、精密検査もしてないんだよね。我慢して検査しようかな。

さて、6月に無駄にしてしまったチケットですが
 2日(土)『贋作・桜の森の満開の下』
 8日(金)『蜘蛛巣城』
23日(土)国立劇場での勉強会
5月には文学座『思いでのブライトン・ビーチ』
もったいない〜

そして、7月4日(水)文学座アトリエの会『ペンテコスト』に行けなくなりました。8月4日(土)『風と共に去りぬ』これも仕事で行けません。しわ寄せが来てるのよ。折角、休みだと計算してチケットを取ったのに。「辞めてやる!!」と思ったりもするけど、なんせ、講座の受講料も払わないとならないから、仕事を辞めるわけにはいきません。大人って辛いのね。ピーターパンのように、ずっと子供でいたかった。

そう思い悩んでいたところ、私が担当しているモノが閉鎖することになったらしい。つまり、3月いっぱいでお役御免ということらしい。退職金は出ないけど、失業保険は直ぐに頂けるわけだから、潮時だったわけで。結構、タイミングが良いのね。私って。
来年の4月からは何をしようかしら。
この際、劇作家への勉強を頑張るしかないのかなぁ。
本腰入れましょうかね。
まあ、5時起きの必要が無くなっただけでも幸せ者よね。

4月からのバイト・・・・・
新橋演舞場とか、帝劇とか何か無いかしらね。
松竹のHPなどを見ると、松竹チケットホンの電話受付とか、新橋演舞場の案内スタッフとかを時々募集してますよね。そういうのも狙い目かなって思う。
東宝のHPでは特に募集してなくて、募集があったとしても映画館だったりするので難しいな。知識も無いし。
あ、地元で高校等の実習助手の募集も年度末にあったりするんだよね。それも良いかも。
また転職活動か。ガンバろっと。
いつ、両親に告白しようかな。タイミングを考えると辛い。なんせ、両親は年金暮らしだし。なるべく心配かけたくないんだよね。

June 28, 2001

台本

ミュージカル「エリザベート」 一路真輝 山口祐一郎 高嶋政宏 帝劇上演台本

「風と共に去りぬ」大地真央 山口祐一郎 帝劇台本(ポスター付き)

昨夜発見した台本です。この出品者は、前にも『風共』の台本を出品してましたね。その時は59000円になりました。そのせいか、今回の品物は3万円と4万円スタートとなってます。どんなに高くなっても購入する人がいるから、そういう値段からスタートしてしまうのよね。
私なんて貧乏だから、どんなに欲しくても我慢してしまいます。

June 27, 2001

地人会の会員になるぞっと♪

昨日、地人会から、いつも通りにDMが届きました。
「何のお知らせかなぁ〜〜」
とワクワクしながら(割と、地人会の公演が好きなの�。)開封したら・・・、地人会の会員募集のチラシまで入ってました。
「ふふふ〜〜ん」
と眺めていたところ、
「へぇ〜〜、パーティが有るんだぁ。出席者はぁ、う〜ん、誰だぁ?」
と見てみたところ、どうやら、今まで地人会の公演に出席した人たちが参加予定らしく、私が大好きな内野聖陽さんの名前が載っていました。あくまでも出席予定なのだけど、も〜〜〜〜会員になるしかないよね。当然ながら、すぐに申込しました。昨夜投函し、今日、入金。ぜんはいそげです。そうでないと、受付終了になりかねない。

それで、地人会のHPが存在することも知りました。早速アクセスしたところ、『ロミオとジュリエット』のパンフレットの在庫が無くなったそうな。皆して申込んだのね。なんか、私、出遅れてしまっています。もしかして、パーティーの事も、他のうっちーファンには既知?その可能性は高いよね。

昨夜は『屋根の上のヴァイオリン弾き』を観たのですが、講座の友達が、やはり地人会からDM届いたらしく、見せてくれました。
「ありがと〜〜〜」
って感じです。ホント、申し訳ない。帰りの電車で、「実は、うっちーのファンなの」ってカミングアウトしておいて良かったかも。うっちーファンって告白するのは恥ずかしかったけど、いろいろと気を回していただけて嬉しいです。この場を借りて、本当にありがとうですぅ〜〜。

さて、今日の初体験ですが、
松竹大竹図書館へ行って参りました。
松竹の建物の中に入ると受付のお姉さんがいて、ドキマギしてしまいましたが、そのお姉さんの奥に図書館があります。とっても静か。
入り口にドアチャイムがあって、出入りすると音が鳴るようになってます。
今日の目的は、夏休みの課題のソースとして智恵子関係を集めること。
古い作品で『智恵子抄』(そのものズバリだね)がありました。昭和30年代の台本と昭和50年代の台本。悩んだ挙げ句、昭和30年代の初演の台本をコピーして頂くことにしました。
そして、昨年の12月にあった『智恵子飛ぶ』これって、三田佳子さんが降板した作品ですね。これはまだ目録に登録されてなくて、奥から出して頂きました。これもコピーですね。
『天涯の花』もコピーしたかったけど、諦めた。

June 26, 2001

どうにか第一回目の課題提出

なんとか、課題提出しました。
遅いな私。
ワープロで出した方が楽だったかも。でもね、大学でレポートを作ってる時、ワープロだと文字が綺麗すぎて完璧に書けているって錯覚しちゃうのよね。後で必要だと思い返しても戻らないし。
だから、戯曲は手書きにしました。
ほとんどの人がワープロ。時代の流れよね。
提出した人の中から少しだけ講座生に配付されました。
斜め読みしかしてないけど、皆が上手に見える。
私一人が落ちこぼれって感じてしまう。辛い。

夏休み明けに第二回目の課題提出が有ります。
題材は、前から決めてました。
夏に、福島へ取材旅行へ行こうかと考えてる最中。
福島だったら、自分で運転していっても良いし、電車に揺られるのも良いし・・・。
さて、資料も集めなくちゃね。

明日は『屋根の上のヴァイオリン弾き』を観に行きます。
『屋根ヴァリ』そのものが初見。楽しみ。
母に言ったら、「西田敏行が出るなら面白そうね」などと答えられた。そんな母は『釣りバカ』が好きな初老の女性だったりします。
今度、再演があったら連れていくからね。お母さん。

講座が終了し出口に行ったら、女性が15名くらい立ってました。
結構、威圧感が有るのね。
出口付近に立ってる女性は、お稽古待ちをしているかと思われます。
あと9日で開幕するミュージカルのお稽古待ち。
一体、何時まで待ってるのかしらね。
お稽古待ちをしている女性たちの目は見ませんでしたが、睨んでたのかなぁ?
もしも睨まれていたとしたら恐いわ。

今回の課題を提出したわけだから、今まで貯まりに貯まっていた観劇レポートと必読戯曲レポートを書き始めないとなりませんね。
観劇レポート、5本分有るのよ。
頑張らなくっちゃ。
次回の講座の日に、観劇レポートを2本くらい出せたらと思ってます。
頑張れ、私。負けるな、私。
今、頑張れば、道が開けるんだぞっと。

ここも、少しずつのびるようになりました。
嬉しいですよね。
でも、劇作家の生活に興味が有るのでなく、ただ適当に見てみたらここだった人が殆どなのでしょうね。
それでも、誰かが見ていてくれてるんだと思うと力強いです。

今後の観劇予定は、
26日 『屋根の上のヴァイオリン弾き』帝国劇場
27日 『キャンディード』東京国際フォーラム
7月14日 『風と共に去りぬ』帝国劇場
『キャンディード』と『風共』は自腹です(普通は当たり前だわな)

June 25, 2001

いよいよ締切

いよいよト言うか、とうとうト言うか、締切日になりました。
    ↑気がつきました?「と」が「ト」になってます。これもト書の特徴なわけで、

ひろ  疲れた。もう何もやりたくない!

      ト言いながらパソコンに向かっている

の様な使い方をするわけです。
この「と」を「ト」ト使用したのは歌舞伎が最初。歌舞伎で「と」を使用していたのならば「と書」トなっていたわけで、言葉って面白いよね。

さてさて、締切。
実は、まだ完成しておりません。
半分まで進んでいるのだけど、「ホントにこれで良いのかなぁ〜〜〜」などと悩んでいる最中であります。
こんな事をしている暇が有るならば、完成させるのが先ですよね。
どうしよ〜〜〜〜。
何処にでも有る様なホームドラマになってしまいました。
これを講座生に配られるのかと思うと、片腹痛い。
落ち込みそうです。
どうしよう、まじで、どうしよう。

そんなこんなで現実逃避を致しましょう。
先日は、『ハロルドとモード』『ハムレットの悲劇』をはしごしました。
青山円形劇場で観て、軽く食事をしてから世田谷パブリックシアターへ行ったんですけど、青山円形劇場の椅子って疲れるのね。
青山劇場の椅子は全然疲れないのに、円形劇場はお安い作りになってます。

井上君のハロルド、去年よりも良くなってました。
セリフ回しが自然になって来て、肩の力も抜けて来た感じ。
成長していて、観ていて嬉しくなります。
それにしても、動きが多いのね。
あんなに舞台上を動き回るなんて想像してませんでした。
今後が楽しみです。
アンケートにも記入して来たので、今後、お知らせが届くかなって期待しています。(内心、『エリザベート』の凱旋のお知らせなどが届いたら嬉しいですよぉ)

ピーター・ブルック演出の『ハムレットの悲劇』日本語字幕が出て理解できてるけどさぁ、やっぱ英語の勉強をした方が良いなって感じずにはいられませんでした。
劇場内では、有名人をお見受け出来ました。やはり、作品が作品ですものね。日下武さんはピーターさんと握手をしてから座席にお座りになられてました。
そうそう、スタンディング・オベーションしてる人もいましたね。前の席でやられると迷惑だけど気がついてない感じ。カップルさんでした。日下さんのお隣近くに座られていたから、有名人だったかも(苦笑)

さぁてと、シナリオを完成させましょうね。

June 24, 2001

逆オークションってどうよ?

♪逆オークション 「女たちの十二夜」のパンフレット
ここのところずっと、オークションネタばかりの私。
どうも、締切が近い為にキレやすくなっているんです。
原稿締切が25日、つまり明日なのだけど、半分しかいってません。話の盛上りが今一つで悩んでる最中なのです。シナリオって難しい。
さて、オークションですけど、今回取上げた品物ですが、コピーでも欲しいっていうのよね?それなら、東京へ出て来た際に東銀座へ足をのばし、「松竹大谷図書館」へ行かれた方が宜しいかと思うわけよ。
コピーをお願いした翌日の午後に取りに行かないとならないけど、逆オークションをかけるよりも確実に手に入るでしょ?どうしてかなぁ。オークションに参加出来るならそのくらいやっても良いんじゃないかな?
この人なら『エリザベート』だって東京へ観に来たんだろうし。その時、帝劇から足をのばせば大谷図書館に行けるのに。
但し、土日、祝日は閉館ですけど。
そして、仕事帰りには寄る事が出来ない。仕事が終わる頃には閉館してるから。
ちょっと前の日記にも書いたけど、いずれ行きたい所です。実は、まだ行った事がなかったりするのです。
ここ最近は、課題があったので仕事を早終わりして職場を出たりしたものの、流石に大谷図書館へは行けませんでした。行ったら、絶対に課題が終わらないですもの。
つくづく、東京って便利ですよね。
私の住んでいる所には、歩いて数分の所に公立図書館があるけれども、シナリオなんて置いてないもの。普通の図書館には置いていない物だから無くて当たり前なのですけどね。
大谷図書館って、どんな雰囲気なのだろう?楽しみです。

さて、残りの半分に手を入れましょうかね。
課題ですが、くだらないホームドラマになってしまいました。それも、ありがちなパターン。こんなのを講座生に回して読んでいくなんて辛すぎる。イヤだなぁ。出来の良い作品だけを配って意見を出し合った方が時間的に良さそうな感じなのにね。
シナリオの書き方をインターネットで調べて、原稿用紙に書いていってるのですが、テレビのシナリオと演劇の戯曲って違うのよね。インターネットで出ているシナリオの書き方はテレビドラマ用ばかり。演劇の戯曲はちょっと違う。誰か、舞台の戯曲の書き方を教えて〜〜。

濡れ手に粟?

『エリザベート』梅田コマ 千秋楽8/31(山口トート)B席1枚
これを見ると、真面目に仕事をしているよりも、電話を掛けまくったり、プレイガイドに並んだりした方がお金になるような感じを受けてしまいます。そんな感じを受けるだけで、決して、自分でやろうとは思いませんけどね。
このチケット、梅田だから5000円。それが4倍の金額(21000円)に化けてしまうんですよ。プラチナペーパーとはそういう物なのでしょうけど、真面目にデスクワークしていくのがアホみたいになりません?
B席だから、いっても1万円くらいと思っていたら期待を裏切られた品物。山口さんは天井知らずって感じかしら?

ヤフーオークションで「山口祐一郎」で検索をかけると、劇団四季に所属していた頃のパンフレットとかが高値で取り引きされている様子が見受けられます。
手に入らない物を手に入れたいと思うのがファンの心理。
私も、好きな役者さんのパンフレットを機会があれば手に入れたいと思ってますからファンの心理って判ります。
でも、神保町の古本屋さんへ行って、根気よく探せばゲット出来ると思うんですよ。舞台のシナリオなども売っていたりするし。
ただ、本に囲まれると探すのが大変。
私が行くのは矢口書店周辺です。
ちっちゃいけど、本は揃っている感じ。
近くに新しい古本屋さんもあって、そこは、本がビニール袋に入れられてるので綺麗ですね。店員さんに言わないと中が見られないので、それが面倒。
そこは、劇団四季のパンフレットが揃ってます。
歩きやすい靴、疲れない服装で行かないとまいっちゃうけど、探していた物が見つかると嬉しい物です。
梅雨の季節には行き難いのですが、近々、本を探しに行きたいなって思ってます。今度はシナリオを重点的に見たいな。

そうそう、他に私が行きたいのは松竹大谷図書館です。
東銀座にあるのですが、映画や舞台のシナリオが揃っているんですよね。1枚50円でコピーもお願い出来るらしいのです。
もう一つ、早稲田演劇博物館。
なかなか早稲田まで行く機会がないんですよ。
ここも入場料はかからないし、いろんな展示が有るし、面白そうなんですよ。
仕事が休みの時に東京に出るのも辛いのですけど・・・。
仕事を休むのももったいないし・・・。
体力が欲しい。

June 23, 2001

プラチナペーパー再び

http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b11204456
梅田コマ<エリザベート>8月31日1階SS席5列目#1

http://page3.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c6958985
梅田コマ<エリザベート>8月31日千秋楽1階SS席5列目#2

http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b11176698
【千秋楽】SS席6列目★エリザベート★8/31(金)1時★山口トート★夜お茶会予定

http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/37998338
梅田コマ『エリザベート』8月31日千秋楽SS席1階8列目センターど真ん中2枚

梅田コマ劇場での『エリザベート』千秋楽のチケットは良い値段です。
既に定価を超え、最終的には、もっともっと高値を更新する事でしょう。
逆に、意外に伸びないのが帝国劇場『風と共に去りぬ』のチケット。
このチケットは、まだ東宝テレザーブで取り扱っているからなのでしょうか。

http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/37821339
劇団四季「オペラ座の怪人」CD(1988年)・怪人市村正親・ラウル山口祐一郎

http://page3.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c7084313
劇団四季 オペラ座の怪人 CD オリジナルキャスト版 市村正親 山口祐一郎 野村

これは、ヤフーオークションの中で常に高額になる品物。
今ではCDショップへ行っても売ってないからですよね。しかし、何万円も出費して・・・、お金持ちが多いのだなって感じのみです。

『風共』ですが、8月のチケットを手放さないとならない状況になってしまいました。
折角取ったのに、残念です。
仕事の為だから、やむをえないのだけど・・・。
人が辞めると、皺寄せが他人に来る。最低です。
5月いっぱいで辞めるのだったら、3月いっぱいで辞めてくれれば良かったのに。だから、そういう人だから嫌われるのよ。

・・・、ちょっとイライラしています。
仕事の為に無駄にしたチケットは数知れず。
職場の人の愚痴る訳にいかないし、家族にぶつけるのも申し訳ないし。
辛かったりする。
今が踏ん張り所、頑張らなくっちゃ。
昨日は、新人候補さんから電話が入り、私自身に余裕が出来そうな予感です。
入るなら早く入ってね♪(だが、今週は旅行、暫くしたら絵の展覧会の為に忙しくなるらしい)
自分勝手な人かも知れないけど。

June 22, 2001

セイムタイム・ネクストイヤー

21日にかめありリリオホールで『セイムタイム・ネクストイヤー』を観に行ってきました。当日券でした。
夕方にリリオホールへ電話をかけ、当日券の有無を確かめたら、18時から発売ということで、がんばって亀有まで行きました。行ったかいがありました。
ちょっと驚いたのだけど、亀有駅前でチラシを配ってるのよね。それだけ席が空いていたのかな?公共施設なのに駅前でチラシ配りというのが・・・・・。

加藤健一の舞台はリリオホールではマメに行なわれている所為か、お客さんは笑いまくりです。
シャンパンのコルクをキャッチするお客さんがいたのだけど、羨ましかったです。やっぱ、前の方の席に座らないとキャッチできませんよね。
お話はある男女の25年間の話。そして、これからもこの関係が続くということを暗示して終わりました。

加藤健一の舞台は初めて観ました。
開演前に加藤健一事務所の研究生と思われる女性の前説。ちょっとキャラメルボックスを彷彿させますね。
この前説も笑えます。ツボを押さえてます。お客さんも判って見ています。
女性のキャラクターも良さそうでした。
カーテンコールでは、加藤健一のお礼の言葉が拍手喝さいの中でも聞こえたのには感動です。最近、大きな劇場ばかり通っていたので、肉声でのお礼は聞こえなかったんです。大きな劇場に出ている俳優さんもお礼を述べているけど、口を読まないと判らなかったんですよね。
そして、お礼のあと、演技を続ける。
ああいうカーテンコールも有りですよね。

次回公演も観に行こうと思います。
かめありだったら、料金も安いですから。
良い収穫でした。
勉強になったって感じ。
パンフレットにもサインが入れてあって、お客の心をくすぐるしぃ。
パンフレットにサインを入れてる様子をテレビで見たことあったのだけど、本当にやってたのね。
それと、シナリオ本、今度買いに行こうと思います。
劇場でも売っていたけど、ちょっとお高めなので、図書券で買うつもり。なんといっても、1800円は、おたかい。

June 20, 2001

風と共に去りぬ

今日、友人が互助会で頼んでいた『風と共に去りぬ』のチケットが届いたらしい。
互助会で、チケットが取れるんだな。恵まれてるね。
つくづく、公務員って優遇されてるわって思う。(友人は公務員です)
頼んでおけば良かったのかしらね。
今更ながら後悔と言うか、・・・・・
A席だけどT列だから、いいじゃなーい。

最近、講座へ行っても芸能人とはすれ違いませんね。
出待ちの人は少しずつ増えてる感じ。
お稽古待ち、お疲れ様です。

June 17, 2001

大阪エリザ千秋楽チケット・・・

http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b10889534
千秋楽エリザベート山口祐一郎8/31(金)13:00 4列目センター

http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b10961424
♪大阪・梅田コマ「エリザベート」8/31千秋楽SS席2列目1枚♪#1

http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/37588385
♪大阪・梅田コマ「エリザベート」 8/31千秋楽SS席2列目1枚♪#2

結構、良いお値段になっているチケットを抜粋してみました。
山口さんの大阪公演は3日しかないために、プラチナペーパーになってしまうんですよね。
ミュージカルファンの財力には脱帽です。
かなり稼ぎの良いお仕事に就かれているのでしょうかね。羨ましいです。
私としては、宝くじに当たらなければ購入しようと決心することが出来ません。宝くじ自体当たらないので、購入することさえ出来ないことになりますね。

久しぶりの私の近況について記したいと思います。
劇作家の講座にも遅れても、お休みする事なく続いている私。
家族の協力が有るので続けられています。
講座では講師の話が早くて、ノートは書きなぐり状態。でも、帰宅して改めてノートにまとめてます。
実は、こんな事をしているから、課題を提出できていないんですよね。
観劇レポートは1つのみ提出。必読戯曲は0。ダメダメだわ。
今月末には1場の芝居を書かないとなりません。来週に提出だから、もう目の前。
電車の中でずーっと考えていたものの、まとまりませんでした。1幕の芝居の案はすぐに出てきたのに、たかだか1場の芝居を考えられない自分がもどかしい。
才能が、文才が無いのに戯曲科に入ってしまったのが間違いのもとだったのよ。
今日は、これから書きすすめなくっちゃ。
(試験の時に書いた話を発展させるっていう手も有る。まず、原稿用紙を用意しなくっちゃ)

日曜日だから、前の職場に遊びに行こうかなとも考えましたが、来週から観劇週間のスタートなのだもの、自粛自粛。
本職の事で相談に行きたかったりもしたのだけど無理ですね。
土曜日に新人さん候補と顔合わせしましたが、考えていた人と雰囲気が異なっていて、期待外れでした。これから仲良く仕事をしていけるかどうか悩み中。私の性格からすると無理そう。
新人さんを見極めるのって難しいですよね。楽しく仕事が出来るのが一番なのに・・・。

June 14, 2001

梅雨空

関東地方は梅雨入り宣言は未だですよね?でも、雰囲気的に梅雨に突入したように感じます。空気がひんやりとしていて気持ちが良いですもの。毎朝、とても早い時間に起床するのですが、冬よりも、この梅雨の頃の方が起きやすいです。呼吸するのも楽って感じ。ただ、気を付けないと風邪を召してしまい熱を出してしまいます。実は、寝る時は毛布を使用しているんです。タオルケットを使っていたら風邪をひきかけてしまったのですよ。ですから、朝になり調子が悪いのに気付き、急いで押し入れから毛布を出してしまいました。その夜からは快適な眠りに就くことが出来ました。良かった良かった。

雨が降ると、夜中雨音がしますよね。なんとなく子守唄みたいで、ぐっすりと眠ることが出来ます。勉強する時などは雨音がない方が良いですけど、あまりにも暑くなると虫の声が煩くなりますから、しとしとと湿っている方が良いのかもね。

今日のトップランナーは宮藤官九郎がゲストです。田辺誠一のいるんだかいないんだか判らないような司会とクドカンがどれだけマッチすることやら。先週の松たか子の時などは、田辺誠一は話してたか?四月物語で少し話をした程度だよね。黙ってれば良いだけの仕事も辛そうだわ。
私としては、田辺誠一が出ていた月下の棋士の続編、若しくは再放送を希望してるんですが、一向にやりそうもありません。あのドラマって人気なかったの?それとも、出演者が嫌がってるのかなぁ?最終回を見逃してしまったから、見たいのよね。一番良いのは、原作漫画を読めば良いのだけど・・・、最近、読書してない。(シナリオを読むのは読書じゃ無い感じするから含めません)
小説とかエッセイとか読まなくなりましたね。電車の中では眠りの世界を満喫しているものですから。電車の中で本を読むと目に負担がかかるから余計に敬遠してるのかも知れません。

さて、そろそろ明日に備えて先週の復習を行いましょうか。
今日、ちょっと心配なことに、左腕の肘が痛いのです。どうしたのでしょう?一応、右利きだから影響はないけれど、でも心配。なんだかんだ負担がかかっているのでしょうね。まずいなぁ。病院には行きたくないものね。もしかして、こんな天気だから痛くなったとか?それじゃあお年寄りなみジャン。運動不足も原因かも知れないけど、痛いのイヤ〜〜!

今夜の私の悩みは、腕が痛いことに決定かな。明日は休日なのにさいて〜

プラチナ・ペーパー

http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/37418433
今も仕事の合間にウォッチングを続けてますが、プラチナペーパーが出品されていますね。現在13:50ですから、あと3時間半後には終了します。今の段階で10万円を超える高額入札が入ってます。山口祐一郎恐るべし。
一体全体、何に驚いているのかと申しますと、♪♪梅田コマ『エリザベート』貴重品!!千穐楽8/31 山口トート【1階5列目】1枚なのです。大阪では3公演しかないのは周知の事実でありますが、まさか千秋楽で10万3000円を出すとは。いやはや、尊敬してしまいます。もう一人のトート閣下のチケットは、適正価格でのお取り引きが多い中、山口さんのはプラチナペーパーになるのは当然のことですよね。博多でも山口さんの出演は少ないらしいし。

http://page3.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c6773245
これなどは、手ごろな価格になるのでしょうか?■■帝国劇場 『風と共に去りぬ』 8月11日(土) 17:00開演 S席2枚連でも、私なら出せません。これだけの料金を出せるのならば、違うことにお金を遣います。シナリオが出たら入札しちゃうわ。(そもそも、それだけのお金が無いのがネックなのだ)
今ここに挙げた物は、もう間もなく終了時間になる物。果たして、どんな人が落札することやら。そういうことを考えるのもウォッチャーの楽しみだったりします。

http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/37568582
こんな不思議な物を発見■□帝劇「風と共に去りぬ」 初日7/6 最前列 センター中央 □■
これって、初日のチケットなのに、ノーマルな値段なんです。これからどんどん値上がりするのでしょうかね。あと5日ほど猶予があるから、終了時間直前になってからジャンジャン入札されるということなのでしょうか?もう少し安ければ挑戦するのですけどね。だって、最前列のセンターですよ。欲しい人には絶対に欲しい物。もしかすると、ヤフーの検索に引っかかりにくいのでしょうか?もったいない。
ひとまず、これからの動向が楽しみな品物です。

ヤフー・オークション

休日にすることと言えば、ヤフー・オークションのウォッチングですね。
シナリオが出品されたりすると、余計に注目してしまいます。
しか〜し、ここ半月ばかり、ヤフーの検索がうまく機能していないらしく、1/3〜2/3くらいしか検索に掛かりません。
有料化したのに意味無いじゃん。

ここ数日、注目しているのは
http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/37648683
これです。昔の地人会のパンフレット。
古本屋さんへ行けば売っていると思うのだけど、見つける手間を考えると
ネットで購入した方が楽よね。
これに入札している人は現在12名。値段は4101円。
1000円代だったら入札も考えるけど、この値段では手が出せません。
パンフレットの状態は良いとは思うけどね。
地人会でバックナンバーないのかしらね?

さて、東宝HPで『風と共に去りぬ』の日記を見たら、火曜日に顔寄せがあったみたいですね。
遅いよ。
今頃なんだ?
それと、不思議に思ったのは顔寄せの時にマスコミの人を集めないのかって事。
『エリザベート』の時は顔寄せの時の写真が雑誌に載ったりしましたよね。なのに、『かぜとも』では無しなの?
そうそう、14日に記者発表という話を耳にしたけど、本当なのかしら?
本当ならば、明日テレビを見なくては。
『かぜとも』2回分のチケットをゲットしているものの、仕事の関係で1回は手放さないとならないかもしれない雲行きです。
折角手に入れたのに悔しい。

昨日、JCBから『キャンディード』のチケットが届きました。S席なのだけど、まあまあでした。2階席なのだけどセンターに近いところ。
高いけど、まあ良しとしましょう。
ゴールドカードになれば、もっともっと良い席がゲットできるのであろうか?それともカードの利用をバンバンすれば良い席を当ててもらえる?
この辺の事情が不明確なのがいやねぇ〜大人の事情が入っていそうで怖いわ。

今のところ、JCBにお願いしてあるチケットは『大江戸ロケット』『風と共に去りぬ』
多分、それほどカードの利用をしていないから前の方はゲットできないと思う。悲しいけど、ぴあに電話をして取れなかったことを考えるとやむを得ないんだよね。
年会費を取られてるんだから、それなりに良い特典が欲しい今日この頃です。
他の人たちは、どのようにしてチケットをゲットしているのでしょうかね。興味があります。

June 12, 2001

徹夜してしまった。

夕べは、もう若くないのに徹夜をしてしまいました。
自分でも、起きていられるとは思っていなかったんですけどね。
学生時代は、レポートの提出があったりしたから徹夜はしたけど
流石に、社会人になってからは徹夜はしてませんでしたね。
朝の電車では熟睡してました。
いびきをかいていないことを信じたい私だったりします。

夕べ何をしていたかというと、
たいしたことはしてないんです。
ただ、ノートの整理をしたり、課題の戯曲を読んでいたり。
それで気がつくと朝の5時。
こうなれば、もう起きてるしかないですよね。
それで、電車の中で寝て済ませてしまいました。
帰りの電車の中でも熟睡しそうです。

課題の戯曲を読んで気がついたのだけど、ページがないところがありました。
受け取ったときに落丁とかチェックしたはずなのに、甘かったです。
あぁ、次回の講義の時に忘れないで言うようにしなくっちゃ。

他にやったことと言えば、観劇スケジュールを手帳へ記入しました。
多いようで少ない私の観劇スケジュール。
理想は週に1回くらいだよね。
でも、だめ。
今月は下旬に固まってます。
1日に2本観るときもある。
体力をつけておかなくっちゃ。
ここのところ、涼しかったりするので風邪をひきそうな雰囲気がただよってたりする。
頼むから、暇なときに風邪をひいてくれ、自分。

June 11, 2001

池田での事件

8日に、大阪で悲惨な事件が起こった。
23人に切り付け、そして8名の尊い命が消えてしまった。
犯人は通院歴のある37歳の男性。
安定剤を10回分飲み、小学校へ向かったらしい。
人間の姿をした悪魔。
死刑になりたいのなら、自分で命を絶ってしまえばいいのに。
どうしても、そういう風にしか考える事ができない。
他人を傷つけたくなるなんて。
そもそも、この男の父親も許せない。
他人事のようにインタビューを受けている姿を見ると、「あんたの教育がなってないのよ!!」って言いたくなる。
窓越しでのインタビューだから姿は見えなかったのだが、
でも、「殺して欲しい」はなんなのよ!!

ちょっと、私も精神的に辛い。日本は、いつからこんな感じの世の中になってしまったのだろうか?
悲しい。

June 09, 2001

風と共に去りぬの台本

http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/37386461
ここ数日、ウォッチしているオークションです。
今夜の23時過ぎに終了する品物。
なんと、7月に公演が行なわれる『風と共に去りぬ』の上演台本です。
どんなルートで手に入れたのだろう。羨ましい。
本音を言えば、とても欲しい。
2ちゃんねるでは、「台本なんかいらない」という人が多いけど、でも、私は欲しいです。
やはり、お勉強になると思うの。
初演の菊田先生の脚本も読んでみたい。
いいなぁ、私も台本が手に入るルートを開拓したい。
1万円を越す値段です。
公演が始まってから、どこか懸賞で出ないかしら。
レプリークとか東宝のHPとかで・・・・。

この帝劇の『風共』台本出品者は、テレビドラマのシナリオも多数出品中。
印刷屋さんにお勤めなのか、俳優のプロダクションなのか。
出品者の素性も興味があります。
舞台の台本が他にも出ていたらいいのになぁ。
『風共』のみが舞台関係の台本だわ。
テレビドラマの方が欲しい人多そうだものね。

エリザベートの台本が出たら、入札する人が続出しそうね。

June 08, 2001

新人候補

昨日の職場で、新人候補の話が出ました。
この職場に昔勤めていた人の知り合いで、同じような職場は3月で退職された女性らしい。年齢は私の一つした。
ほかの人の勘繰りでは、前の職場でトラブルでもあって辞めたのだろうとのこと。電話で話をした様子では、おとなしそうらしくて・・・・。
でも、仕事を辞めてしまったということは、トラブルメーカーなわけだしぃ。
大丈夫かなぁ。

June 07, 2001

バレリーナ

森下愛子さん。
52歳。
バレエを始めて50年。

5月31日にNHKで森下さんの特集をしていた。そして昨夜にその再放送。
夜中の再放送だったからビデオに撮ろうかと思ったものの、今回も見てします。お陰で寝不足。

母が52歳の頃を思い出す。その時の私は中学生。
 母は体が弱かった為に、50過ぎても中学生の子供がいるわけで・・・。
 一応、実子なんだけどね。
母の事を思い浮かべて森下さんを見る。
彼女を動かすものは何なのだろう。
情熱?
責任?
他人に任せられない気持ち?
見ていて、どうしても痛々しかった。
バレエを踊っている時よりも、踊り終えた時の森下さんが可愛らしかった。
踊ってる最中は、悲愴感がただよっていて、見ているのが辛い。
思わずチャンネルを変えてしまうくらい。
彼女が『ロミオとジュリエット』でジュリエットを演じるのには無理を感じてしまう。

40代までは体重は40キロをキープしていたのに現在は38キロ。
細い手足。
骨粗鬆症の検査をしたら、骨はスカスカなのでは?
練習の時も、自分が踊らない時は横になって休む。
自分を押し殺してバレエに自分の命を捧げる。
何か楽しみは無いのだろうか?
 嬉しそうにオリオンビールを手にした姿は意外でしたけど。
バレエ団の若手が腹巻きを作ってくれたのは嬉しそうだった。
トウシューズは、その日の足の微妙な浮腫みで変える。

私が一般人だとすると、一般人とはかけ離れた世界に生きる女性。
世捨て人のようにも見受けられる。

June 06, 2001

自己主張

ネットの世界を彷徨っていると自己主張の強い人を見かける。実世界では大人しい人なのかもしれないなと思う。社会人になると、いろいろな軋轢がありストレスは溜まり放題。発散する場所も少なくなってくる。そうなると、ネットなど匿名な場所で他人を攻撃していくのだろうか。ネットの掲示板を見てると、つくづく感じる。
そういう事もあるから日記を始めたのかもしれないな。だけれども、日記という形は閉鎖されたもの。日記は公開されているが、あくまでも私からだけの一方通行。レスポンスは無いのだ。レスポンスが無いのを望んで作ったものの、少しずつ寂しくなる。
他人を攻撃する様子をロムってみると、現在のこの形の方が自分自身が傷つかなくて済む。逃げていると言われるとその通りだ。私は弱虫なのだ。しかし、もしかすると自分が他人を攻撃する側に回るかもしれないと考えると、そちらの方が恐ろしい。人間、誰が攻撃する立場になるか判らないのだから。逆に、いつ攻撃される立場になるのかも判らない。
今の時代、他人との関係が薄くなっている希薄だと言われている。なんだかんだ、表面に出さないが自己主張が強いのだ。自分の主張が通らないのなら嫌な思いをしてしまうから他人と関係を持たない。自分の事を思い浮かべてみると当てはまる。寂しいが。
しかし、学生の頃はどうだったろうか。あの頃は・・・。
あの頃、遊び友達は沢山居たが、心を許せる親友は居なかった。学生時代、「今、付き合ってる友達とは社会人になったら終わりだな。友達は続けないな。」って思っていた。実際に年に数回電話で話をする程度の関係が続いている。つまらないと言えばつまらないが、それはそれで自分が選んだ事。

とりとめもない話なので、これで終わり。

ゴキちゃんの季節。

今はもう6月。そろそろあいつが活動を始める時期だ。
蒸し蒸しとする今、黒い物体があちらこちらで蠢きはじめる。
そう、その名もゴキちゃんなのだ!!

5月の頃は見かけなかったのに、6月になった途端に台所やお風呂場でカサカサコソコソ!と微かな音と共に黒い物体が視線の片隅をかすめるのです。
殺生が出来ない私は、台所で見かけた場合、自分自身が逃げるしかない。お風呂場に登場した時は、下水の世界へと誘うだけ。
そんな私の為に、昨日、母がコンバットとゴキちゃんホイホイらしきものを購入してきた。コンバットは初めて使うのだが、効果があるのだろうか?たとえ巣にゴキちゃんが戻って、そこで息絶えたとすると、そこにゴキちゃんの亡骸は存在する訳で・・・それを考えるだけでも恐ろしい。
そして、ゴキちゃんホイホイらしきもの。正式名称は見に行かないと判らないのだが、とってもコンパクトサイズ。10cm×5cmくらいかな。1箱に6個入っていて、ビーフの香り、バナナの香り、チョコの香りが各々2個ずつ。開封すると、甘い臭いがプンプンしました。
夜のうちに、たくさんものゴキちゃんが餌食となりました。御愁傷様。

今年は5月の中旬から夏のような暑さでした。その為に、私の家では異常繁殖してしまったものと思われます。
おまけに、大きいのよ。
ゴキちゃんの成長って早いの?
小さい、ゴキちゃんの赤ちゃんもチョロチョロしてるし。
古い家ってさいて〜〜〜。
どこにゴキちゃんの住処があるのだろう。
ああ。考えるだけでも恐ろしきゴキちゃん。

アメリカにはゴキちゃんを観察してる人がいるらしい。
知り合いで、アメリカの博物館へ研修に行った人がいるのだけど、博物館のボランティアの人がゴキちゃんを飼育して観察しているのを見てしまったそうな。
一応、黒い甲殻の昆虫である訳だから、カブトムシやクワガタと何の変わりもないのだが、ゴキちゃんは脂ぎっているのだ。
そんな博物館、見に行きたくな〜〜〜〜い。

何か、ゴキちゃんを退治する方法はありませんか?
できれば殺生はしたくないのですけど・・・、やはり、殺生無しには無理なのでしょうか?

今も、廊下からカサコソ音がしています。誰か、たすけて(泣)

June 05, 2001

懸賞マニアだった私。

自宅から自動車で30分程度で通える距離の職場に勤めていた頃の話。
この時には仕事が終わって寄り道しないで帰宅すると18時30分には自分の部屋で寛いでいた。(現在は、寄り道しないで帰宅すると20時30分に寛げる)
その頃から自宅に住んでいた訳なのだが、夕食も19時前には食卓に並んでいて健康的な生活を送っていました。(現在は21時に食事だわ)

つまり、以前と現在を比較してみると2時間もの時間の違いが生じている。
東京へ仕事へ行っているのだから、タイムラグはやむを得ない事だが。
でね、2時間の違いの中で私はテレビにかじりついていたの。
それとか、ドラマもつまらなかったりするものだから音楽を聴いたりもしてました。CD、月に2〜3枚は購入してたものねぇ。(最近は全然買ってません。ミュージカルのCDを購入したくらいだね)
そして、懸賞に応募してました。

自動車で通勤していると、交通情報を得たりする為にラジオを聞いてました。
そうすると、試写会の情報とか、クイズがあったり、定期的なプレゼント放出があったんです。
そういうのを覚えておいて、自宅でファックスとか葉書、インターネットでせっせと応募してました。
試写会は当たりやすかったですよ〜〜。
自分でお金を出して観たのは「ポネット」くらいでした。
あとは、こっちの映画館でせっせと試写。
この頃の生活からぬけ切れなくて、未だに映画にお金を出せません。

ラジオって、FMだったから、アーティスト系のプレゼント放出が嬉しかったものの、雑貨が多くて、生活の役に立ってません。
MAJAのフォトフレーム、誰かのCDケース、MISIAの名前が書いてあるテディベアのキーホルダー。
生活雑貨では足のマッサージするクリームとか。
田舎だから応募する人が少ないのかもね。l

現在は、東京での試写会に応募しているものの、住所がこっちだからか全然当たりません。
悲しいなぁ。
下手な鉄砲数打ちゃ当たるで「ハート・オブ・ウーマン」「小説家をみつけたら」などは見られましたが、でも、昔を思うと少ない。
昔は毎月観てたもの。
あ〜、映画みたい。

June 04, 2001

お疲れモード

家で留守番をすると、そういう時にかぎって来客が多い。
やめてほしいくらい、来客が多い。
今日も、選挙運動中の人とか、牛乳の集金が来たり。
面倒だよね。どうして、こんなに面倒なんだろう。
主婦ってなりたくないなって思う。
自分一人でのんびりしようと寛いでも、大切な時間を壊されてしまう。
お風呂に入ろうかなって思ったって、来客があるだろうから入れない。
暑い日なのだもん汗を流したい。

そういう時は、ネットをさまよう。
最近は、この「さるさる日記」で他の日記を眺めている。
画像がついていたり、カラフルだったり、楽しい。
演劇関係、俳優さんファン関係の日記を読むと、「これ私も観たよ♪」「そうそう!!私もそう思っていたんだヨ〜〜」などと思う時が楽しかったりする。

久しぶりに新幹線に乗ってみた。東武鉄道のスペーシアばかり乗っていたのだが(定期券をもっているしね)、新幹線が快適だったのには驚いた。
新幹線に乗るのって2年ぶりくらいなのです。
前の座席との間隔も疲れないし、意外とサイコ〜。
でも、私鉄の定期券があるから、新幹線には暫く乗りそうもない。

June 03, 2001

暑い日々

今日は今朝から暑い。きっと大阪ではもっと暑いだろうな。そして、九州はもっともっと暑い。
えっと、今日は日曜日なので赤い文字で日記を書いてます。
さて、暑い話から始めた今日ですが、大阪が暑い訳を書きましょうかね。大阪、実は今日、梅田コマ『エリザベート』一般発売日なのです。その為に梅田のちゃやまちテレザーブは熱いだろうなって事も引っ掛けていたりするのです。
今回の公演はどのくらいの日程なのでしょうかね。大阪に行くつもりがないので気に留めた事がないのですが2ヵ月くらいでしょうか。え?そんなに長くないですか?まあ兎に角、山口さんは帝劇『風と共に去りぬ』が7月にあるわけだから初めの方には出ずに、千秋楽を含む8月29日〜31日のみの出演となります。たった3公演。チケットは、かなりの激戦だったかと思います。ドリームチケットという『屋根の上のバイオリン弾き』『エリザベート』『カルメン』の3作品を観覧出来るチケットも、随分前に発売されたのですが、その時に、山口さんの公演のSS席は完売したと耳にしました。36000円。これでSS席を手に入れる事が出来るならば安いものですよネ。帝劇でもドリームチケットを出して欲しいです。

今月の帝劇は『屋根の上のバイオリン弾き』。テヴィエが西田さんになり、再演を繰り返され、もう西田さんの役になった頃でしょうか?機会があれば観に行きたいと思ってます。ただ、今回のチケットは現代劇よりも売れてる訳だから、『細雪』のように良い席を手に入れることは出来ないでしょうね。まあ、客層は良いはずだから気が散る事なく楽しめそうです。今から観劇出来る日を楽しみにしてます。でも、まだテレザーブに電話してないから確実に観劇出来るかどうかは未定なのですけどね。(今の所、仕事が忙しいと言う事も、なかなかチケット購入に踏み切れない原因だったりする。)

さて、ちょっと前の日記で「レポート書かなくっちゃ」って書いたのですが、実はまだ書いてません。なかなか文章にまとめられなくて。文章にまとめられないなんて書くと「劇作家になりたいと言ってるくせに」といわれちゃいますよね。でも、まとまらないんです。まじで、私に劇作家は向かないのではなかろうかと感じちゃっています。どうにか、この脱力感を打破しなくては。

また、独り言。読めなくてごめんなさい。

どうして引っ掛かる事ができたんだろう。自分でも不思議。面接の時なんて、私の前の人は、試験官と楽しく会話していて、話も弾んでいたのよ。その後に私だったから、落ちたなって思って、帰り道落ち込んでました。
私の前に面接を受けた人。ハキハキしていて、自分の考えを前に出せる人でした。試験会場の外にいる私を落ち込ませるほど、頭のキレがよさそうな女性。こんな様子を垣間見た私に、落ち込む以外の何ができるでしょうか?何も出来ませんよね。試験会場からの楽しそうな笑い声。職場でも責任を持つ仕事をしてるって話。特技について。面接予定時間よりも長かったのではなかろうかという錯覚に陥りました。私に、これだけの話術があればなって羨ましかったです。
その後の私の面接は・・・、とても短く感じました。質問内容はありきたりの物。はずまない会話。どんよりとする空気。私が書いたものに対してのコメント。5分くらいで済んでしまった気がしてなりません。
帰りのエレベーターを待つ間、頭の中が真っ白になって、「この会場、私には場違いだったな」なんて思うしか出来ませんでした。「これも、人生経験だよなぁ」なんて明るい方を考えたりして・・・、でも落ち込まずにはいられませんでした。
で、その後にどんな行動をしたかと言うと、その足で帝劇の地下で出待ちしちゃいました。面接会場は帝劇ではなかったんですよ。暗い夜道をテクテク歩いて帝劇地下まで行きました。第一生命ビルの方の入り口から帝劇地下へ降りる途中に、今さんと井上君とすれ違ってしまった。そ知らぬ顔ですれ違ってしまい、やっぱもったいない事をしたと考えたり(苦笑)
井上君などは、後ろから女の子たちが追い掛けていて、「さすがプリンスロード(by誰ピカ)だぜ」などとくだらない事を思い出してました。
帝劇地下、沢山の女性の山。凄いなぁ、帝劇って凄いよ。そう思いました。こういう所に参加する為に試験を受けたわけじゃないけど、私には踏み込めない世界、東宝は雲の上の世界だってつくづく感じました。
そんな私も、講座を受講してから早くも1ヵ月が経過したわけです。講座生の中では、決して優等生じゃない。でも、なんか、楽しく受講してます。知らない知識を得るって素晴らしい事だと思う。講座で学んだ事を、母などに話したりして家族の会話も増えた感じです。

読めない人、ごめんなさい。

またしても、背景と同じ色で書き込みをしています。ネットをやっている人が、この日記に辿り着いていると思うので、こんなことしていると「ネットで遊ばないでよぉ〜〜」なんて怒られそうですが、オフレコの事を記入するにはベストな方法だと思いませんか?私は、とっても良い技だと思ってるんですけど・・・、如何でしょうか?
こんなことして何を書くのかっていうと、別にたいした事は書きません。なかなか言い難い事を書いていけたら良いなって思っているだけなんですけどね。
昨日の日記に書いた、地下4階で山口さんとすれ違った話。これって、山口ファンには羨ましい事だと思います。私は、熱烈なファンではないので、舞い上がるって事はないのですが、ただ、言いたくても言えないもどかしさがあるんです。劇作の勉強をしている事は、家族以外、誰にも言っていないから友達にも言えない。まして、役者さんが、いつ・どこにいらしたなんか、なかなか言えないですよね。ネットでも。
そう言えば、役者さんのプライベートの事を書いてるなぁ。それなのに、ここにこのような事柄を書き記すのもルールを反しますよね。まあ、消すにも惜しいので、読める人だけ読んで下さい。

これだけ書いたのだから、どこで劇作の勉強をしているのかっていうのもバレバレですよネ。そう、勘の良い人なら判るはずです。帝劇の地下なのです。帝劇の地下。3月までの私には未開の地でした。そんな未開の地に足を踏み入れたのは4月の末。
そもそも、試験会場として用意されていたのですけど、申込者多数の為に私はローズルームでの受験となりました。今思うと、ローズルーム内の殆どの人が合格しているような気もする。まあ、私の斜前にいた人とか、試験会場に筆記用具を忘れた青年は、現在の講座には参加されてませんけど。かなりの人が合格してるのは確かな事。倍率、低いんじゃないのかなぁ。本会場での人数が判らないから、実際の倍率は判らないけど、予想として1.5倍くらいじゃないかなって感じてます。ローズルームの人数は16〜18人。本会場は20名くらいだと予想してます。その中から今の人数だから・・・、今計算したら1.46倍でした。やっぱ、運が良かったんだな私。そういえば、面接の時に私の前後の人は、今の講座にはいないわ。

June 02, 2001

大きな人って、実は・・・。

大きな人の正体がどなたなのか判らない方もいらっしゃるようなので書いてしまいますね。昔、劇団四季に所属されていて、現在は「ろっくりばー」という会社を経営されている山口祐一郎さんです。
因に、http://www2.diary.ne.jp/user/87839の6月2日の日記には「9階で稽古やってるかもしれない」って書かれているけど、地下4階ですよ。私だけが知っている(笑)
この「のへのへ日記」を書かれている人に教えたかったのだけど、私の素性がバレてしまうから、やめました。う〜ん、本当は、地下4階でお稽古ってことも書かない方が良いんだろうけど、これを見られた人への特典として書いちゃいました。

書いてスッキリしました。
背景と同じ色で記入したので、パッと見ては判らないようになっています。
でも、簡単に見る事が出来ますから、興味のある人はご覧ください。
昨日、見かけた人は、芸歴が長くて、20年になるそうです。
そんなにも長いなんて、凄いですよね。
ただ、昨日、すれ違う時、あまり明るい顔をしてないというか、お疲れのようというか・・・、エレベーターの中からパットしない女の子が出てきたから不機嫌だったのだろうか?
「お疲れ様でした。」発言をしなかったのも、むっとしていた原因なのかしら。
こういう業界には、まだまだ慣れる事ができません。
どうすれば慣れるのかなぁ。業界に近付けるのは、週2回だけだから夏頃には慣れるのかしら。
ガンバろっと。

昨日、大きな人とすれちがってしまいました。

昨日、とある所へ行く用事がありまして、参りましたところ、とても大きな人とすれ違ってしまいました。一般的には知られていない人なのですが、ある世界では、と〜〜〜〜っても有名な方で、7月には大地真央さんと一緒に舞台に立たれる方です。そして、とても身長が高くて、素敵な歌声の持ち主です。2chの舞台俳優板では「ミュージカルキング」とか「ミュージカル界の帝王」と呼ばれています。
そんな凄い人と、どんな風にすれ違ったのかというと、まあ、場所は、とある場所としか書く事が出来ません。シチュエーションは書けるので、それは書きますね。
昨日、急ぐ必要も無いのに急いで、ちょっと急いでエレベーターに乗ったのです。エレベーターに乗り、ホッとしているうちに私が下りる階になりました。やれやれと思いながら、エレベーターの係の方にお礼を言って出たところ、目の前に立っていたのです。いつもの黒ずくめで・・・。 もう、言葉も出ませんでしたよ。せめて、「お疲れ様でした」くらい言えれば良かったのに、自分。
どうやら、昨日はお稽古だったようです。来月の公演のお稽古。始まっていて当然ですよね。どうしても、その人の印象が強くて、他にどなたがいらっしゃったのか見てませんでした。バカだな、私。

そろそろ課題の事を考えないとならない時期になりました。でも、なかなか思い浮かばない。ずっと先の課題の題材は思い浮かんでる物の、短編だと、どんな事を書いたら良いのか思い浮かばないのです。試験の時に書いた物を膨らませるって手もあるけど、あまりにも単純な話を書いていたのでつまらないと思うんだ。才能が無いと辛いんだよね。きっと。
先の課題は、夏にでも取材旅行をしたなって考えてます。自宅から、新幹線を使って行かないとならない距離だけど、でも、得る物は大きいと思うから。今から、わくわくしてます。どんな事を知る事ができるだろうか。
方言を集めたりしないとならないから、苦労すると思うけど、でも、その苦労の倍以上の何かをゲットできそうな予感がします。
その前に、レポートを作らなくっちゃ。
実は、昨日提出しようと思っていたレポートですが、出せませんでした。ダメだなぁ。締め切りを守れないようじゃ、認めて貰えないよ。
って、別に認めて貰えなくても良いわ。なるようになるもの。

June 01, 2001

劇作家になれるのだろうか?

ここ数日、自分が劇作家になれるのかどうか不安に思う。
不安に思うようになったきっかけは、一昨日、放送作家の卵とお話する機会があったからだ。
別に、私が戯曲の勉強をしているから逢ったわけでなく、私の現在の仕事に関しての取材だったのだが。
その卵さんは、ラジオ局の番組に携わっているらしく、ラジオでクイズを出すためにネタを探しているようでした。
こてこての関西弁を話し、私の職場の上の人からは評判が悪かった卵さん。
年齢は、私よりも年下って感じでした。
敬語がなってなかったのは笑ってしまったが、せっぱ詰まった雰囲気が、彼のことを馬鹿にはできない。
目の下には、真っ黒なくまがあり、疲労困憊している。
男性だから、やり切れてるんだろうな。
体力のない、疲れやすい自分に、作家の仕事ができるのだろうか。
そもそも、才能もないのに勉強するなんて、時間とお金の無駄でなかろうか?
そんなことを考えると、不安になる。

ありがたいことに、私の両親は、私が勉強することに関しては、何でも賛成である。
「劇作家」といっても、文章の書き方を教えてくれるんだからと歓迎ムード。
まあ、私がプー太郎じゃないし、自分のお金で勉強を始めたわけだから、何も文句を言わないという姿勢なのかも。
前の職場に勤めていた時は、仕事の勉強ということで放送大学で学んでいたりした私。
学んでいたとしても、職場では絶対口にしなかったのだけど、そういう考えでいる私を応援してくれている両親に感謝してます。
勉強するから家事の手伝いは免除だし、夜食を用意していてくれる。
こんな母を持って、幸せだなって思う。
両親を悲しませないように、これからの人生を過ごせたらいいな。

母は、4月に入院していたから、そんなに体力が戻ってるわけじゃないんだけど、
でも、父にも、兄にも、私にも尽くしてくれてます。
母は、生まれたときから、他人に尽くすような人生を送ってます。
ほんとは、母を楽にさせるようにした方が良いんだけど・・・・・・。長年の習慣は直せません。
時々、母は、他人のわがままを聞いているのが好きなのかもなんて思ったりします。ごめんね、お母さん。

さて、レポート書こうかしら。

只今の時間、9時25分です。
ちょこっとばかり仕事をして、サクサクっと終わらせたので、早速、レポートを書き始めようかと思ってます。
朝一番に仕事をしたから、あとは自分の時間でも構わない雰囲気だったりするもので・・・。
私がいる部署、今日から二人きりになってしまいました。なおかつ、今日は一人きり。つまり、一人の世界に入り込めるのです。
ラッキー以外、何も申せません。
私って運が良いよね。
昨日は、自宅で遊びぬいたので、レポート作成が今日へとずれ込んでしまったのですが、一人の世界に勝るものはない。

HPを作ろうという野心もあるのだけど、なかなか上手に時間をやりくりできてません。
今月中には、課題を提出しなければならなかったりするし。
理系の私としては不本意なのですけどね。

そうそう、忙しいくせに日記を書いてるのは何故かって?
それは、今、プリンタで印刷中なのです。
ちょっとばかり時間がかかる印刷なので、そんな空いた時間に日記を作成中なのです。

今日から衣替えでしたね。
通勤電車の中、爽やかでしたよ。
暑いから、目でも涼しさを感じることが出来て良いですよね。
今朝、ニュースを見ていたら、沖縄の衣替えは5月1日、北海道の衣替えは6月15日なのだそうです。
縦に長い日本列島、季節の違いを感じますよね。

さて、日曜日にひいてしまった風邪ですが、なんとかのりきってます。
薬も飲まずに直すなんて・・・・(^^)
自然の治癒力とは素晴らしい。

さぁて、そろそろ印刷も終了しそうです。
グラフィックで設定して印刷すると、キレイなのだけど時間がかかるのよね。
おお、今、終了しました。
掲示に行かなくっちゃ。

« May 2001 | Main | July 2001 »

October 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

  • お気に入り♪
  • 戯曲 シナリオ
  • 戯曲